webdevqa.jp.net

品質の観点からは、ソフトウェア、OS、スピーカーのいずれで音量を上げるのが良いでしょうか。

音楽が十分に大きくない場合、どのようにして最高の品質を得ることができますか(たとえその差が実際にはそれほど小さいとしてもごくわずかです)。

  • 私の音楽プレーヤー、ゲーム、またはその他のサウンド生成ソフトウェアプログラムで音楽を大きくすることによって?
  • オペレーティングシステムレベルで音量を上げる(たとえば、Windowsの通知領域にあるスピーカーのアイコンをクリックして音量を上げる)
  • コンピュータに接続されているアンプやスピーカーの音量を上げて、ハードウェアの音量を変更しますか。

プログラムとOSは関係ありますか?ソフトウェアとハ​​ードウェアは重要ですか?

571
Qqwy

通常、プログラムとOSは関係ありません。重要なのは、ソフトウェアで音量を調整するか、ハードウェアで音量を調整するかです。

ソフトウェアでボリュームを減らすことは、基本的にビット深度を減らすことと同等です。デジタルオーディオでは、信号は個別のサンプルに分割され(1秒間に数千回)、ビット深度は各サンプルを記述するために使用されるビット数です。信号の減衰は、各サンプルに1未満の数を掛けることによって行われます。その結果、オーディオを記述するためにフル解像度を使用しなくなったため、ダイナミックレンジと信号対雑音比が低下します。具体的には、6 dBの減衰ごとに、ビット深度を1つ減らすことに相当します。たとえば、16ビットオーディオ(オーディオCDの標準)から始めて、音量を12 dB減らした場合、代わりに14ビットオーディオを効果的に聴くことになります。音量を下げすぎると、品質が著しく低下し始めます。

もう1つの問題は、サンプルの元の値がサンプルを分割する係数の倍数ではないため、これらの計算で丸め誤差が生じることが多いことです。これは、基本的に量子化ノイズを導入することにより、音質をさらに低下させます。繰り返しになりますが、これは主に低い音量レベルで発生します。異なるプログラムは、信号を減衰させ、それらの丸め誤差を解決するためにわずかに異なるアルゴリズムを使用する可能性があります。つまり、might結果の可聴信号に何らかの違いがある、 、オーディオプレーヤーとOSですが、それでもすべての場合において、ビット深度を減らし、有用な情報の代わりにゼロの送信に帯域幅の一部を本質的に浪費しているという事実は変わりません。

このPDF には、より多くの情報があり、さらに学習することに興味がある場合は優れたイラストがあります。

ハードウェアで音量を下げる結果は、音量コントロールの実装方法によって異なります。デジタルの場合、その効果はソフトウェアの音量を下げるのとほぼ同じです。そのため、オーディオ品質に関しては、どちらを使用してもほとんど違いはありません。

理想的には、可能な限り最高の解像度(ビット深度)を得るために、コンピューターからオーディオをフルボリュームで出力し、スピーカーの前にある最後のものの1つとしてアナログボリュームコントロールを使用する必要があります。信号パス内のすべてのデバイスがほぼ同等の品質であると仮定すると(つまり、安価なローエンドのアンプとハイエンドのデジタルソースおよびDACを組み合わせていない)、最高のオーディオ品質が得られます。


@ Joren コメントに良い質問を投稿しました:

ソフトウェアのボリュームコントロールを最大に設定したい場合、突然使用可能な範囲が非常に狭いアナログコントロールをどのように扱うのですか? (アナログ音量を半分にしただけでも音が大きすぎるためです。)

これは、ボリュームコントロールがアンプの一部である場合に問題になる可能性があります。これは、ほとんどのコンピューターセットアップでよくあることです。アンプの仕事は、名前が示すように増幅することなので、これはボリュームコントロールの gain が0から1以上(多くの場合)の範囲であり、音量を中間点まで調整すると、おそらく減衰しなくなりますが、実際にはソフトウェアで設定したレベルを超えて信号を増幅します。

これにはいくつかの解決策があります。

  • パッシブ減衰器を入手してください。信号を増幅しないため、ゲインの範囲は0〜1であり、使用可能な範囲がはるかに広くなります。

  • 2つのアナログボリュームコントロールがあります。パワーアンプまたはスピーカーにボリュームコントロールまたは入力トリムコントロールがある場合、それは非常に効果的です。これを使用して、通常のボリュームコントロールの使用可能な範囲が最大になるようにマスターボリュームレベルを設定します。

  • 前の2つが不可能または実行できない場合は、アナログボリュームコントロールの使用可能範囲とオーディオ品質の最適な妥協点に達するまで、OSレベルでボリュームを下げるだけです。個々のプログラムを100%に維持して、連続してビット深度が数回減少するのを防ぎます。音質に目立った損失がないことを願っています。または、もしあれば、おそらく敏感な入力を持たないか、さらに良いことに、入力ゲインを調整する方法を備えた新しいアンプを探し始めます。


@ Lyman Enders Knowles ビット深度削減の問題は最新のオペレーティングシステムには適用されないというコメントで指摘されています。具体的には、Vista以降、Windowsは減衰を行う前にすべてのオーディオストリームを自動的に32ビット浮動小数点にアップサンプリングします。これは、音量をどれだけ低くしても効果的な解像度の損失がないことを意味します。それでも、最終的にはオーディオをダウンコンバートする必要があり(16ビット、またはDACがサポートしている場合は24ビット)、量子化エラーが発生します。また、最初に減衰し、後で増幅するとノイズフロアが増加するため、ソフトウェアレベルを100%に保ち、オーディオチェーンのできるだけ近くにあるハードウェアで減衰するというアドバイスが引き続き有効です。

447
Indrek

基本的に、音の中では、物理的な音源に近いほど、はっきりとした信号が得られます。各物理的段階はノイズを加えるでしょう。早く、強く。

信号が増幅されると、信号内のノイズも増幅されます。信号が強いほど、信号に比べてノイズが少なくなります。それ故、それがチェーンを通過するときに、より少ないノイズがあるでしょう。

35
Xavierjazz

通常、私は自分のソフトウェアレベルとOSレベルをできるだけ大きくするのが好きです。これらのソースは一般に増幅されないので、それらのデシベル上限は0dBであるはずです。基本的に、彼らはクリップすることはできません。

私はそれから、この音が直接(USB経由で)デジタルヘッドホン、音量つまみを持つスピーカーのような単一の増幅された目的地に行くことを確かめます、またはアンプ。増幅されたデバイス同士がオーバードライブし始めてクリッピングを引き起こす可能性があるため、増幅されたデバイスの連鎖を避けるようにしています。音量を大きくしすぎると、たとえ個別でも、増幅によってクリッピングが発生することがあります。

これらのはクリップできるので、私はこれらのソースを通常50%の音量範囲に保つ傾向があります。ソフトウェア/ OSのレベルが通常より低い場合は、音量を増減する柔軟性もあります。

16
Soviut

これは間違いなくあなたが使用しているハードとソフトウェアに依存します。このオーディオケーブルで接続された2つの3.5ジャックプラグと受信機を使ってコンピュータを使用しています。コンピュータ(ソフトウェア)で低音、受信機で高音を出すと、たくさんのノイズが聞こえます。これはおそらく音だけでなく、さまざまなコンポーネントによって拾われているノイズも増幅することに関係しています。これをするときはいつでも、音楽を演奏していないときにもノイズが聞こえます。

それは私のラップトップでは違います、これは光S/PDIFケ​​ーブル(デジタル)で同じ受信機に接続されていますここで私は受信機の100%に私の音量を置くことができます(私の隣人はこれが大嫌いです!)音質を著しく損なうことなく、ラップトップの音量を下げることができます。キーボードに音量ボタンがあり、レシーバーがかなり離れているのでこれを行います。

12
Steven Stip

純粋に経験的な観点から言えば、私がスピーカーをずっと上げているとき、私は静的に聞こえます。

スピーカーから音が出なくても、この静電気は聞こえます。

それで、私はいつもプログラムとosの両方でそれを最大にすることによってコンピュータの音量を最大にして、それから私は静的なノイズを最小にするために私のスピーカーの音量ダイヤルをできるだけ低く保つようにします。

これは私の#@#!@%*スピーカーの副産物かもしれませんが、私のように多くのスピーカーがスピーカーを持っていると思います。

10
Peter Ajtai

私が見続けるエラーの1つは、エンドユーザーが使用中の特定のプログラムを介して音量を調整することです。サウンドカードを介して音量を後で増減する場合に限られます(OSミキサーの場合)。

明らかに、これは混乱を引き起こし、他のプログラムを起動するときに予測可能なレベルの音量を許容しません。

簡単な解決策 - そして私が長年使ってきたもの - は、ハードウェアとOSの両方のレベルで基本レベルを確立することです。ハードウェアで恒久的な音量レベルとソフトウェアで恒久的な出力レベルを設定することによって、あなたが望むように特定のプログラムの音量を調整しながら、あなたが使うどんなプログラムの出力でも比較できる標準を確立します。将来、特定のプログラムからどの程度の音量で受け取るか。

もちろん、あなたのアンプとサウンドカード(OS)の両方から最適の利益を引き出すために、あなたは最初にあなたのアンプのボリュームをトポロジーによって与えられる最大レベルに設定しなければなりません。 (残念なことに、多くの低出力の「D級」オーディオアンプはある程度の性能を発揮しますが、それを超えるもの(多くの場合、定格最大出力を超える33または50パーセントを超えるもの)は、しばしば可聴レベルの歪みを引き起こします。あなたがその最大定格でひずみが非常に低いオーディオアンプを持っているのであれば[定格は加重標準で無駄ではない、1kHzでしか測定されないように]、あなたのオーディオアンプの出力を最大に設定する自由を持っているかもしれません[もちろんクリッピング範囲の下で、 '最大'は入力の電圧に左右されます '。私はこれをDenon、Adcom、Haflerのアンプでできることを覚えていますニコン、過去の時代に。

いくつかのマザーボードのオーディオ回路の出力は欲しいものをたくさん残します。専用のサウンドカードでは、高品質のサウンドカードの選択は限られています。内蔵オーディオ回路については、私は全範囲の3分の2以下の音量レベルを選択し、その音量のままにすることをお勧めします。 (その方法は科学的ではありませんが、多くのマザーボードで統合出力をテストした結果、回路の出力が最大値に近づくにつれて歪みやその他の望ましくない影響が大幅に増加することに気付きました。/3分の1(または66%、または簡潔さと覚えやすい数字のために70 [1から100のスケールでは66、1から100のスケールで66%に近い]) (前述のとおり、徹底的なテストを実施する必要性)。

P.S初心者(または強迫観念)のために - そしてオーディオマニアまたはエンジニアが強要する前に - 、スライダを2/3レベルまたはおよそ66のスケールで設定することをよく知っています。 1〜100は全体の66%の実際の出力レベルを表すわけではありません[実際の出力は低くなります]が、マザーボードの内蔵オーディオ回路から得られる最もクリーンな出力の近似値を得るための簡単な方法です。 P.P.S.提供される情報はアナログ回路を想定しています。あなたがデジタル回路(SPDIF、光、他の同様のもの)を使用しているなら、あなたはオーディオ回路からの出力の品質の違いに気付く危険性をほとんど伴わずに最大にサウンドカード( 'OS​​')レベルを設定することができます。

9
Ivan

私は現在、ソフトウェア/ OSの音量を100%に上げ、ハードウェア側で音量を下げていますが、もっと簡単な理由で。

私の以前のPCでは、サウンドカードは一定の音量で顕著なホワイトノイズを発生させました。OSの音量を何に設定しても関係ありません。ハードウェア側でサウンドを調整すると、そのノイズを減らすのに役立ちました。

私はハードウェアを言うでしょうが、ほとんどのアプリケーションの標準的なボリュームのようなものがあります。

ただし、DTSは、DTS映画を再生しても映画から映画に移動しても受信機の音量レベルが調整されないという経験に基づく例外の1つですそれは快適だと思います。

可能であれば、快適に過ごすためにDTSと同じレベルで出力されるものを使用します。

そうは言っても、各OSにはデフォルトのシステムサウンドもあります。私はあなたがそのボリュームレベルに対してあなたのレベルを設定し、OSがボリュームを処理することを可能にすると言うでしょう。

6

この質問はあまりにも多様ですが、あなたが答えを得なければならない場合、それはいくつかの状況に依存します...

  1. ハードウェア、それは内蔵スピーカー、外付けスピーカー、ヘッドセットなどでしょうか。
  2. 私達はどのくらい大声で話していますか?レベル1からレベル10それともただ微妙な?

ハードウェア、それはあなたが最初に良いスピーカーを持っているかどうかにかかっています、彼らが外的であるならばソフトウェアまたはハードウェアによるスピーカーとのナッジ、そして特定の名前ブランドは目立つかもしれませんナッジ.

ソフトウェアに関しては、ソフトウェアの調整は外部のハードウェアを調整する前に常に優先されます。今日のソフトウェア調整は時々簡単ですが、ハードウェアはまだ簡単ですが、外部イコライザーに接続しているかどうかによって異なります。違う。

一部のオーディオファンは、あなたがあなたがそれを持って欲しいハードウェアを手に入れたら、あなたが再びそれに触れる必要は決してないだろうと言うでしょう…他の人はソフトウェア調整がより良いと言います...

繰り返しますが、あなたは多くの変数を除外していますが、これは実際には広すぎるので、より多くの詳細を入れることによって質問を再調整したいと思うかもしれません。

5
Matt Ridge

一連の音量つまみ(アナログ、デジタル、フィジカル、ソフトウェア)を介してオーディオ信号を送信するときは、クリッピングや歪みが発生することなく、それぞれの音量をできるだけ大きくします。さもなければ、あなたは不必要に信号のダイナミックレンジ(別名ビット数、別名ヒスの静けさ)を減少させます。最後のノブだけを使ってチェーンから出るシグナルの音量を調節してください。それはラップトップのビデオゲームからライブの大西洋横断シンフォニーオーケストラ放送まで何でものために品質を最適化します。

4