webdevqa.jp.net

HelloAndroidエミュレータの問題

私はAndroid SDKを初めて試しました。HelloAndroidチュートリアルから始めます。各ステップを正確に実行しますが、エミュレータはアプリなしで起動します。Eclipseコンソールは次のように言います:

[2010-02-23 11:47:55 - HelloAndroid]------------------------------
[2010-02-23 11:47:55 - HelloAndroid]Android Launch!
[2010-02-23 11:47:55 - HelloAndroid]adb is running normally.
[2010-02-23 11:47:55 - HelloAndroid]Performing com.example.helloandroid.HelloAndroid activity launch
[2010-02-23 11:47:55 - HelloAndroid]Automatic Target Mode: Preferred AVD 'my_avd' is not available. Launching new emulator.
[2010-02-23 11:47:55 - HelloAndroid]Launching a new emulator with Virtual Device 'my_avd' [2010-02-23 11:48:09 - HelloAndroid]New emulator found: emulator-5554
[2010-02-23 11:48:09 - HelloAndroid]Waiting for HOME ('Android.process.acore') to be launched...

エミュレータ、「Android」というテキストが表示されますが、それ以外は何も起こりません。誰かが助けてくれますか?ありがとう!

17
oriharel

概要
(これらの要約されたステップの下で詳細を確認できます)。

  1. アンインストール/再インストールAndroid SDKからC:\のフォルダーに移動(パスにスペースなし))
  2. AVDを再作成します。
  3. 新しいAndroid SDKフォルダーの場所のPATH環境変数を設定します
  4. EclipseのAndroid ADTプラグインをアンインストール/再インストールします。
  5. EclipseでAndroid SDKの場所を構成します。
  6. 再起動(CPU使用率を減らすため)
  7. コマンドラインからエミュレータを実行し、優先度が「リアルタイム」のすべてのCPUを使用するように設定します。 CPU使用率をメモします。
  8. Eclipseを開いてアプリを実行します。

詳細
HelloAndroidアプリを実行するエミュレーターを取得するのに2日間を費やしました。私の場合、問題はAndroid SDKのインストールとCPUパフォーマンスの問題の組み合わせの問題であった可能性があります。エミュレータの実行が非常に遅くなり、エミュレータがハングしているように見える原因があったと思います。私のPCは、私のWindows 7 64ビット6GB Intel i7マルチコアPCです。タスクマネージャーでは、PCの8つのCPUがパフォーマンスタグに表示されています。

私の症状は、Android 2.2エミュレーターのAVDが画面にアニメーション化された「Android」テキストが表示されているときにハングしているように見えました。ホーム画面は表示されません。このシナリオは繰り返し発生しました。私はしばしば30分または45分待っても無駄になります。

私の環境:

  • Android SDKリビジョン12
  • Android 2.2 AVD
  • Windows 7 64ビット
  • Eclipse IDE for Java Developers IndigoリリースビルドID 20110615-0604
  • Intel Core i7マルチコアCPU、6 GB、1.6 GHz

コマンドプロンプトでEclipseを起動せずにコマンドラインからエミュレーターを起動しようとしましたが、役に立ちませんでした。エミュレータはまだハングしています。タスクマネージャーのボックスのCPU使用率が50%で、かなり高いように見えました。 CPU 0は100%で固定されていました。

ここでそれを修正しました。

Android SDK R12をアンインストールし、C:\ Android-sdkのC:のルートから再インストールしました。Android SDK 「C:\ Program Files」フォルダにありましたSDKにはパス内のスペースを処理できないバグがあります。Androidアンインストールを実行するためのSDKフォルダアンインストールには、インストールよりも時間がかかりました。

「; C:\ Android-sdk\tools \; C:\ Android-sdk\platform-tools \」をPATH環境変数に追加しました。

次に、SDK Managerを使用してAVDを削除し、再作成しました。

Eclipse用のADTプラグインをアンインストールし、Eclipseを再起動してから、ADTプラグインを再インストールして、Eclipseを閉じました。

新しいAndroid SDKパス(ウィンドウ>設定> Android> SDKの場所))を使用してEclipseを再構成しました。

タスクマネージャーの[プロセス]タブで、[すべてのユーザーのプロセスを表示]を有効にしました。次に、「emulator-arm.exe * 32」を右クリックし、「Set Affinity ...」をクリックして、エミュレータがCPU 0のみを使用するように設定されていることに気づいたので、すべてのCPUを使用するように変更しました。また、エミュレータを「リアルタイム」優先度に設定しました。

50%のCPU使用率を確認して、再起動しました。

再起動後、コマンドラインを使用してエミュレータを起動しました。

emulator @Android22

Android22は私のAVDの名前です。タスクマネージャを使用して、エミュレータがすべてのCPUを使用するようにアフィニティを設定し、優先度を高に設定しました。私のCPU使用率は約13%でしたが、これは主にエミュレーターによるものです。エミュレータがホーム画面を表示するのに約3分かかりました。わーい!

次に、HelloAndroidアプリでEclipseを開いたところ、アプリはエミュレーターで正常に実行されました。

過去2日間が本当に苦痛だったので、私は自分が何をしたか詳細に書きました。多くの人が成功していないようで、この問題に関するいくつかの投稿に気づきました。いくつかの投稿で言及されている手順を実行しましたが、プロセス全体を説明する場所が1つも見つかりませんでした。

幸運を。この情報がお役に立てば幸いです。

18
walkerk

読み込んでいます。 DDMSまたはadb Shell logcatからlogcatでロードの進行状況を確認できます。

エミュレータの読み込みには少し時間がかかりますが、コードを更新するときにエミュレータを再起動する必要はありません。 EclipseでRun as...を押すだけで、emuにアップロードして再インストールできます。

また、エミュレータの代わりに携帯電話を使用できることも覚えておいてください。私が取り組んでいるPCの速度が遅すぎるときに、私は通常自分の電話を使用します。

Android開発で頑張ってください!

7
Macarse

たぶんそれは私だけかもしれませんが、私が読み続けている「LogCat」が何であるかを理解するのにしばらく時間がかかりました。

Eclipseを使用している場合は、「ウィンドウ/ビューの表示/その他」を実行します。次に、「ビューの表示」ボックスに「LogCat」と入力すると、「Android-> LogCat」が表示されます。そのオプションを選択すると、出力情報を表示するLogCatタブが表示されます。右上隅の「VDIWE」ボタンで表示される情報のレベルを制御できます。

7
AndroidRef.com

上記の天才に同意し、

同じ問題(「ホーム」の読み込みでスタックした)があり、ダウンロードの問題を思い出した(99%でスタックし、それ以上は進まなかった->(うん、私はnoobですが、それでもそれを思い出しました) )そして、ファイアウォールとウイルス保護ソフトウェアに対する根強い憎悪と相まって、「保護」という言葉にほとんど似ていないものすべてを破壊する高エネルギーのバーサーカーの怒りを私に与えました

->その後、エミュレータは正常に動作しました。

  • エミュレーターをロードするのにまだ6〜7分かかりましたが、「logcat」は時間を渡すのに役立ちます:)
1
Hillie

上記のソリューションを適用した後、AVDを編集して、「最大VMアプリケーションヒープサイズ "」ハードウェアプロパティを192以上に設定し、QVGAスキンを選択します。同じ問題があり、これらの設定でAVD 1分未満で読み込まれます。

1
Jake

Android開発者サイトで宣伝されているように、 "Android Dev Phones"の1つを購入するのが好ましいソリューションのようです。

ほぼ2年後、エミュレーターの問題はまだ同じです。最新のプラグインを備えた最新のEclipseでは、エミュレーターがクラッシュした後、CPU使用率が30%になり、エミュレーターの爆弾アニメーションによって消費されます。

Eclipseプラグインには、出力をファイルに保存するオプションを備えたログビューLogCatがあります。このオプションでは、すべてのエントリが選択された長さ0のファイルが作成されます。

これはソフトウェアではありません。それは何か別のものです。

0
user250343

新しい問題が原因でこのスレッドに遭遇した場合は、以下を提供してください。うまくいけば、生産性の低下や髪の毛の引っ張りの数日間を節約できます。

Google SDKの最後の作業リリース(Toolsフォルダーの内容)はバージョン22.3でしたが、古い作業バージョンはXMLファイルに含まれていません( https://dl-ssl.google.com/Android/repository/ repository-8.xml )なので、GUI内からの明確なダウングレードパスはありません。

この問題は、私がテストした19より前のすべての「インテル」APIバージョンのOPで説明されている問題と、インテルAPI-19の「浮動小数点例外」を引き起こします。エミュレータのArmバージョンは引き続き動作しますが、Intelアクセラレーションを使用している場合ははるかに遅くなります。

この問題はこのスレッドに文書化されており、API-19を試すまで発見できなかったため、「浮動小数点」エラーがgoogle-searchの一致を提供しました。

https://code.google.com/p/Android/issues/detail?id=66786

解決策の1つはgenymotionのVirtual Box実装ですが、かなり新しいバージョンのglibcが必要ですが、まだDebian安定版またはCentOSにはありません。 (OpenSUSEのインストールに1日を費やしたので、上記の修正を見つける前に「作業に戻る」ことができました)。

最も簡単な解決策は、「ツール」(「Android-sdks」フォルダー内)の名前を「壊れたツール」に変更し、上記のスレッドの誰かが(どういうわけか)見つけた古いバージョンをダウンロードすることです http ://dl.google.com/Android/android-sdk_r22.3-linux.tgzhttp://dl.google.com/Android/android-sdk_r22.3-windows.Zip =

Tgzを開くと、「Tools」フォルダが表示されます。これは、「Android-sdks」フォルダにコピーできます。ここで、古いバージョンの名前を上記の「Broken-Tools」に変更しました。

これらのリンク(「安定版」として宣伝されている非アルファ版へのリンク)が停止した場合は、他の非公式の場所に他のコピーが存在することに注意してください(仲間を助けようとしている他の「イライラした」開発者が投稿したことは間違いありません)。

Macadseのおかげで、「adb Shell logcat」をポイントしてくれました。これにより、19より前のAPIで発生する「クラッシュループ」を見つけて、「SSLCertificateSocketFactory」を中心とする「Androidスプラッシュスクリーンフォーエバー」動作を作成できました。エラー。

0
JosephK