webdevqa.jp.net

バージョン競合が8.4.0に更新されました

エラー

タスク ':app:processDebugGoogleServices'の実行に失敗しました。バージョンの競合を修正するには、google-servicesプラグインのバージョンを更新するか(最新バージョンに関する情報は こちらから入手できます )、またはcom.google.Android.gmsのバージョンを8.3.0に更新してください。

私は私が見つけたすべてのことをやった。

  dependencies {
            // This does not break the build when Android Studio is missing the JRebel for Android plugin.
            classpath 'com.zeroturnaround.jrebel.Android:jr-Android-gradle:1.0.+'
            classpath 'com.Android.tools.build:gradle:2.0.0-alpha3'
            classpath 'com.google.gms:google-services:2.0.0-alpha3'

            // NOTE: Do not place your application dependencies here; they belong
            // in the individual module build.gradle files
        }

そしてアプリの中で

    compile 'com.google.Android.gms:play-services:8.4.0'
197
dothem

プロジェクトbuild.gradleにこれらの依存関係を使用してください。

dependencies {
    classpath 'com.Android.tools.build:gradle:2.0.0-alpha3'
    classpath 'com.google.gms:google-services:2.0.0-alpha3'
}

そしてこれをアプリレベルのbuild.gradleファイルの末尾(依存関係の後)に置きます。

apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

私はなぜこれを最後に(そして最初にではなく)置くことでエラーを解決するのかわかりません。

編集5/1/2016

わかりました…だから、皆さんが私の解決策に直面したすべての問題に終止符を打つ

これが私の最後のアプリレベルの評価です

apply plugin: 'com.Android.application'

Android {
    compileSdkVersion 23
    buildToolsVersion "23.0.2"

    defaultConfig {
        applicationId "your-app-name"
        minSdkVersion 16
        targetSdkVersion 23
        versionCode 1
        versionName "1.0"
    }
    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-Android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }
}

repositories {
    jcenter()
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    testCompile 'junit:junit:4.12'
    compile 'com.Android.support:appcompat-v7:23.1.1'
    compile 'com.google.Android.gms:play-services:8.4.0'
    compile 'com.Android.support:design:23.1.1'
    compile 'com.mcxiaoke.volley:library:[email protected]'
}

apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

これが私の最終的なプロジェクトレベルの取り組みです

// Top-level build file where you can add configuration options common to all sub-projects/modules.

buildscript {
    repositories {
        jcenter()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.Android.tools.build:gradle:2.0.0-alpha3'
        classpath 'com.google.gms:google-services:2.0.0-alpha3'

        // NOTE: Do not place your application dependencies here; they belong
        // in the individual module build.gradle files
    }
}

allprojects {
    repositories {
        jcenter()
    }
}

これをあなた自身のgradleファイルと比較して、私が書いたものと異なる値を追加または修正してください。

336
sarasgupta

アプリケーションのモジュール内(build.gradle)

移動:

apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

最後の行に問題を解決しました。

63
Knight

以下をせよ:

  1. Build.gradle(アプリケーションレベルのgradleファイル)に以下を追加してください。

    dependencies {
          classpath 'com.Android.tools.build:gradle:2.0.0-beta2'
          classpath 'com.google.gms:google-services:2.0.0-beta2'
    }
    

これが変わり続けるので ここ 最新バージョンをチェックしてください。

  1. 以下のエラーメッセージが表示される場合は、gradle-wrapper.propertiesでgradle wrapperを最新のものにアップグレードする必要があります。私は2.10を使用しています。

プラグインが古すぎる、より新しいバージョンに更新するか、またはAndroid_DAILY_OVERRIDE環境変数を設定してください

  1. Build.gradle(モジュールレベルのgradleファイル)の最後に次の行を追加してください。

    apply plugin: 'com.google.gms.google-services
    
15
mthakuri

これは、Google Servicesプラグインのバージョン3.0.0(およびGoogle Play Servicesライブラリのバージョン9.0.0)で修正されているようです。だからこれで

トップレベルbuild.gradle

dependencies {
    classpath 'com.google.gms:google-services:3.0.0'
}

アプリレベルのbuild.gradle

apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

dependencies {
    compile 'com.google.Android.gms:play-services:9.0.0
}

クイックサイドメモ: google-servicesプラグインのバージョン3.0.0にアップデートする場合は、新しいフィールドがあるので設定ファイルを再生成してください( here を説明しています)。

編集(2016-06-20): これはコンパイルと実行ですが、ビルドログではプラグインをファイルの末尾、またはデフォルト(9.0)にするように指定されていることに気付きました。 0)が使用されます。したがって、上記の状況では、バージョン9.0.0を使用しているのでこれは問題になりませんが、依存関係を更新するときに問題になる可能性があります。これがログです。

google-services plugin could not detect any version for com.google.Android.gms or com.google.firebase, default version: 9.0.0 will be used. please apply google-services plugin at the bottom of the build file.

7
jguerinet

私のためにこれだけ働く:

トップレベル。

dependencies {
    classpath 'com.Android.tools.build:gradle:2.1.0'
    classpath 'com.google.gms:google-services:3.0.0'
}

アプリレベル:

dependencies {
    compile 'com.google.Android.gms:play-services-gcm:9.0.1'
    compile 'com.google.Android.gms:play-services-location:9.0.1'
}

// should be at the bottom
apply plugin: 'com.google.gms.google-services'

公式の例で見つかった

プロジェクト中

// Top-level build file where you can add configuration options common to all sub-projects/modules.

buildscript {
    repositories {
        jcenter()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.Android.tools.build:gradle:2.0.0-alpha9'
        classpath 'com.google.gms:google-services:2.0.0-alpha9'

        // NOTE: Do not place your application dependencies here; they belong
        // in the individual module build.gradle files
    }
}

allprojects {
    repositories {
        jcenter()
    }
}

アプリの中で

apply plugin: 'com.Android.application'

Android {
    compileSdkVersion 23
    buildToolsVersion "23.0.2"

    defaultConfig {
        applicationId "com.google.samples.quickstart.signin"
        minSdkVersion 18
        targetSdkVersion 23
        versionCode 1
        versionName "1.0"

        testInstrumentationRunner "Android.support.test.runner.AndroidJUnitRunner"
    }

    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-Android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }

    packagingOptions {
        exclude 'LICENSE.txt'
    }

    // Resolve dependency differences between app and tests
    configurations.all {
        resolutionStrategy.force 'com.Android.support:support-annotations:23.1.1'
    }
}

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
    compile 'com.Android.support:appcompat-v7:23.1.1'
    compile 'com.Android.support:design:23.1.1'

    // Dependency for Google Sign-In
    compile 'com.google.Android.gms:play-services-auth:8.4.0'

    // UiAutomatorTesting
    androidTestCompile 'com.Android.support.test:runner:0.4.1'
    androidTestCompile 'com.Android.support.test:rules:0.4.1'
    androidTestCompile 'com.Android.support.test.uiautomator:uiautomator-v18:2.1.2'
    androidTestCompile 'com.Android.support:support-annotations:23.1.1'
}

apply plugin: 'com.google.gms.google-services'
4
Peter Kao

アプリbuild.gradleで更新しました

dependencies {
....
compile 'com.google.Android.gms:play-services-auth:9.0.0'

そしてアプリbuild.gradle

  dependencies {
    classpath 'com.Android.tools.build:gradle:2.1.0'
    classpath 'com.google.gms:google-services:3.0.0'
}

そのために働いています。

2
Raja Peela

私の場合は、gradle.buildの末尾から「apply plugin: 'com.google.gms.google-services'」を削除し、正常に機能しています。

2
Chirag Thummar

重要なことは Gradleをバージョン2.10に設定することです

https://stackoverflow.com/a/35188079/570168

1
Tobias

適用プラグイン'com.google.gms.google-services 'を build.gradle の最後に移動しても意味はありません。定義しないのと同じです。

この行を削除し、プラグインを適用してください: 'com.Android.application'があることを確認してください

つかいます:

compile 'com.google.Android.gms:play-services-gcm:8.4.0'
compile 'com.google.Android.gms:play-services:8.4.0'

コンパイルします。

1
Goku

私は検索していた... Googleのページで解決策がある... https://developers.google.com/Android/guides/google-services-plugin#introduction

有効にしたサービスに必要な基本ライブラリへの依存関係を追加します。このステップでは、適用プラグイン: 'com.google.gms.google-services' 行がapp/build.gradleファイルの末尾にあるため、依存関係の衝突は発生しません。を実行できます。 ./gradlew:app:dependenciesを実行して、このステップの結果を確認してください。

1

プロジェクト中

buildscript {
    repositories {
        jcenter()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.google.gms:google-services:2.0.0-alpha6'
    }
}

アプリ/モジュールグラドル内

apply plugin: 'com.google.gms.google-services'
Android {
    ...
}

dependencies {
    compile 'com.google.Android.gms:play-services-analytics:8.3.0'
}
0
Ahmad Aghazadeh