webdevqa.jp.net

EmacsシェルモードでのBashオートコンプリート

GNOMEターミナルでは、Bashはスマートな自動補完を行います。例えば

apt-get in<TAB>

になる

apt-get install

Emacsシェルモードでは、/etc/bash_completionを明示的にソースにした後でも、この自動補完は機能しません。上記の例は、有効なapt-getコマンドオプションではなく、現在のディレクトリ内のファイル名をinまたはオートコンプリートとして保持します。おそらく、これはEmacsがTabキーの押下をインターセプトしているためです。 Shell-modeでスマート自動補完を有効にするにはどうすればよいですか?

84
Chris Conway

この質問は3年前のものですが、解決にも興味がありました。 Web検索により、Emacsがシェルモードでの完了にbashを使用するようにするelispの一部に導かれました。いずれにせよ、それは私のために動作します。

https://github.com/szermatt/emacs-bash-completion で確認してください。

85

Emacsシェルでは、実際にはbashではなく、自動補完を行うemacsです。シェルとemacsが同期していない場合(pushd、popd、またはシェルの現在のディレクトリを変更するbashユーザー関数を使用するなど)、自動補完は機能しなくなります。

これを修正するには、シェルに「dirs」と入力すると、同期が取り直されます。

また、.emacsには次のものがあります。

(global-set-key "\M-\r" 'Shell-resync-dirs)

次に、Escキーを押すだけでオートコンプリートが再同期されます。

20
Steve Lacey

私はこれに対する答えを知りません。しかし、期待どおりに動作しない理由は、おそらくemacsシェルの補完が内部的に(comint-dynamic-complete関数によって)emacsによって処理され、それらのスマートな補完関数が組み込まれていないためです。

簡単に修正できるものではないのではないかと思います。

編集:term-modeの使用に関するnjsfの提案は、おそらくそれと同じくらい良いでしょう。で始める

M-x用語
14
matli

2011年に問題が発生したときにこれを行ったように、別のモードM-x termを検討してください。この質問を含め、シェルがBash補完で動作するように、その時点でInetで全力を集めようとしました。しかし、term-modeに直面して代替案を発見したので、eshellを試してさえいません。

これは完全なターミナルエミュレータであるため、Midnight Commanderのように内部で対話型プログラムを実行できます。または、zsh補完に切り替えて、Emacsの設定で時間を無駄にしないようにします。

BashでTAB補完を無料で入手できます。しかし、より重要なのは、インクリメンタルまたはプレフィックス付きコマンド検索のような完全なReadlineパワーを取得することです。この設定をより便利にするには、 。inputrc。bashrc。emacs を確認してください。

.inputrcの重要な部分:

# I like this!
set editing-mode emacs

# Don't strip characters to 7 bits when reading.
set input-meta on

# Allow iso-latin1 characters to be inserted rather than converted to
# prefix-meta sequences.
set convert-meta off

# Display characters with the eighth bit set directly rather than as
# meta-prefixed characters.
set output-meta on

# Ignore hidden files.
set match-hidden-files off

# Ignore case (on/off).
set completion-ignore-case on

set completion-query-items 100

# First tab suggests ambiguous variants.
set show-all-if-ambiguous on

# Replace common prefix with ...
set completion-prefix-display-length 1

set skip-completed-text off

# If set to 'on', completed directory names have a slash appended. The default is 'on'.
set mark-directories on
set mark-symlinked-directories on

# If set to 'on', a character denoting a file's type is appended to the
# filename when listing possible completions. The default is 'off'.
set visible-stats on

set horizontal-scroll-mode off

$if Bash
"\C-x\C-e": edit-and-execute-command
$endif

# Define my favorite Emacs key bindings.
"\[email protected]": set-mark
"\C-w": kill-region
"\M-w": copy-region-as-kill

# Ctrl+Left/Right to move by whole words.
"\e[1;5C": forward-Word
"\e[1;5D": backward-Word
# Same with Shift pressed.
"\e[1;6C": forward-Word
"\e[1;6D": backward-Word

# Ctrl+Backspace/Delete to delete whole words.
"\e[3;5~": kill-Word
"\C-_": backward-kill-Word

# UP/DOWN filter history by typed string as prefix.
"\e[A": history-search-backward
"\C-p": history-search-backward
"\eOA": history-search-backward
"\e[B": history-search-forward
"\C-n": history-search-forward
"\eOB": history-search-forward

# Bind 'Shift+TAB' to complete as in Python TAB was need for another purpose.
"\e[Z": complete
# Cycling possible completion forward and backward in place.
"\e[1;3C": menu-complete                    # M-Right
"\e[1;3D": menu-complete-backward           # M-Left
"\e[1;5I": menu-complete                    # C-TAB

.bashrc(YEA!~/.bash_historyのWordからBashにdabbrevがあります):

set -o emacs

if [[ $- == *i* ]]; then
  bind '"\e/": dabbrev-expand'
  bind '"\ee": edit-and-execute-command'
fi

用語バッファーでのナビゲーションを快適にする.emacs

(setq term-buffer-maximum-size (lsh 1 14))

(eval-after-load 'term
  '(progn
    (defun my-term-send-delete-Word-forward () (interactive) (term-send-raw-string "\ed"))
    (defun my-term-send-delete-Word-backward () (interactive) (term-send-raw-string "\e\C-h"))
    (define-key term-raw-map [C-delete] 'my-term-send-delete-Word-forward)
    (define-key term-raw-map [C-backspace] 'my-term-send-delete-Word-backward)
    (defun my-term-send-forward-Word () (interactive) (term-send-raw-string "\ef"))
    (defun my-term-send-backward-Word () (interactive) (term-send-raw-string "\eb"))
    (define-key term-raw-map [C-left] 'my-term-send-backward-Word)
    (define-key term-raw-map [C-right] 'my-term-send-forward-Word)
    (defun my-term-send-m-right () (interactive) (term-send-raw-string "\e[1;3C"))
    (defun my-term-send-m-left () (interactive) (term-send-raw-string "\e[1;3D"))
    (define-key term-raw-map [M-right] 'my-term-send-m-right)
    (define-key term-raw-map [M-left] 'my-term-send-m-left)
    ))

(defun my-term-mode-hook ()
  (goto-address-mode 1))
(add-hook 'term-mode-hook #'my-term-mode-hook)

C-x oのような通常のコマンドがターミナルエミュレーションモードで動作しないので、キーマップを次のように拡張しました。

(unless
    (ignore-errors
      (require 'ido)
      (ido-mode 1)
      (global-set-key [?\s-d] #'ido-dired)
      (global-set-key [?\s-f] #'ido-find-file)
      t)
  (global-set-key [?\s-d] #'dired)
  (global-set-key [?\s-f] #'find-file))

(defun my--kill-this-buffer-maybe-switch-to-next ()
  "Kill current buffer. Switch to next buffer if previous command
was switching to next buffer or this command itself allowing
sequential closing of uninteresting buffers."
  (interactive)
  (let ( (cmd last-command) )
    (kill-buffer (current-buffer))
    (when (memq cmd (list 'next-buffer this-command))
      (next-buffer))))
(global-set-key [s-delete] 'my--kill-this-buffer-maybe-switch-to-next)
(defun my--backward-other-window ()
  (interactive)
  (other-window -1))
(global-set-key [s-up] #'my--backward-other-window)
(global-set-key [s-down] #'other-window)
(global-set-key [s-tab] 'other-window)

superキーを使用しているため、term-raw-mapおよび他のキーマップがキーバインディングと競合しないことに注意してください。 superキーを左からWinキーにするために、.xmodmaprcを使用します。

! To load this config run:
!   $ xmodmap .xmodmaprc

! Win key.
clear mod3
clear mod4

keycode 133 = Super_L
keycode 134 = Hyper_R
add mod3 = Super_L
add mod4 = Hyper_R

次の2つのコマンドを覚えておく必要があります。C-c C-j-通常のEmacs編集モード(バッファーテキストのコピーまたはgrepを行うため)、C-c C-k-ターミナルエミュレーションモードに戻るため。

マウスの選択とShift-Insertは、xtermと同様に機能します。

6
gavenkoa

Matliが言ったように、bashは--noeditingで開始され、TABはcomint-dynamic-completeにバインドされているため、簡単なタスクではありません。

TABをlocal-set-keyを使用してShell-comand-hookのself-insert-commandに再バインドし、Mx customize-variable RET explicit-bash-argsで--noeditingでシェルモードが開始しないようにすることができますが、他のすべての編集ではうまくいきません。

Term-modeを試してみたいと思うかもしれませんが、他の通常のキーバインディングのいくつかはterm-modeに取って代わられるため、別の問題があります。

編集:他の定期的なキービッドがterm-modeによって追い越されることにより、私はバッファを切り替えることができるエスケープになるC-c以外のすべてを意味します。そのため、C-x kの代わりにC-c C-x kを使用してバッファーを強制終了します。または、別のバッファー「C-c C-x o」または「C-c C-x 2」に切り替えるには

6
njsf

Preludeを使用し、Meta + Tabを押すと完了します。

また、Ctrl + iは同じことをするようです。

1
duma

ヘルムモードを使用します。この機能があります(「TAB」を押した後): enter image description here

0
a_subscriber