webdevqa.jp.net

ボタンをクリックする代わりに、ソフトキーボードの「ENTER」キーを使用します

こんにちは、検索されたEditTextと検索_Buttonを持っています。検索したテキストを入力するとき、検索機能を有効にするために、検索Buttonの代わりにENTERキーをソフトキーボードで使用したいと思います。

事前に助けてくれてありがとう。

89
Peter O.

それには、OnKeyListenerEditTextを設定します。

これが私のコードのサンプルです。 EditTextというaddCourseTextという名前があり、Enterキーまたはd-padがクリックされたときに関数addCourseFromTextBoxを呼び出します。

addCourseText = (EditText) findViewById(R.id.clEtAddCourse);
addCourseText.setOnKeyListener(new OnKeyListener()
{
    public boolean onKey(View v, int keyCode, KeyEvent event)
    {
        if (event.getAction() == KeyEvent.ACTION_DOWN)
        {
            switch (keyCode)
            {
                case KeyEvent.KEYCODE_DPAD_CENTER:
                case KeyEvent.KEYCODE_ENTER:
                    addCourseFromTextBox();
                    return true;
                default:
                    break;
            }
        }
        return false;
    }
});
145
Julian
<EditText
    Android:id="@+id/search"
    Android:layout_width="fill_parent"
    Android:layout_height="wrap_content"
    Android:hint="@string/search_hint"
    Android:inputType="text"
    Android:imeOptions="actionSend" />

その後、EditText要素のTextView.OnEditorActionListenerを定義することにより、アクションボタンの押下をリッスンできます。リスナーで、IME_ACTION_SENDなど、EditorInfoクラスで定義された適切なIMEアクションIDに応答します。例えば:

EditText editText = (EditText) findViewById(R.id.search);
editText.setOnEditorActionListener(new OnEditorActionListener() {
    @Override
    public boolean onEditorAction(TextView v, int actionId, KeyEvent event) {
        boolean handled = false;
        if (actionId == EditorInfo.IME_ACTION_SEND) {
            sendMessage();
            handled = true;
        }
        return handled;
    }
});

ソース: https://developer.Android.com/training/keyboard-input/style.html

次のように、EditTextに属性を追加できます。

Android:imeOptions="actionSearch"
25
itemon

android:imeOptions = "actionSearch"のようなEditTextに属性を追加します

これは機能を実行する最良の方法です

また、imeOptionsには、「go」、「next」、「done」などの他の値もあります。

5
ruyi.zhu

Kotlin lambdaも使用できます

editText.setOnKeyListener { _, keyCode, keyEvent ->
        if (keyEvent.action == KeyEvent.ACTION_DOWN && keyCode == KeyEvent.KEYCODE_ENTER) {
            Log.d("Android view component", "Enter button was pressed")
            [email protected] true
        }
        [email protected] false
    }
1
Artem Botnev

これは、アプリの処理方法のサンプルです

 //searching for the Edit Text in the view    
    final EditText myEditText =(EditText)view.findViewById(R.id.myEditText);
        myEditText.setOnKeyListener(new View.OnKeyListener() {
            public boolean onKey(View v, int keyCode, KeyEvent event) {
                 if (event.getAction() == KeyEvent.ACTION_DOWN)
                      if ((keyCode == KeyEvent.KEYCODE_DPAD_CENTER) ||
                             (keyCode == KeyEvent.KEYCODE_ENTER)) {
                                //do something
                                //true because you handle the event
                                return true;
                               }
                       return false;
                       }
        });
0

次の編集可能なフィールド(ある場合)にフォーカスが移動しないようにするには、キーダウンイベントを無視し、キーアップイベントを処理することができます。また、わずかに効率的であると想定して、keyCodeで最初にフィルタリングすることも好みます。ところで、trueを返すということは、イベントを処理したことを意味し、他のリスナーは処理しないことを忘れないでください。とにかく、ここに私のバージョンがあります。

ETFind.setOnKeyListener(new OnKeyListener()
{
    public boolean onKey(View v, int keyCode, KeyEvent event)
    {
        if (keyCode ==  KeyEvent.KEYCODE_DPAD_CENTER
        || keyCode ==  KeyEvent.KEYCODE_ENTER) {

            if (event.getAction() == KeyEvent.ACTION_DOWN) {
                // do nothing yet
            } else if (event.getAction() == KeyEvent.ACTION_UP) {
                        findForward();      
            } // is there any other option here?...

            // Regardless of what we did above,
            // we do not want to propagate the Enter key up
            // since it was our task to handle it.
            return true;

        } else {
            // it is not an Enter key - let others handle the event
            return false;
        }
    }

});
0
Wojtek Jarosz