webdevqa.jp.net

Linuxでボーレートを307200に設定するにはどうすればよいですか?

基本的に、私は次のコードを使用してシリアルポートのボーレートを設定しています。

_struct termios options;
tcgetattr(fd, &options);
cfsetispeed(&options, B115200);
cfsetospeed(&options, B115200);
tcsetattr(fd, TCSANOW, &options);
_

これは非常にうまく機能します。しかし、307200のボーレートを使用するデバイスと通信する必要があることを知っています。どうすればそれを設定できますか? cfsetispeed(&options, B307200);が機能せず、_B307200_が定義されていません。

MOXA Uport 1150(実際にはUSBからシリアルへのコンバーター)とIntelマザーボードの標準シリアルポートを使用して試してみました。後者の正確な種類はわかりませんが、setserialは16550Aとして報告します。

12
cairol

Linuxは、「ボーレートエイリアシング」と呼ばれる非標準のボーレートにダーティメソッドを使用します。基本的に、値B38400を異なる方法で解釈するようにシリアルドライバーに指示します。これは、ASYNC_SPD_CUSTメンバーflagsserial_structフラグで制御されます。

次のように、カスタム速度の除数を手動で計算する必要があります。

// configure port to use custom speed instead of 38400
ioctl(port, TIOCGSERIAL, &ss);
ss.flags = (ss.flags & ~ASYNC_SPD_MASK) | ASYNC_SPD_CUST;
ss.custom_divisor = (ss.baud_base + (speed / 2)) / speed;
closestSpeed = ss.baud_base / ss.custom_divisor;

if (closestSpeed < speed * 98 / 100 || closestSpeed > speed * 102 / 100) {
    sprintf(stderr, "Cannot set serial port speed to %d. Closest possible is %d\n", speed, closestSpeed));
}

ioctl(port, TIOCSSERIAL, &ss);

cfsetispeed(&tios, B38400);
cfsetospeed(&tios, B38400);

もちろん、適切なbaud_baseと除数の設定を備えたシリアルドライバが必要です。上記のスニペットでは、2%の偏差が許容されますが、これはほとんどの目的で問題ありません。

そして、B38400を38400ボーとして再度解釈するようにドライバーに指示するには:

ioctl(mHandle, TIOCGSERIAL, &ss);
ss.flags &= ~ASYNC_SPD_MASK;
ioctl(mHandle, TIOCSSERIAL, &ss);

注意点として:このメソッドが他の* nixフレーバー間で移植可能かどうかはわかりません。

25
cyco130

USBネゴシエーションにも同様の問題があります。私はあなたのためにこの答えを見つけましたが、それも使われるかもしれません:

struct serial_struct ser_info; 
ioctl(ser_dev, TIOCGSERIAL, &ser_info); 
ser_info.flags = ASYNC_SPD_CUST | ASYNC_LOW_LATENCY; 
ser_info.custom_divisor = ser_info.baud_base / CUST_BAUD_RATE; 
ioctl(ser_dev, TIOCSSERIAL, &ser_info);
2
Bruce Chidester

その速度のサポートはシステムに依存します。 B307200が定義されていない場合、システムはそれをサポートしていない可能性があります。

Stty.cのソースコードは次のとおりです。 http://www.koders.com/c/fid35874B30FDEAFEE83FAD9EA9A59F983C08B714D7.aspx

これらの速度のサポートはシステムによって異なるため、すべての高速変数が#ifdefされていることがわかります。

2
payne

多くのOSでは、列挙された値は数値的にボーレートに等しくなります。 したがって、マクロ/列挙をスキップして、必要なボーレートを渡すだけです。

cfsetispeed(&options, 307200);

もちろん、リターンコードをチェックして、このトリックが実際に機能したことを確認する必要があります。さらに、すべてのボーレートがすべてのUARTでサポートされているわけではありません。

TIOCGSERIALおよびTIOCSSERIAL ioctlコードを使用して、 struct serial_struct のオプションを設定することもできます。

1
Ben Voigt

私はこれを_termios2_およびioctl()コマンドを使用して達成しました。

_struct termios2 options;
ioctl(fd, TCGETS2, &options);
options.c_cflag &= ~CBAUD;    //Remove current BAUD rate
options.c_cflag |= BOTHER;    //Allow custom BAUD rate using int input
options.c_ispeed = 307200;    //Set the input BAUD rate
options.c_ospeed = 307200;    //Set the output BAUD rate
ioctl(fd, TCSETS2, &options);
_

その後、ポート設定を照会して、カスタムBAUDレート、およびその他の設定(sttyコマンドで可能)を確認できるようになります。

1
Chef Pharaoh