webdevqa.jp.net

EC2インスタンスタイプの正確なネットワークパフォーマンス?

AmazonでさまざまなEC2インスタンスタイプの正確なネットワークパフォーマンスの詳細を見つけることができません。代わりに、彼らは言っているだけです:

  • 高い
  • 適度な
  • 低い

これはどういう意味ですか?特に、各インスタンスタイプのTraffic-OUTの正確な量を知りたいです。

ライブストリーミングを行う必要があり、ストリームビットレートは240kbpsになります。そのため、どのインスタンスタイプが同時視聴者数を処理できるかを知る必要があります。

146
シリウス

帯域幅はインスタンスサイズごとに階層化されています、ここに包括的な答えがあります:

T2/m3/c3/c4/r3/i2/d2インスタンスの場合:

  • t2.nano = ??? (スケーリング係数に基づいて、20〜30 MBit/sが予想されます)
  • t2.micro =〜70 MBit/s(qiitaは63 MBit/sと言います)-t1.microは約100 Mbit/sを取得します
  • t2.small =〜125 MBit/s(t2、qiitaは127 MBit/sと言い、cloudharmonyは125 Mbit/sと200+ Mbit/sへのスパイク)
  • * .medium = t2.mediumは250-300 MBit/s、m3.medium〜400 MBit/sを取得します
  • * .large =〜450-600 MBit/s(ほとんどのバリエーション、以下を参照)
  • * .xlarge = 700-900 MBit/s
  • * .2xlarge =〜1 GBit/s +-10%
  • * .4xlarge =〜2 GBit/s +-10%
  • * .8xlargeとマークされた専門分野= 10ギガビット、最大8.5 GBit/sを期待、フルスループットのために強化されたネットワークとVPCが必要

m1の小、中、大のインスタンスは、予想よりも高いパフォーマンスを発揮する傾向があります。 c1.mediumは、800 MBit/sの別の異常です。

数十 of ソース 実行 ベンチマーク (主にiPerfとTCP接続を使用)を組み合わせてこれを収集しました。 CloudHarmonyflux7 に特に感謝します(これらの2つのリンクは、多数の個々のベンチマークを示すGoogle検索に移動します)。

警告と注意:

インスタンスサイズが大きい場合、最も多くのバリエーションが報告されます。

  • m1.largeは〜800 Mbit/sです(!!!)
  • t2.large =〜500 MBit/s
  • c3.large =〜500-570 Mbit/s(異なるソースからの異なる結果)
  • c4.large =〜520 MBit/s(ちなみに、これを個別に確認しました)
  • m3.largeは、〜700 MBit/sで優れています
  • m4.largeは〜445 Mbit/sです
  • r3.largeは〜390 Mbit/sです

バースタブル(T2)インスタンスもバースト可能なネットワークパフォーマンスを示すようです:

  • CloudHarmony iperfベンチマークは、初期転送が1 GBit/sで始まり、数分後に徐々に上記の持続レベルに低下することを示しています。 PDF以下のレポートへのリンク:

  • t2.small (PDF)

  • t2.medium (PDF)
  • t2.large (PDF)

これらは同じリージョン内にあることに注意してください-リージョン間で転送する場合、実際のパフォーマンスははるかに遅くなる可能性があります。より大きなインスタンスでも、数百MBit/sの数値が表示されます。

208
BobMcGee

EC2のほとんどすべてがマルチテナントです。ネットワークパフォーマンスが示すのは、同じインフラストラクチャを共有する他のインスタンスと比較した優先度です。

保証されたレベルの帯域幅が必要な場合、EC2はおそらくうまく機能しません。

3
datasage

FWIW CloudFront はストリーミングもサポートします。インスタンスからの単純なストリーミングよりも優れている場合があります。

2
Assaf Lavie