webdevqa.jp.net

方法:カスタムウィジェットのテーマ(スタイル)アイテムを定義する

アプリケーション全体で広く使用しているコントロール用のカスタムウィジェットを作成しました。ウィジェットクラスはImageButtonから派生し、いくつかの簡単な方法で拡張します。ウィジェットが使用されるときにウィジェットに適用できるスタイルを定義しましたが、テーマを使用してこれを設定することを好みます。 R.styleableimageButtonStyletextViewStyleなどのウィジェットスタイル属性が表示されます。私が書いたカスタムウィジェット用にそのようなものを作成する方法はありますか?

81
jsmith

はい、1つの方法があります。

ウィジェットの属性の宣言があると仮定します(attrs.xml):

<declare-styleable name="CustomImageButton">
    <attr name="customAttr" format="string"/>
</declare-styleable>

スタイル参照に使用する属性を宣言します(attrs.xml内):

<declare-styleable name="CustomTheme">
    <attr name="customImageButtonStyle" format="reference"/>
</declare-styleable>

ウィジェットの一連のデフォルト属性値を宣言します(styles.xml内):

<style name="Widget.ImageButton.Custom" parent="Android:style/Widget.ImageButton">
    <item name="customAttr">some value</item>
</style>

カスタムテーマを宣言します(themes.xmlで):

<style name="Theme.Custom" parent="@Android:style/Theme">
    <item name="customImageButtonStyle">@style/Widget.ImageButton.Custom</item>
</style>

この属性をウィジェットのコンストラクターの3番目の引数として使用します(CustomImageButton.Java内):

public class CustomImageButton extends ImageButton {
    private String customAttr;

    public CustomImageButton( Context context ) {
        this( context, null );
    }

    public CustomImageButton( Context context, AttributeSet attrs ) {
        this( context, attrs, R.attr.customImageButtonStyle );
    }

    public CustomImageButton( Context context, AttributeSet attrs,
            int defStyle ) {
        super( context, attrs, defStyle );

        final TypedArray array = context.obtainStyledAttributes( attrs,
            R.styleable.CustomImageButton, defStyle,
            R.style.Widget_ImageButton_Custom ); // see below
        this.customAttr =
            array.getString( R.styleable.CustomImageButton_customAttr, "" );
        array.recycle();
    }
}

ここで、CustomImageButton(AndroidManifest.xml内)を使用するすべてのアクティビティにTheme.Customを適用する必要があります。

<activity Android:name=".MyActivity" Android:theme="@style/Theme.Custom"/>

それで全部です。 CustomImageButtonは、現在のテーマのcustomImageButtonStyle属性からデフォルトの属性値をロードしようとします。テーマにそのような属性が見つからない場合、または属性の値が@nullの場合、obtainStyledAttributesへの最後の引数が使用されます。この場合はWidget.ImageButton.Customです。

すべてのインスタンスとすべてのファイル(AndroidManifest.xmlを除く)の名前を変更できますが、Android命名規則を使用することをお勧めします。

205
Michael

マイケルの優れた答えに加えて、別の側面はテーマのカスタム属性をオーバーライドすることです。すべてがカスタム属性「custom_background」を参照する多数のカスタムビューがあるとします。

<declare-styleable name="MyCustomStylables">
    <attr name="custom_background" format="color"/>
</declare-styleable>

テーマでは、値を定義します

<style name="MyColorfulTheme" parent="AppTheme">
    <item name="custom_background">#ff0000</item>
</style>

または

<style name="MyBoringTheme" parent="AppTheme">
    <item name="custom_background">#ffffff</item>
</style>

スタイルで属性を参照できます

<style name="MyDefaultLabelStyle" parent="AppTheme">
    <item name="Android:background">?background_label</item>
</style>

参照にも使用される疑問符に注意してくださいAndroid属性

?android:attr/colorBackground

ほとんどの人が気づいているように、ハードコーディングされた色の代わりに@color参照を使用できます(おそらくそうすべきです)。

それではなぜ

<item name="Android:background">@color/my_background_color</item>

テーマを簡単に切り替えることができますが、実行時に「my_background_color」の定義を変更することはできません。

4
mir