webdevqa.jp.net

MS OfficeをインストールせずにC#でExcel(.XLSおよび.XLSX)ファイルを作成する方法?

コードを実行しているマシンにExcelをインストールしなくても、C#でExcelスプレッドシートを作成する方法を教えてください。

1727
mistrmark

ExcelLibraryというライブラリを使用できます。これはGoogle Codeに投稿された無料のオープンソースライブラリです。

ExcelLibrary

これは、上記のPHP ExcelWriterの移植版のようです。まだ新しい.xlsxフォーマットには書きませんが、彼らはにその機能を追加しようとしています。

それはとてもシンプルで、小さくて、そして使いやすいです。さらに、DataSetおよびDataTableを使用してExcelデータを簡単に操作できるようにするDataSetHelperがあります。

ExcelLibraryはまだ古いExcel形式(.xlsファイル)でしか機能しないようですが、将来新しい2007/2010形式のサポートが追加される可能性があります。 

EPPlus を使用することもできます。これは、Excel 2007/2010形式のファイル(.xlsxファイル)でのみ機能します。両方とも動作する _ npoi _ もあります。

コメントに示されているように、各ライブラリにはいくつかの既知のバグがあります。全体として、EPPlusは時間が経つにつれて最良の選択と思われます。それはもっと積極的に更新され文書化されているようです。

また、下記の@АртёмЦарионовで注記されているように、EPPlusはピボットテーブルをサポートしており、ExcelLibraryはいくつかサポートを持っているかもしれません( ExcelLibraryのピボットテーブルの問題

クイックリファレンスのためのリンクは次のとおりです。
ExcelLibrary - GNU下位GPL
EPPlus - GNU下位一般公衆利用許諾契約書(LGPL)
_ npoi _ - Apacheライセンス

これがExcelLibraryのコード例です。

これは、データベースからデータを取得し、そこからワークブックを作成する例です。 ExcelLibraryコードは一番下の1行です。

//Create the data set and table
DataSet ds = new DataSet("New_DataSet");
DataTable dt = new DataTable("New_DataTable");

//Set the locale for each
ds.Locale = System.Threading.Thread.CurrentThread.CurrentCulture;
dt.Locale = System.Threading.Thread.CurrentThread.CurrentCulture;

//Open a DB connection (in this example with OleDB)
OleDbConnection con = new OleDbConnection(dbConnectionString);
con.Open();

//Create a query and fill the data table with the data from the DB
string sql = "SELECT Whatever FROM MyDBTable;";
OleDbCommand cmd = new OleDbCommand(sql, con);
OleDbDataAdapter adptr = new OleDbDataAdapter();

adptr.SelectCommand = cmd;
adptr.Fill(dt);
con.Close();

//Add the table to the data set
ds.Tables.Add(dt);

//Here's the easy part. Create the Excel worksheet from the data set
ExcelLibrary.DataSetHelper.CreateWorkbook("MyExcelFile.xls", ds);

Excelファイルの作成はそれと同じくらい簡単です。手動でExcelファイルを作成することもできますが、上記の機能は本当に私を感動させたものです。

937
Mike Webb

あなたがxlsxフォーマットに満足しているならば、私を試してみてください コードプレックス GitHubプロジェクト EPPlus 。 ExcelPackageのソースから始めましたが、今日では完全に書き直されています。

528
Jan Källman

私は成功して以下のオープンソースプロジェクトを使用しました:

  • OOXML形式のExcelPackage(Office 2007)

  • .XLS形式のNPOI(Office 2003) NPOI 2.0 (ベータ)はXLSXもサポートします。

私のブログ記事を見てください。

C#でExcelスプレッドシート.XLSおよび.XLSXを作成する /

Excelテーブルと動的チャートを使用したNPOI

158

そして、Microsoft OfficeにOpen XML SDK 2.0を使用するのはどうでしょうか。

いくつかの利点:

  • Officeをインストールする必要はありません
  • マイクロソフト製=まともなMSDNドキュメント
  • プロジェクトで使用する1つだけの.NET DLL
  • SDKには、diff、validatorなどの多くのツールが付属しています。

リンク集

154
Pellared

OLEDBを使用してExcelファイルを作成および操作できます。これをチェックしてください: OLEDBを使ってExcelを読み書きする 。 

典型的な例:

using (OleDbConnection conn = new OleDbConnection("Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=C:\\temp\\test.xls;Extended Properties='Excel 8.0;HDR=Yes'"))
{
  conn.Open();
  OleDbCommand cmd = new OleDbCommand("CREATE TABLE [Sheet1] ([Column1] string, [Column2] string)", conn);
  cmd.ExecuteNonQuery();
}

編集 - その他のリンク

100
Panos

商用のソリューション、 SpreadsheetGear for .NET がそれを行うでしょう。

ライブASP.NET(C#とVB)サンプルを見ることができます ここ そして評価版をダウンロードしてください ここ .

免責事項:私はSpreadsheetGear LLCを所有しています

75
Joe Erickson

私が使ったいくつかのオプション:

XLSXが必須であるなら: ExcelPackage は良いスタートですが、開発者がそれに取り組んでやめたときに消えました。 ExMLはそこから手に入れ、いくつかの機能を追加しました。 ExML は悪い選択ではありません、私はまだ2、3の本番Webサイトでそれを使っています。

私のすべての新しいプロジェクトで、私は _ npoi _ を使用しています。 Apache POI の.NETポートです。 NPOI 2.0(Alpha) はXLSXもサポートしています。

61
Nate

非常に軽量なオプションは、HTMLテーブルを使用することです。ファイル内にhead、body、およびtableタグを作成し、それを拡張子.xlsの付いたファイルとして保存するだけです。式など、出力のスタイルを設定するために使用できるMicrosoft固有の属性があります。

私はあなたがWebアプリケーションでこれをコーディングしていないかもしれないことを認識しています、しかしこれはHTMLテーブルによるExcelファイルの構成の です。この手法は、コンソールアプリ、デスクトップアプリ、またはサービスをコーディングしている場合に使用できます。

58

ExcelXmlWriter を使用できます。

それはうまくいきます。

44
Petr Snobelt

あなたは実際に interopクラス をチェックアウトしたいかもしれません。あなたはno OLEと言っています(これは違います)が、相互運用クラスはとても使いやすいです。

試していないのであれば、あなたは感動するかもしれません。

これに関するマイクロソフトの スタンス の警告を受けてください。

マイクロソフトは現在、無人の非対話型クライアントアプリケーションまたはコンポーネント(ASP、 ASP.NET、これは、Officeがこの環境で実行されたときに、不安定な動作やデッドロックが発生する可能性があるためです。

42
GEOCHET

Excel 2007/2010ファイルを作成している場合は、このオープンソースプロジェクトに試してみてください。 https://github.com/closedxml/closedxml

XML文書の煩わしさを扱わずにファイルを操作するためのオブジェクト指向の方法( VBAと同様)を提供します。 C#やVisual Basic(VB)のようなあらゆる.NET言語で使用できます。

ClosedXMLを使用すると、Excel アプリケーションなしでExcel 2007/2010ファイルを作成できます。典型的な例は、Web サーバー上にExcelレポートを作成することです。

var workbook = new XLWorkbook();
var worksheet = workbook.Worksheets.Add("Sample Sheet");
worksheet.Cell("A1").Value = "Hello World!";
workbook.SaveAs("HelloWorld.xlsx");
41
Manuel

これは、OpenXMLライブラリを使用して、DataSetDataTableまたはList<>から本物のExcel 2007 .xlsxファイルにエクスポートできる、完全に無料のC#ライブラリです。

http://mikesknowledgebase.com/pages/CSharp/ExportToExcel.htm

説明書とデモアプリケーションと共に、完全なソースコードが無償で提供されます。

このクラスをアプリケーションに追加したら、1行のコードでDataSetをExcelにエクスポートできます。

CreateExcelFile.CreateExcelDocument(myDataSet, "C:\\Sample.xlsx");

それほど簡単にはなりません...

サーバー上にExcelが存在している必要もありません。

30
Mike Gledhill

XML Spreadsheet 2003 形式を使用してファイルを作成することを検討できます。これは 文書化されたスキーマ を使った簡単なXMLフォーマットです。

23
Sam Warwick

Syncfusion Essential XlsIO これができます。 Microsoft Officeには依存せず、さまざまなプラットフォームに対して特別なサポートもあります。

コードサンプル:

//Creates a new instance for ExcelEngine.
ExcelEngine excelEngine = new ExcelEngine();
//Loads or open an existing workbook through Open method of IWorkbooks
IWorkbook workbook = excelEngine.Excel.Workbooks.Open(fileName);
//To-Do some manipulation|
//To-Do some manipulation
//Set the version of the workbook.
workbook.Version = ExcelVersion.Excel2013;
//Save the workbook in file system as xlsx format
workbook.SaveAs(outputFileName);

あなたが資格を持っているならば、コントロールのスイート全体は コミュニティライセンス プログラムを通して無料で利用可能です(収入で100万ドル以下)。注意:私はSyncfusionに勤めています。

18
Davis Jebaraj

GemBox.Spreadsheet をご覧ください。

それはあなたのニーズの範囲内であれば、彼らはすべての機能を備えた無料版を持っていますが、シートあたり150行とブックあたり5シートに制限されています。

私はまだ自分で使う必要はありませんでしたが、面白そうです。

17
ManiacZX

OpenXMLは、MS ExcelをServerにインストールしないようにするのに役立つ代替手段でもあります。Microsoftが提供するOpen XML SDK 2.0は、Open XMLパッケージおよびパッケージ内の基盤となるOpen XMLスキーマ要素を操作する作業を簡素化します。 Open XMLアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)は、開発者がOpen XMLパッケージで実行する多くの一般的なタスクをカプセル化しています。

これをチェックしてください OpenXML:ServerにMS Excelをインストールしないようにする代替策

14
Sachin Dhir

XMLスプレッドシートの生成については同意します。C#3でXMLスプレッドシートを作成する方法の例を次に示します(誰もがVB 9:Pでブログに投稿しています) http://www.aaron-powell。 com/linq-to-xml-to-Excel

14
Aaron Powell

まあ、

Aspose のようなサードパーティのライブラリを使用することもできます。

このライブラリにはExcelがあなたのマシンにインストールされている必要がないという利点があります。

14
Dimi Takis

さまざまなOffice 2003 XMLライブラリは、小さいExcelファイルにも非常に適しています。しかし、XML形式で保存された大規模なワークブックのサイズが問題になることがわかりました。たとえば、それと一緒に作業しているワークブックは、新しい(そして明らかにもっと密集した)XLSXフォーマットでは40MBになるでしょう。

私の調査によれば、古いバイナリファイル形式への出力を可能にする2つの商用パッケージがあります。彼らです:

どちらも安くはありません(それぞれ500USDと800USD、私は思います)。しかしどちらもExcel自体とは無関係に動作します。

私が興味を持っているのはOpenOffice.orgのようなもののためのExcel出力モジュールです。それらをJavaから.Netに移植できるのでしょうか。

13
biozinc

直接あなたの問題に対処するサードパーティ製のソリューションへの別の参照を追加したいだけです: http://www.officewriter.com

(免責事項:私はSoftArtisans、OfficeWriterを作る会社で働いています)

12
Eisbaer

_ ikvm _ + _ poi _

または、相互運用機能を使用することができます...

11
MagicKat

これはLINQ to XMLを使って行う方法で、サンプルコードも含まれています。

LINQ to XMLを使用してExcelデータをすばやくインポートおよびエクスポートする

名前空間などをインポートする必要があるため、少し複雑ですが、外部の依存関係を避けることができます。

(もちろん、C#ではなくVB .NETですが、VB .NETのものを独自のプロジェクトで分離して、XMLリテラルを使用することもできます。 C#)

11
Ryan Lundy

このライブラリを使用して、きれいにフォーマットされたExcelファイルを作成できます。 http://officehelper.codeplex.com/documentation
下記のサンプルを参照してください。

using (ExcelHelper helper = new ExcelHelper(TEMPLATE_FILE_NAME, GENERATED_FILE_NAME))
{
    helper.Direction = ExcelHelper.DirectionType.TOP_TO_DOWN;
    helper.CurrentSheetName = "Sheet1";
    helper.CurrentPosition = new CellRef("C3");

    //the template xlsx should contains the named range "header"; use the command "insert"/"name".
    helper.InsertRange("header");

    //the template xlsx should contains the named range "sample1";
    //inside this range you should have cells with these values:
    //<name> , <value> and <comment>, which will be replaced by the values from the getSample()
    CellRangeTemplate sample1 = helper.CreateCellRangeTemplate("sample1", new List<string> {"name", "value", "comment"}); 
    helper.InsertRange(sample1, getSample());

    //you could use here other named ranges to insert new cells and call InsertRange as many times you want, 
    //it will be copied one after another;
    //even you can change direction or the current cell/sheet before you insert

    //typically you put all your "template ranges" (the names) on the same sheet and then you just delete it
    helper.DeleteSheet("Sheet3");
}        

サンプルは次のようになります。

private IEnumerable<List<object>> getSample()
{
    var random = new Random();

    for (int loop = 0; loop < 3000; loop++)
    {
        yield return new List<object> {"test", DateTime.Now.AddDays(random.NextDouble()*100 - 50), loop};
    }
}
11
user529824

InfragisticsやSyncfusionなどの一部のサードパーティコンポーネントベンダーは、Microsoft Excelのインストールを必要としない、非常に優れたExcelエクスポート機能を提供しています。 

これらのベンダーは高度なUIグリッドコンポーネントも提供しているので、Excelエクスポートのスタイルとレイアウトでアプリケーションのユーザーインターフェイスのグリッドの現在の状態を模倣する必要がある場合、これらのコンポーネントは特に便利です。

あなたのエクスポートがエクスポートされるデータに重点​​を置いて、そしてUIへのリンクなしでサーバー側で実行されることを意図しているならば、私は無料のオープンソースオプションの一つ(例えばExcelLibrary)に行きます。 

私は以前、Microsoft Officeスイートでサーバー側の自動化を使用しようとしたプロジェクトに関わってきました。この経験に基づいて、私はそのアプローチに対して強くお勧めします。 

11
Simen S
public class GridViewExportUtil
{
    public static void Export(string fileName, GridView gv)
    {
        HttpContext.Current.Response.Clear();
        HttpContext.Current.Response.AddHeader(
            "content-disposition", string.Format("attachment; filename={0}", fileName));
        HttpContext.Current.Response.ContentType = "application/ms-Excel";

        using (StringWriter sw = new StringWriter())
        {
            using (HtmlTextWriter htw = new HtmlTextWriter(sw))
            {
                //  Create a form to contain the grid
                Table table = new Table();

                //  add the header row to the table
                if (gv.HeaderRow != null)
                {
                    GridViewExportUtil.PrepareControlForExport(gv.HeaderRow);
                    table.Rows.Add(gv.HeaderRow);
                }

                //  add each of the data rows to the table
                foreach (GridViewRow row in gv.Rows)
                {
                    GridViewExportUtil.PrepareControlForExport(row);
                    table.Rows.Add(row);
                }

                //  add the footer row to the table
                if (gv.FooterRow != null)
                {
                    GridViewExportUtil.PrepareControlForExport(gv.FooterRow);
                    table.Rows.Add(gv.FooterRow);
                }

                //  render the table into the htmlwriter
                table.RenderControl(htw);

                //  render the htmlwriter into the response
                HttpContext.Current.Response.Write(sw.ToString());
                HttpContext.Current.Response.End();
            }
        }
    }

    /// <summary>
    /// Replace any of the contained controls with literals
    /// </summary>
    /// <param name="control"></param>
    private static void PrepareControlForExport(Control control)
    {
        for (int i = 0; i < control.Controls.Count; i++)
        {
            Control current = control.Controls[i];
            if (current is LinkButton)
            {
                control.Controls.Remove(current);
                control.Controls.AddAt(i, new LiteralControl((current as LinkButton).Text));
            }
            else if (current is ImageButton)
            {
                control.Controls.Remove(current);
                control.Controls.AddAt(i, new LiteralControl((current as ImageButton).AlternateText));
            }
            else if (current is HyperLink)
            {
                control.Controls.Remove(current);
                control.Controls.AddAt(i, new LiteralControl((current as HyperLink).Text));
            }
            else if (current is DropDownList)
            {
                control.Controls.Remove(current);
                control.Controls.AddAt(i, new LiteralControl((current as DropDownList).SelectedItem.Text));
            }
            else if (current is CheckBox)
            {
                control.Controls.Remove(current);
                control.Controls.AddAt(i, new LiteralControl((current as CheckBox).Checked ? "True" : "False"));
            }

            if (current.HasControls())
            {
                GridViewExportUtil.PrepareControlForExport(current);
            }
        }
    }
}

こんにちはこの解決策はあなたのExcelファイルにグリッドビューをエクスポートすることですそれはあなたを助けるかもしれない

11
Gaurav

私は最近FlexCel.NETを使用しましたが、優れたライブラリであることがわかりました。私はあまりにも多くのソフトウェア製品についてそれを言っていません。ここで全体の売り上げ高を説明する意味はありません、あなたは彼らのウェブサイト上のすべての機能を読むことができます。

市販品ですが、購入すれば完全な入手先になります。それで私はあなたが本当に望むならあなたがあなたのアセンブリにそれをコンパイルすることができると思います。さもなければそれはxcopyへのただ一つの追加のアセンブリです - 設定やインストール、あるいはそのようなことはしません。

.NET Frameworkがサードパーティのライブラリなしでこれを実行する方法を見つけることはできないと思います。明らかに、それに対するサポートは組み込まれておらず、OLE自動化は単なる痛みの世界です。

10
EMP

System.IO.StreamWriterを使用して、Excelオブジェクトを使用せずにデータセットをExcelにエクスポートする簡単なコードを作成しました。

以下は、データセットからすべてのテーブルを読み込み、それらを1つずつシートに書き込むコードです。 この記事 から助けを借りました。

public static void exportToExcel(DataSet source, string fileName)
{
        const string endExcelXML = "</Workbook>";
        const string startExcelXML = "<xml version>\r\n<Workbook " +
                 "xmlns=\"urn:schemas-Microsoft-com:office:spreadsheet\"\r\n" +
                 " xmlns:o=\"urn:schemas-Microsoft-com:office:office\"\r\n " +
                 "xmlns:x=\"urn:schemas-    Microsoft-com:office:" +
                 "Excel\"\r\n xmlns:ss=\"urn:schemas-Microsoft-com:" +
                 "office:spreadsheet\">\r\n <Styles>\r\n " +
                 "<Style ss:ID=\"Default\" ss:Name=\"Normal\">\r\n " +
                 "<Alignment ss:Vertical=\"Bottom\"/>\r\n <Borders/>" +
                 "\r\n <Font/>\r\n <Interior/>\r\n <NumberFormat/>" +
                 "\r\n <Protection/>\r\n </Style>\r\n " +
                 "<Style ss:ID=\"BoldColumn\">\r\n <Font " +
                 "x:Family=\"Swiss\" ss:Bold=\"1\"/>\r\n </Style>\r\n " +
                 "<Style     ss:ID=\"StringLiteral\">\r\n <NumberFormat" +
                 " ss:Format=\"@\"/>\r\n </Style>\r\n <Style " +
                 "ss:ID=\"Decimal\">\r\n <NumberFormat " +
                 "ss:Format=\"0.0000\"/>\r\n </Style>\r\n " +
                 "<Style ss:ID=\"Integer\">\r\n <NumberFormat " +
                 "ss:Format=\"0\"/>\r\n </Style>\r\n <Style " +
                 "ss:ID=\"DateLiteral\">\r\n <NumberFormat " +
                 "ss:Format=\"mm/dd/yyyy;@\"/>\r\n </Style>\r\n " +
                 "</Styles>\r\n ";
        System.IO.StreamWriter excelDoc = null;
        excelDoc = new System.IO.StreamWriter(fileName);

        int sheetCount = 1;
        excelDoc.Write(startExcelXML);
        foreach (DataTable table in source.Tables)
        {
            int rowCount = 0;
            excelDoc.Write("<Worksheet ss:Name=\"" + table.TableName + "\">");
            excelDoc.Write("<Table>");
            excelDoc.Write("<Row>");
            for (int x = 0; x < table.Columns.Count; x++)
            {
                excelDoc.Write("<Cell ss:StyleID=\"BoldColumn\"><Data ss:Type=\"String\">");
                excelDoc.Write(table.Columns[x].ColumnName);
                excelDoc.Write("</Data></Cell>");
            }
            excelDoc.Write("</Row>");
            foreach (DataRow x in table.Rows)
            {
                rowCount++;
                //if the number of rows is > 64000 create a new page to continue output
                if (rowCount == 64000)
                {
                    rowCount = 0;
                    sheetCount++;
                    excelDoc.Write("</Table>");
                    excelDoc.Write(" </Worksheet>");
                    excelDoc.Write("<Worksheet ss:Name=\"" + table.TableName + "\">");
                    excelDoc.Write("<Table>");
                }
                excelDoc.Write("<Row>"); //ID=" + rowCount + "
                for (int y = 0; y < table.Columns.Count; y++)
                {
                    System.Type rowType;
                    rowType = x[y].GetType();
                    switch (rowType.ToString())
                    {
                        case "System.String":
                            string XMLstring = x[y].ToString();
                            XMLstring = XMLstring.Trim();
                            XMLstring = XMLstring.Replace("&", "&");
                            XMLstring = XMLstring.Replace(">", ">");
                            XMLstring = XMLstring.Replace("<", "<");
                            excelDoc.Write("<Cell ss:StyleID=\"StringLiteral\">" +
                                           "<Data ss:Type=\"String\">");
                            excelDoc.Write(XMLstring);
                            excelDoc.Write("</Data></Cell>");
                            break;
                        case "System.DateTime":
                            //Excel has a specific Date Format of YYYY-MM-DD followed by  
                            //the letter 'T' then hh:mm:sss.lll Example 2005-01-31T24:01:21.000
                            //The Following Code puts the date stored in XMLDate 
                            //to the format above
                            DateTime XMLDate = (DateTime)x[y];
                            string XMLDatetoString = ""; //Excel Converted Date
                            XMLDatetoString = XMLDate.Year.ToString() +
                                 "-" +
                                 (XMLDate.Month < 10 ? "0" +
                                 XMLDate.Month.ToString() : XMLDate.Month.ToString()) +
                                 "-" +
                                 (XMLDate.Day < 10 ? "0" +
                                 XMLDate.Day.ToString() : XMLDate.Day.ToString()) +
                                 "T" +
                                 (XMLDate.Hour < 10 ? "0" +
                                 XMLDate.Hour.ToString() : XMLDate.Hour.ToString()) +
                                 ":" +
                                 (XMLDate.Minute < 10 ? "0" +
                                 XMLDate.Minute.ToString() : XMLDate.Minute.ToString()) +
                                 ":" +
                                 (XMLDate.Second < 10 ? "0" +
                                 XMLDate.Second.ToString() : XMLDate.Second.ToString()) +
                                 ".000";
                            excelDoc.Write("<Cell ss:StyleID=\"DateLiteral\">" +
                                         "<Data ss:Type=\"DateTime\">");
                            excelDoc.Write(XMLDatetoString);
                            excelDoc.Write("</Data></Cell>");
                            break;
                        case "System.Boolean":
                            excelDoc.Write("<Cell ss:StyleID=\"StringLiteral\">" +
                                        "<Data ss:Type=\"String\">");
                            excelDoc.Write(x[y].ToString());
                            excelDoc.Write("</Data></Cell>");
                            break;
                        case "System.Int16":
                        case "System.Int32":
                        case "System.Int64":
                        case "System.Byte":
                            excelDoc.Write("<Cell ss:StyleID=\"Integer\">" +
                                    "<Data ss:Type=\"Number\">");
                            excelDoc.Write(x[y].ToString());
                            excelDoc.Write("</Data></Cell>");
                            break;
                        case "System.Decimal":
                        case "System.Double":
                            excelDoc.Write("<Cell ss:StyleID=\"Decimal\">" +
                                  "<Data ss:Type=\"Number\">");
                            excelDoc.Write(x[y].ToString());
                            excelDoc.Write("</Data></Cell>");
                            break;
                        case "System.DBNull":
                            excelDoc.Write("<Cell ss:StyleID=\"StringLiteral\">" +
                                  "<Data ss:Type=\"String\">");
                            excelDoc.Write("");
                            excelDoc.Write("</Data></Cell>");
                            break;
                        default:
                            throw (new Exception(rowType.ToString() + " not handled."));
                    }
                }
                excelDoc.Write("</Row>");
            }
            excelDoc.Write("</Table>");
            excelDoc.Write(" </Worksheet>");
            sheetCount++;
        }


        excelDoc.Write(endExcelXML);
        excelDoc.Close();
    }
10
Harsha.Vaswani

C#からExcelファイルを作成する最も簡単で最速の方法は、Open XML Productivity Toolを使用することです。 Open XML Productivity Toolには、Open XML SDKがインストールされています。このツールは、ExcelファイルをC#コードにリバースエンジニアリングします。その後、C#コードを使用してそのファイルを再生成できます。

関連するプロセスの概要は次のとおりです。

  1. このツールを使ってOpen XML SDKをインストールします。
  2. 希望の外観の最新のExcelクライアントを使用してExcelファイルを作成します。 DesiredLook.xlsxという名前を付けます。
  3. ツールを開いてDesiredLook.xlsxを開き、上部近くのReflect Codeボタンをクリックしてください。 enter image description here
  4. ファイルのC#コードがツールの右側のウィンドウに生成されます。これをあなたのC#ソリューションに追加し、その望みの外観でファイルを生成してください。

おまけとして、この方法はあらゆるWordおよびPowerPointファイルに有効です。 C#開発者として、あなたは自分のニーズに合うようにコードを変更します。

私は github上で/ - シンプルなWPFアプリを開発しました この目的のためにWindows上で動作します。生成されたコードを貼り付けることができるGeneratedClassというプレースホルダークラスがあります。あるバージョンのファイルに戻ると、次のようなExcelファイルが生成されます。

enter image description here

9
Taterhead

サンプルを見てExcelファイルを作成する方法。

C# および VB.NET に例があります

XSL XSLXとCSVのExcelファイルを管理します。

http://www.devtriogroup.com/ExcelJetcell/Samples

8
Bonnie Cornell

C#のいくつかの便利なExcelオートメーションは、以下のリンクから見つけることができます。

http://csharp.net-informations.com/Excel/csharp-Excel-tutorial.htm

ボルトン。

8
user35711

あなたはシルクを試したことがありますか?

私たちはシルクとして古典的なASPでExcelシートを生成するために使用していました、そして今私達はExcelGenerraterも探しています。

Sylkの利点は、セルをフォーマットできることです。 

7
Stefan Koelle

Javaオープンソースソリューションは Apache POI です。ここにinteropを設定する方法があるかもしれませんが、私はそれについて答えるのにJavaについて十分に知りません。

この問題を調査したとき、私は相互運用機能アセンブリを使用しました。

4
Nick

ExtremeMLを探してください。それはあなたがOpenXMLファイルを生成するためにOpenXMLフォーマットを使うことを可能にするとてもクールなライブラリです。

それはまたオープンソースプロジェクトです。

http://www.extrememl.com/

4
Jens

GemBox.Spreadsheet にも投票します。

彼らのサイトにはたくさんの例があり、とても速くて使いやすいです。

まったく新しいレベルの実行速度でレポート作成タスクを実行しました。

3

http://www.codeproject.com/KB/cs/Excel_and_C_.aspx <=なぜWindowsに内蔵されている機能を使用するのではなく、単にOfficeをサーバーにインストールするだけで、インストールするアプリケーションはすべて自動化できます。

とても簡単なのはネイティブメソッドを使うことです。

それがインストールされていればあなたはそれを使用することができます、これはそれが古き良き時代にさかのぼってCOMだったウィンドウズの中で最も素晴らしいそしてあまり使用されていない機能です、そしてそれはあなたに時間と手間の節約をします。

またはもっと簡単にちょうどref libのMSの供給を使用する - http://csharp.net-informations.com/Excel/csharp-create-Excel.htm

3
Craig Mc

ExcelのXML形式を使用してXMLに書き出し、拡張子.XLSを付けるとExcelで開くことができます。 XMLファイルの見出し内のすべての書式設定(太字、幅など)を制御できます。

ウィキペディアの XMLの例があります

3
ScaleOvenStove

見過ごされがちな1つの本当に簡単なオプションは、 Microsoft Reporting を使用して.rdlcレポートを作成し、それをExcel形式にエクスポートすることです。あなたはそれをビジュアルスタジオでデザインして、ファイルを生成することができます: 

localReport.Render("EXCELOPENXML", null, ((name, ext, encoding, mimeType, willSeek) => stream = new FileStream(name, FileMode.CreateNew)), out warnings);

それぞれ"WORDOPENXML"および"PDF"を使用して.docまたは.pdfをエクスポートすることもできます。また、ASP.NETやSSRSなどのさまざまなプラットフォームでサポートされています。

データのグループ化、グループヘッダーの書式設定、新しいセクションの追加を開始したら、結果を確認できるビジュアルデザイナで変更を加えることがはるかに簡単になります。XMLノードをいじる必要はありません。

2
AlexDev

少し前に、私はNPOIの上にDLLを作成しました。使い方はとても簡単です。

IList<DummyPerson> dummyPeople = new List<DummyPerson>();
//Add data to dummyPeople...
IExportEngine engine = new ExcelExportEngine();
engine.AddData(dummyPeople); 
MemoryStream memory = engine.Export();

あなたはそれについてもっと読むことができます ここ 。 

ちなみに、100%オープンソースです。自由に使用、編集、共有してください;)

1

あなたがあなたのコンピュータにMS Excelをインストールしていなくても、あなたがコードからデータテーブルかdatagridviewを作るなら、あなたはこの単純なmethod.this推奨されないがその100%を使ってすべてのデータを保存できます。

try
 {
  SaveFileDialog saveFileDialog1 = new SaveFileDialog();
  saveFileDialog1.Filter = "Excel Documents (*.xls)|*.xls";
  saveFileDialog1.FileName = "Employee Details.xls";
  if (saveFileDialog1.ShowDialog() == DialogResult.OK)
  {
  string fname = saveFileDialog1.FileName;
  StreamWriter wr = new StreamWriter(fname);
  for (int i = 0; i <DataTable.Columns.Count; i++)
  {
  wr.Write(DataTable.Columns[i].ToString().ToUpper() + "\t");
  }
  wr.WriteLine();

  //write rows to Excel file
  for (int i = 0; i < (DataTable.Rows.Count); i++)
  {
  for (int j = 0; j < DataTable.Columns.Count; j++)
  {
  if (DataTable.Rows[i][j] != null)
  {
  wr.Write(Convert.ToString(getallData.Rows[i][j]) + "\t");
  }
   else
   {
   wr.Write("\t");
   }
   }
   //go to next line
   wr.WriteLine();
   }
   //close file
   wr.Close();
   }
   }
   catch (Exception)
   {
    MessageBox.Show("Error Create Excel Sheet!");
   }

これを使用してサードパーティのライブラリを使用する必要はありません。これを使用すると、データテーブルのデータを単にExcelファイルにエクスポートできます

var dt = "your code for getting data into datatable";
            Response.ClearContent();
            Response.AddHeader("content-disposition", string.Format("attachment;filename={0}.xls", DateTime.Now.ToString("yyyy-MM-dd")));
            Response.ContentType = "application/vnd.ms-Excel";
            string tab = "";
            foreach (DataColumn dataColumn in dt.Columns)
            {
                Response.Write(tab + dataColumn.ColumnName);
                tab = "\t";
            }
            Response.Write("\n");
            int i;
            foreach (DataRow dataRow in dt.Rows)
            {
                tab = "";
                for (i = 0; i < dt.Columns.Count; i++)
                {
                    Response.Write(tab + dataRow[i].ToString());
                    tab = "\t";
                }
                Response.Write("\n");
            }
            Response.End();
0
Shubham

Xlsをxlsxフォーマットに保存するには、Microsoft.Office.Interop.ExcelライブラリからSaveAsメソッドを呼び出すだけです。このメソッドは約16個のパラメータを取りますが、そのうちの1つはファイル形式です。

Microsoftの文書:[] SaveAsメソッドの引数

渡す必要があるオブジェクトは次のとおりです。 

wb.SaveAs(filename, 51, System.Reflection.Missing.Value,
System.Reflection.Missing.Value, false, false, 1,1, true, 
System.Reflection.Missing.Value, System.Reflection.Missing.Value, System.Reflection.Missing.Value)

ここで、51はXLSXの列挙値です

さまざまなファイル形式のSaveAsについては、 xlFileFormat を参照できます。

0
Vijay Dodamani