webdevqa.jp.net

Switch Android x86画面解像度

Windows 7でAndroid-x86 2.2をエミュレータとして使用したいと思います。VirtualBoxとISOをダウンロードし、それで仮想マシンを作成しましたが、解像度を320x480に設定できません。または類似のもの。

次のチュートリアル「 Android-x86ポートをエミュレーターとして使用 」を挿入することをお勧めします。

<ExtraDataItem name="CustomVideoMode2" value="320x480x16" />

.vboxファイルに追加しました。次に、UVESA_MODE=320x480vga=askをブート構成に追加しました。起動したら、押す必要があります Enter 使用可能なオプションを表示しますが、それらには320x480はありません。どのように動作させることができますか?

66
gberes

VirtualBoxでAndroid-x86の画面解像度を変更するには、次を行う必要があります。

  1. カスタム画面解像度を追加します。
    Android <6.0:

    VBoxManage setextradata "VM_NAME_HERE" "CustomVideoMode1" "320x480x16"
    

    Android> = 6.0:

    VBoxManage setextradata "VM_NAME_HERE" "CustomVideoMode1" "320x480x32"
    
  2. VideoModeの「16進」値とは何かを把握します。
    2.1。 VMを起動します
    2.2。 GRUBメニューに入力します a (Android> = 6.0: e
    2.3。次の画面でvga=askを追加して押します Enter
    2.4。解決策を見つけて、Mode列の 'hex'値を書き留めてください。

  3. 値を10進表記に変換します(たとえば、360 hexは864 10進数です)。

  4. menu.lstに移動して変更します。
    4.1。 GRUBメニューからDebug Modeを選択します
    4.2。以下を入力します。

    mount -o remount,rw /mnt  
    cd /mnt/grub  
    vi menu.lst
    

    4.3。 vga=864を追加します(「hex」値が360の場合)。次のようになります。

    カーネル/Android-2.3-RC1/kernel quiet root =/dev/ram0 androidboot_hardware = eeepc acpi_sleep = s3_bios、s3_mode DPI = 160 UVESA_MODE = 320x480 SRC =/Android-2.3-RC1 SDCARD =/data/sdcard.img vga = 864

    4.4。それを保存:

    :wq
    
  5. アンマウントして再起動します。

    cd /
    umount /mnt
    reboot -f
    

お役に立てれば。

119
surlac

私の経験に基づいて、次の追加ブートオプションを使用するだけで十分です。

UVESA_MODE=320x480 DPI=160

VGA定義を追加する必要はありません。 DPI値に注意してください!大きいほどアイコンが大きくなります。

以前のブートオプションを追加するには、デバッグモードに移動します(grubメニュー選択中)

mount -o remount,rw /mnt
vi /mnt/grub/menu.lst

次の行を編集します。

kernel /Android-2.3-RC1/kernel quiet root=/dev/ram0 androidboot_hardware=eeepc acpi_sleep=s3_bios,s3_mode SRC=/Android-2.3-RC1 SDCARD=/data/sdcard.img UVESA_MODE=320x480 DPI=160

リブート

32
sancho21

VirtualBoxでは、次のコマンドを使用してカスタム解像度を追加する必要があります。

VBoxManage setextradata "VM name" "CustomVideoMode1" "800x480x16"

.vboxファイルを編集する代わりに。

この解決策は私にとってはうまくいきます!

9

ここで1つの小さな落とし穴を明確にしたいと思います。 CustomVideoMode2などの前にCustomVideoMode1を使用する必要があります。VirtualBoxはこれらのモードを1から順番に認識します。番号をスキップすると、スキップした番号以上の番号は認識されません。これには驚いた。

2
DavidM

Virtualbox-5.0.24、Android_x86-4.4-r5で以下を確認しました。 8インチのテーブルに似た画面が表示されます。解像度を変更するには、DPI = xxxでxxxをいじることができます。xxx= 100は実際のテーブルに正確に一致するように小さくなりますが、作業中に小さすぎる場合がありますVirtualboxでAndroidを使用します。

VBoxManage setextradata <VmName> "CustomVideoMode1" "440x680x16"

Android kernel cmdに次が追加されます。

UVESA_MODE=440x680 DPI=120
1
Asif Hobby

OK、おそらくmenu.lstにUVESA_MODEまたはS3参照を持たない私のようなものがもっとあります。まず、ターミナルで「VBoxManage setextradata "VM_NAME_HERE" "CustomVideoMode1" "320x480x32"」の手順を実行します。私のカスタムビデオモードは「1920x1089x32」でした...(申し訳ありませんが、Linuxを使用していますので、手順はLinuxで動作します)、VBoxManageに.exeを追加するだけです。通常は起動します。 nanoは、私にとってより簡単に機能するため、通常は使用します。また、nanoはAndroid> 6にも存在します。 (他のバージョンは試していません)

手順:

  • VMを起動し、「デバッグモード」オプションを選択して起動します。しばらくして「Enter」を押すと、プロンプトが表示されます
  • ディレクトリを/ mnt/grub "cd/mnt/grub"に変更します
  • 「ls」を使用してディレクトリの内容を一覧表示します(必須ではありませんが、自分の現在地を確認したい)
  • menu.lstをコピーします(何かを変更する前にこの標準手順を作成します) "cp menu.lst menu.lst.bak"(またはバックアップに使用する任意の拡張子)
  • menu.lstを開きます(例: "nano menu.lst")。
  • 最初のメニューエントリ(通常は、ブートメニューに表示されるタイトルから始まる4つあります)で、「カーネル」エントリを調べます。これは、単語「quiet」で終わります。
  • 起動時に毎回画面の解像度を尋ねられる場合は「quiet」を「vga = ask」に置き換えます。surlacのanwerに表示される「vga =(HEX value)」に置き換えます。
  • 終了して保存します。実際に保存することを忘れないでください!これを再確認してください。 (ctrl + X、YES、ナノの場合はEnter)
  • VMを「YOUR Host KEY」+「R」(通常は「右コントロール」+「R」)で再起動します

これが私の問題を解決したように、これが誰にも役立つことを願っています。

編集:元の質問は別のAndroidバージョンに関するものなので、この記事を間違った場所に配置したことがわかります。誰でも適切な場所に移動する方法を知っていますか?

1
Marcellus

ホストとしてubuntu 13.04を使用しています。この明確なチュートリアルは機能します:

https://software.intel.com/en-us/blogs/2011/10/11/getting-started-on-Android-for-x86-step-by-step-guide-on-setting- up-Android-2223-for-x86-testing-environment-in-Oracle-virtualbox

さらに解像度を追加するには、次の手順を実行します。

  • Oracle Virtualboxで目的のVMを開始します
  • ターミナルで実行:

    ~# VBoxManage list runningvms
    
  • VMの名前を確認してください

  • 新しい解像度を追加します。

    ~# VBoxManage setextradata "[YourVmNameHere]" "CustomVideoMode1" "800x480x16"
    
  • 上記のチュートリアルで検索:「異なる画面サイズと解像度をテストする」

0
Marcelo Amorim