webdevqa.jp.net

ファイルツリーダイアグラムの描画に使用するツール

ファイルツリー(ディレクトリが含まれるディレクトリなど)が与えられた場合、ワードプロセッサドキュメントに埋め込むことができるグラフィックファイルとしてファイルツリーの図を作成するスクリプトをどのように作成しますか。私はベクター(SVG、EPS、EMF ...)ファイルを好みます。ツールはWindows上で実行する必要がありますが、クロスプラットフォームであることが望ましいです。このツールは市販のものでもよいが、無料であることが望ましい。

2012-02-20を更新します。質問はドキュメントサブプロジェクトに関連していました。ファイル(特にリソースと構成ファイル)がどこにあるかを説明する必要がありました。私はdos treeコマンドを使用することになりました。両方の画面で結果を取得し(短いフォルダーの場合)、長いフォルダーの場合はテキストファイルにリダイレクトし、それを編集しました。たとえば、サブフォルダーに20個の同様に入力されたファイルが含まれていて、それらが個々に作成するポイントにとって重要ではなかった場合、2つだけ残して、残りを1行に置き換えました。次に、ファイルを再度コンソールに出力し、画面に取り込みました。画面を取り込む前に、前景の色を黒に、背景の色を白に変更して、見栄えを良くし、印刷されるドキュメントのインクを節約する必要がありました。

それのためのより良いツールがないことは非常に驚くべきことです。時間がある場合は、Visio拡張機能を作成するか、SVGを生成するコマンドラインを使用します。 SVGはHTML5の標準ではないため、オンラインドキュメントに簡単に含めることができます。

2017-10-17を更新します。この質問がSOに属していないため削除されたことは残念です。だから私はそれを言い直しました。 WYSIWYGツールではなく、スクリプトが必要です。したがって、スクリプト言語またはライブラリはすべて大丈夫です。だからそれはコードです-質問を書くと、私はSOに属していると信じています。

75
Michael

MS-DOS treeコマンドからのコピーと貼り付けも機能する場合があります。例:

ツリー

C:\Foobar>tree
C:.
├───FooScripts
├───barconfig
├───Baz
│   ├───BadBaz
│   └───Drop
...

tree/F

C:\Foobar>tree
C:.
├───FooScripts
│    foo.sh
├───barconfig
│    bar.xml
├───Baz
│   ├───BadBaz
│   │    badbaz.xml
│   └───Drop
...

tree/A

C:\Foobar>tree /A
C:.
+---FooScripts
+---barconfig
+---Baz
¦   +---BadBaz
¦   \---Drop
...

tree/F/A

C:\Foobar>tree /A
C:.
+---FooScripts
¦    foo.sh
+---barconfig
¦    bar.xml
+---Baz
¦   +---BadBaz
¦   ¦    badbaz.xml
¦   \---Drop
...

構文 [ ソース ]

tree [drive:] [path] [/F] [/A]

drive:\path —ファイルをリストせずにディレクトリ構造を表示するためのディスクを含むドライブとディレクトリ。

/F —すべてのディレクトリにあるすべてのファイルを含めます。

/A —行のリンクに使用されるグラフィック文字を、グラフィック文字ではなくext文字で置き換えます。 /aは、グラフィック文字をサポートしないコードページで使用され、グラフィック文字を適切に解釈しないプリンターに出力を送信します。

78
svinto

Graphviz -Webページから:

Graphvizレイアウトプログラムは、単純なテキスト言語でグラフの説明を取得し、Webページの画像やSVG、PDFまたはその他のドキュメントに含めるPostscript)などの便利な形式で図を作成します。インタラクティブなグラフブラウザで(GraphvizはXML方言のGXLもサポートしています。)

これは、さまざまな箱型図を作成するために見つけた最も簡単で生産的なツールです。 VisioとOmniGraffleを使用していますが、「もう1つ調整するだけ」という誘惑が常にあります。

また、Graphizが使用する「ドットファイル」形式を生成するコードを書くのは非常に簡単であるため、自動化されたダイアグラムの生成もうまくいきます。

19
joel.neely

約束どおり、ここに私のカイロバージョンがあります。 Luaでスクリプトを作成し、lfsを使用してディレクトリを調べました。これらの小さな課題が大好きです。これは、私がかなり長い間掘りたかったAPIを探索できるようにするためです...
lfsとLuaCairoはどちらもクロスプラットフォームであるため、他のシステムで動作するはずです(フランス語版WinXP Pro SP3でテスト済み)。

ツリーを歩いて、最初のバージョンの図面ファイル名を作成しました。利点:メモリのオーバーヘッドがありません。不便:画像サイズを事前に指定する必要があるため、リストが切り取られる可能性があります。

そこで、このバージョンを作成しました。最初にディレクトリツリーを歩いて、Luaテーブルに保存しました。次に、ファイルの数を把握し、(少なくとも垂直に)収まるようにキャンバスを作成し、名前を描画します。
PNGレンダリングとSVGレンダリングを簡単に切り替えることができます。後者の問題:Cairoは低レベルで生成し、SVGのテキスト機能を使用する代わりに文字を描画します。少なくとも、フォントのないシステムでも正確なレンダリングを保証します。しかし、ファイルは大きくなります... .svgzファイルを作成するために、後で圧縮しても問題にはなりません。
またはSVGを直接生成するのはそれほど難しくないはずです。過去にLuaを使用してSVGを生成しました。

-- LuaFileSystem <http://www.keplerproject.org/luafilesystem/>
require"lfs"
-- LuaCairo <http://www.dynaset.org/dogusanh/>
require"lcairo"
local CAIRO = cairo


local PI = math.pi
local TWO_PI = 2 * PI

--~ local dirToList = arg[1] or "C:/PrgCmdLine/Graphviz"
--~ local dirToList = arg[1] or "C:/PrgCmdLine/Tecgraf"
local dirToList = arg[1] or "C:/PrgCmdLine/tcc"
-- Ensure path ends with /
dirToList = string.gsub(dirToList, "([^/])$", "%1/")
print("Listing: " .. dirToList)
local fileNb = 0

--~ outputType = 'svg'
outputType = 'png'

-- dirToList must have a trailing slash
function ListDirectory(dirToList)
  local dirListing = {}
  for file in lfs.dir(dirToList) do
    if file ~= ".." and file ~= "." then
      local fileAttr = lfs.attributes(dirToList .. file)
      if fileAttr.mode == "directory" then
        dirListing[file] = ListDirectory(dirToList .. file .. '/')
      else
        dirListing[file] = ""
      end
      fileNb = fileNb + 1
    end
  end
  return dirListing
end

--dofile[[../Lua/DumpObject.lua]] -- My own dump routine
local dirListing = ListDirectory(dirToList)
--~ print("\n" .. DumpObject(dirListing))
print("Found " .. fileNb .. " files")

--~ os.exit()

-- Constants to change to adjust aspect
local initialOffsetX = 20
local offsetY = 50
local offsetIncrementX = 20
local offsetIncrementY = 12
local iconOffset = 10

local width = 800 -- Still arbitrary
local titleHeight = width/50
local height = offsetIncrementY * (fileNb + 1) + titleHeight
local outfile = "CairoDirTree." .. outputType

local ctxSurface
if outputType == 'svg' then
  ctxSurface = cairo.SvgSurface(outfile, width, height)
else
  ctxSurface = cairo.ImageSurface(CAIRO.FORMAT_RGB24, width, height)
end
local ctx = cairo.Context(ctxSurface)

-- Display a file name
-- file is the file name to display
-- offsetX is the indentation
function DisplayFile(file, bIsDir, offsetX)
  if bIsDir then
    ctx:save()
    ctx:select_font_face("Sans", CAIRO.FONT_SLANT_NORMAL, CAIRO.FONT_WEIGHT_BOLD)
    ctx:set_source_rgb(0.5, 0.0, 0.7)
  end

  -- Display file name
  ctx:move_to(offsetX, offsetY)
  ctx:show_text(file)

  if bIsDir then
    ctx:new_sub_path() -- Position independent of latest move_to
    -- Draw arc with absolute coordinates
    ctx:arc(offsetX - iconOffset, offsetY - offsetIncrementY/3, offsetIncrementY/3, 0, TWO_PI)
    -- Violet disk
    ctx:set_source_rgb(0.7, 0.0, 0.7)
    ctx:fill()
    ctx:restore() -- Restore original settings
  end

  -- Increment line offset
  offsetY = offsetY + offsetIncrementY
end

-- Erase background (white)
ctx:set_source_rgb(1.0, 1.0, 1.0)
ctx:Paint()

--~ ctx:set_line_width(0.01)

-- Draw in dark blue
ctx:set_source_rgb(0.0, 0.0, 0.3)
ctx:select_font_face("Sans", CAIRO.FONT_SLANT_NORMAL, CAIRO.FONT_WEIGHT_BOLD)
ctx:set_font_size(titleHeight)
ctx:move_to(5, titleHeight)
-- Display title
ctx:show_text("Directory tree of " .. dirToList)

-- Select font for file names
ctx:select_font_face("Sans", CAIRO.FONT_SLANT_NORMAL, CAIRO.FONT_WEIGHT_NORMAL)
ctx:set_font_size(10)
offsetY = titleHeight * 2

-- Do the job
function DisplayDirectory(dirToList, offsetX)
  for k, v in pairs(dirToList) do
--~ print(k, v)
    if type(v) == "table" then
      -- Sub-directory
      DisplayFile(k, true, offsetX)
      DisplayDirectory(v, offsetX + offsetIncrementX)
    else
      DisplayFile(k, false, offsetX)
    end
  end
end

DisplayDirectory(dirListing, initialOffsetX)

if outputType == 'svg' then
    cairo.show_page(ctx)
else
  --cairo.surface_write_to_png(ctxSurface, outfile)
  ctxSurface:write_to_png(outfile)
end

ctx:destroy()
ctxSurface:destroy()

print("Found " .. fileNb .. " files")

もちろん、スタイルを変更できます。接続線を描画せず、必要に応じて表示しませんでした。オプションで後で追加するかもしれません。

5
PhiLho

Windowsファイルシステム上にファイル構造を作成し、希望する名前を入力してから、HyperSnap(または遍在するAlt-PrtScr)などのスクリーングラバーを使用して、エクスプローラウィンドウのセクションをキャプチャできないのはなぜですか。

折りたたみ可能なセクションを持つインターネットアプリケーションを「デモ」するときにこれを行いました。目的のエントリのように見えるファイルを作成する必要がありました。

HyperSnapは少なくともJPGを提供します(おそらく他のものですが、私は調査する気になりませんでした)。

または、Explorerからアイコン+/-をスクリーンキャプチャし、MS Word Draw内でそれらを使用して写真を作成することもできますが、MS Word Drawを適切に動作させることはできませんでした。

3
paxdiablo

Graphvizを使用することをお勧めします。ドットファイルを生成し、文字列の測定、レイアウトなどの面倒な作業を行います。さらに、ベクトル形式を含む多くの形式でグラフを出力できます。

メーリングリストで、まさにそれを行っているPerlプログラムを見つけましたが、見つけられません。サンプルのドットファイルをコピーして調べたのは、この宣言構文の多くを知らないので、もう少し学習したかったからです。

問題:最新のGraphvizでは、元のグラフと(手で)書いたグラフの両方にエラー(または、最終的なダイアグラムの生成時に警告)があります。このエラーを示す一部の検索では、古いバージョンで検出され、より新しいバージョンでは表示されなくなりました。戻ってきたようです。

私はまだファイルを提供しています。誰かの出発点になるかもしれませんし、あなたのニーズには十分かもしれません(もちろん、まだ生成する必要があります)。

digraph tree
{
  rankdir=LR;

  DirTree [label="Directory Tree" shape=box]

  a_Foo_txt [shape=point]
  f_Foo_txt [label="Foo.txt", shape=none]
  a_Foo_txt -> f_Foo_txt

  a_Foo_Bar_html [shape=point]
  f_Foo_Bar_html [label="Foo Bar.html", shape=none]
  a_Foo_Bar_html -> f_Foo_Bar_html

  a_Bar_png [shape=point]
  f_Bar_png [label="Bar.png", shape=none]
  a_Bar_png -> f_Bar_png

  a_Some_Dir [shape=point]
  d_Some_Dir [label="Some Dir", shape=ellipse]
  a_Some_Dir -> d_Some_Dir

  a_VBE_C_reg [shape=point]
  f_VBE_C_reg [label="VBE_C.reg", shape=none]
  a_VBE_C_reg -> f_VBE_C_reg

  a_P_Folder [shape=point]
  d_P_Folder [label="P Folder", shape=ellipse]
  a_P_Folder -> d_P_Folder

  a_Processing_20081117_7z [shape=point]
  f_Processing_20081117_7z [label="Processing-20081117.7z", shape=none]
  a_Processing_20081117_7z -> f_Processing_20081117_7z

  a_UsefulBits_lua [shape=point]
  f_UsefulBits_lua [label="UsefulBits.lua", shape=none]
  a_UsefulBits_lua -> f_UsefulBits_lua

  a_Graphviz [shape=point]
  d_Graphviz [label="Graphviz", shape=ellipse]
  a_Graphviz -> d_Graphviz

  a_Tree_dot [shape=point]
  f_Tree_dot [label="Tree.dot", shape=none]
  a_Tree_dot -> f_Tree_dot

  {
    rank=same;
    DirTree -> a_Foo_txt -> a_Foo_Bar_html -> a_Bar_png -> a_Some_Dir -> a_Graphviz [arrowhead=none]
  }
  {
    rank=same;
    d_Some_Dir -> a_VBE_C_reg -> a_P_Folder -> a_UsefulBits_lua [arrowhead=none]
  }
  {
    rank=same;
    d_P_Folder -> a_Processing_20081117_7z [arrowhead=none]
  }
  {
    rank=same;
    d_Graphviz -> a_Tree_dot [arrowhead=none]
  }
}

> dot -Tpng Tree.dot -o Tree.png
Error: lost DirTree a_Foo_txt Edge
Error: lost a_Foo_txt a_Foo_Bar_html Edge
Error: lost a_Foo_Bar_html a_Bar_png Edge
Error: lost a_Bar_png a_Some_Dir Edge
Error: lost a_Some_Dir a_Graphviz Edge
Error: lost d_Some_Dir a_VBE_C_reg Edge
Error: lost a_VBE_C_reg a_P_Folder Edge
Error: lost a_P_Folder a_UsefulBits_lua Edge
Error: lost d_P_Folder a_Processing_20081117_7z Edge
Error: lost d_Graphviz a_Tree_dot Edge

Cairoを使用して別の方向を試みます。Cairoは、多くの形式をエクスポートすることもできます。それはより多くの作業(位置/オフセットの計算)ですが、構造は単純で、それほど難しくないはずです。

2
PhiLho