webdevqa.jp.net

Angular 2サイトでブラウザのキャッシュを防ぐ方法

私たちは現在、定期的な更新を伴う新しいプロジェクトに取り組んでいます。それは私たちのクライアントの一人によって毎日使われています。このプロジェクトはAngular 2を使用して開発されており、キャッシュの問題に直面しています。つまり、クライアントは自分のマシンの最新の変更を確認していません。

主にjsファイルのためのhtml/cssファイルは多くの問題を与えることなく正しく更新されるようです。

67
Rikku121

これを行う方法を見つけました。コンポーネントをロードするためのクエリ文字列を追加するだけです。

@Component({
  selector: 'some-component',
  templateUrl: `./app/component/stuff/component.html?v=${new Date().getTime()}`,
  styleUrls: [`./app/component/stuff/component.css?v=${new Date().getTime()}`]
})

これはクライアントにブラウザの代わりにサーバのテンプレートのコピーをロードさせるはずです。一定の期間が経過した後にのみ更新したい場合は、代わりにこのISOStringを使用できます。

new Date().toISOString() //2016-09-24T00:43:21.584Z

そして、1時間後にのみ変更されるように、いくつかの文字をサブストリング化します。

new Date().toISOString().substr(0,13) //2016-09-24T00

お役に立てれば

31
Rikku121

angular-clibuild コマンドに--output-hashingフラグを提供することでこれを見事に解決します。使用例

ng build --aot --output-hashing=all

Bundling&Tree-Shaking は詳細とコンテキストを提供します。 ng help buildを実行すると、フラグが記録されます。

--output-hashing=none|all|media|bundles (String) Define the output filename cache-busting hashing mode.
aliases: -oh <value>, --outputHashing <value>

これは angular-cli のユーザーにのみ適用可能ですが、見事に機能し、コードの変更や追加のツールは不要です。

111
Jack

各htmlテンプレートの上部に次のメタタグを追加します。

<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache, no-store, must-revalidate">
<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Expires" content="0">

私の理解では、各テンプレートは自立しているので、index.htmlファイルに設定されたメタキャッシュルールを継承しません。

14
Rossco

私はindex.htmlがブラウザによってキャッシュされているか、中央のCDN /プロキシによってもっとトリッキーになるという同様の問題を抱えていました(F5はあなたを助けません)。

クライアントが最新のindex.htmlバージョンを持っていることを100%検証する解決策を探しました。幸運にも、Henrik Peinarによるこの解決策を見つけました。

https://blog.nodeswat.com/automagic-reload-for-clients-after-deploy-with-angular-4-8440c9fdd96c

この解決策は、クライアントが数日間ブラウザを開いたままにしておき、クライアントが定期的に更新をチェックし、新しいバージョンが展開された場合に再ロードする場合も解決する。

解決策は少しトリッキーですが、魅力のように機能します。

  • ng cli -- prodが、mainと呼ばれるファイルの1つを使ってハッシュファイルを生成するという事実を使用してください。[hash] .js
  • そのハッシュを含むversion.jsonファイルを作成します。
  • version.jsonをチェックし、必要に応じてリロードする、角度付きサービスVersionCheckServiceを作成します。
  • デプロイ後に実行されるjsスクリプトがversion.jsonとAngular Serviceのハッシュの置き換えの両方を作成するので、手作業は必要ありませんがpost-build.jsを実行します。

Henrik Peinarによる解決策はAngular 4用だったので、多少の変更はありましたが、修正したスクリプトもここに配置します。

VersionCheckService:

import { Injectable } from '@angular/core';
import { HttpClient } from '@angular/common/http';

@Injectable()
export class VersionCheckService {
    // this will be replaced by actual hash post-build.js
    private currentHash = '{{POST_BUILD_ENTERS_HASH_HERE}}';

    constructor(private http: HttpClient) {}

    /**
     * Checks in every set frequency the version of frontend application
     * @param url
     * @param {number} frequency - in milliseconds, defaults to 30 minutes
     */
    public initVersionCheck(url, frequency = 1000 * 60 * 30) {
        //check for first time
        this.checkVersion(url); 

        setInterval(() => {
            this.checkVersion(url);
        }, frequency);
    }

    /**
     * Will do the call and check if the hash has changed or not
     * @param url
     */
    private checkVersion(url) {
        // timestamp these requests to invalidate caches
        this.http.get(url + '?t=' + new Date().getTime())
            .subscribe(
                (response: any) => {
                    const hash = response.hash;
                    const hashChanged = this.hasHashChanged(this.currentHash, hash);

                    // If new version, do something
                    if (hashChanged) {
                        // ENTER YOUR CODE TO DO SOMETHING UPON VERSION CHANGE
                        // for an example: location.reload();
                        // or to ensure cdn miss: window.location.replace(window.location.href + '?rand=' + Math.random());
                    }
                    // store the new hash so we wouldn't trigger versionChange again
                    // only necessary in case you did not force refresh
                    this.currentHash = hash;
                },
                (err) => {
                    console.error(err, 'Could not get version');
                }
            );
    }

    /**
     * Checks if hash has changed.
     * This file has the JS hash, if it is a different one than in the version.json
     * we are dealing with version change
     * @param currentHash
     * @param newHash
     * @returns {boolean}
     */
    private hasHashChanged(currentHash, newHash) {
        if (!currentHash || currentHash === '{{POST_BUILD_ENTERS_HASH_HERE}}') {
            return false;
        }

        return currentHash !== newHash;
    }
}

メインのAppComponentに変更します。

@Component({
    selector: 'app-root',
    templateUrl: './app.component.html',
    styleUrls: ['./app.component.css']
})
export class AppComponent implements OnInit {
    constructor(private versionCheckService: VersionCheckService) {

    }

    ngOnInit() {
        console.log('AppComponent.ngOnInit() environment.versionCheckUrl=' + environment.versionCheckUrl);
        if (environment.versionCheckUrl) {
            this.versionCheckService.initVersionCheck(environment.versionCheckUrl);
        }
    }

}

魔法をかけるポストビルドスクリプト、post-build.js:

const path = require('path');
const fs = require('fs');
const util = require('util');

// get application version from package.json
const appVersion = require('../package.json').version;

// promisify core API's
const readDir = util.promisify(fs.readdir);
const writeFile = util.promisify(fs.writeFile);
const readFile = util.promisify(fs.readFile);

console.log('\nRunning post-build tasks');

// our version.json will be in the dist folder
const versionFilePath = path.join(__dirname + '/../dist/version.json');

let mainHash = '';
let mainBundleFile = '';

// RegExp to find main.bundle.js, even if it doesn't include a hash in it's name (dev build)
let mainBundleRegexp = /^main.?([a-z0-9]*)?.js$/;

// read the dist folder files and find the one we're looking for
readDir(path.join(__dirname, '../dist/'))
  .then(files => {
    mainBundleFile = files.find(f => mainBundleRegexp.test(f));

    if (mainBundleFile) {
      let matchHash = mainBundleFile.match(mainBundleRegexp);

      // if it has a hash in it's name, mark it down
      if (matchHash.length > 1 && !!matchHash[1]) {
        mainHash = matchHash[1];
      }
    }

    console.log(`Writing version and hash to ${versionFilePath}`);

    // write current version and hash into the version.json file
    const src = `{"version": "${appVersion}", "hash": "${mainHash}"}`;
    return writeFile(versionFilePath, src);
  }).then(() => {
    // main bundle file not found, dev build?
    if (!mainBundleFile) {
      return;
    }

    console.log(`Replacing hash in the ${mainBundleFile}`);

    // replace hash placeholder in our main.js file so the code knows it's current hash
    const mainFilepath = path.join(__dirname, '../dist/', mainBundleFile);
    return readFile(mainFilepath, 'utf8')
      .then(mainFileData => {
        const replacedFile = mainFileData.replace('{{POST_BUILD_ENTERS_HASH_HERE}}', mainHash);
        return writeFile(mainFilepath, replacedFile);
      });
  }).catch(err => {
    console.log('Error with post build:', err);
  });

スクリプトを(new)buildフォルダーに配置するだけで、node ./build/post-build.jsを使用してdistフォルダーを構築した後にng build --prodを使用してスクリプトを実行

1
Aviko

HTTPヘッダーを使ってクライアントキャッシュを制御できます。これはどのWebフレームワークでも機能します。

これらのヘッダのディレクティブを設定して、キャッシュを有効にする方法と無効にするタイミングを細かく制御できます。

  • Cache-Control
  • Surrogate-Control
  • Expires
  • ETag(非常に良いもの)
  • Pragma(古いブラウザをサポートしたい場合)

すべてのコンピュータシステムで、優れたキャッシュは有効ですが、非常に複雑です。詳しくは、 https://helmetjs.github.io/docs/nocache/#the-headers をご覧ください。

0
ranieribt