webdevqa.jp.net

Dockerコンテナーからホストへファイルをコピーする

私は、Dockerを使用してContinuous Integration(CI)サーバー上に依存関係を構築することを考えているので、すべてのランタイムとライブラリーをエージェント自体にインストールする必要はありません。

これを達成するには、コンテナの中に構築されている構築成果物をコピーしてホストに戻す必要があります。それは可能ですか?

1192
user2668128

ファイルをコンテナからホストにコピーするためには、次のコマンドを使用できます。

docker cp <containerId>:/file/path/within/container /Host/path/target

これが例です:

$ Sudo docker cp goofy_roentgen:/out_read.jpg .

Goofy_roentgenは、次のコマンドから得た名前です。

$ Sudo docker ps

CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS                                            NAMES
1b4ad9311e93        bamos/openface      "/bin/bash"         33 minutes ago      Up 33 minutes       0.0.0.0:8000->8000/tcp, 0.0.0.0:9000->9000/tcp   goofy_roentgen
2115
creack

「ボリューム」をマウントし、そこに成果物をコピーします。

mkdir artifacts
docker run -i -v ${PWD}/artifacts:/artifacts ubuntu:14.04 sh << COMMANDS
# ... build software here ...
cp <artifact> /artifacts
# ... copy more artifacts into `/artifacts` ...
COMMANDS

その後、ビルドが終了してコンテナーが実行されなくなった時点で、ビルドからの成果物は既にホスト上のartifactsディレクトリーにコピーされています。

編集する

警告: これを行うと、dockerユーザーのユーザーIDが現在実行中のユーザーのユーザーIDと一致するという問題が発生する可能性があります。つまり、/artifacts内のファイルは、dockerコンテナ内で使用されているユーザーのUIDとともに、ユーザーが所有しているものとして表示されます。これを回避する方法は、呼び出し側のユーザーのUIDを使用することです。

docker run -i -v ${PWD}:/working_dir -w /working_dir -u $(id -u) \
    ubuntu:14.04 sh << COMMANDS
# Since $(id -u) owns /working_dir, you should be okay running commands here
# and having them work. Then copy stuff into /working_dir/artifacts .
COMMANDS
74
djhaskin987

docker runを使う必要はありません

あなたはdocker createでそれをすることができます

Docs docker createコマンドは、指定されたイメージの上に書き込み可能なコンテナレイヤーを作成し、指定されたコマンドを実行するための準備をします。コンテナIDはSTDOUTに出力されます。開始しました。

だから、あなたはできる

docker create -ti --name dummy IMAGE_NAME bash
docker cp dummy:/path/to/file /dest/to/file
docker rm -fv dummy

ここでは、コンテナを起動しません。それは私にとって有益に見えました。

45
Ishan Bhatt

ボリュームをマウントし、成果物をコピーし、所有者IDとグループIDを調整します。

mkdir artifacts
docker run -i --rm -v ${PWD}/artifacts:/mnt/artifacts centos:6 /bin/bash << COMMANDS
ls -la > /mnt/artifacts/ls.txt
echo Changing owner from \$(id -u):\$(id -g) to $(id -u):$(id -u)
chown -R $(id -u):$(id -u) /mnt/artifacts
COMMANDS
20
Dimchansky

TLDR;

$ docker run --rm -iv${PWD}:/Host-volume my-image sh -s <<EOF
chown $(id -u):$(id -g) my-artifact.tar.xz
cp -a my-artifact.tar.xz /Host-volume
EOF

説明

Hostボリュームを持つdocker runchownアーティファクト、cpホストボリュームへのアーティファクト

$ docker build -t my-image - <<EOF
> FROM busybox
> WORKDIR /workdir
> RUN touch foo.txt bar.txt qux.txt
> EOF
Sending build context to Docker daemon  2.048kB
Step 1/3 : FROM busybox
 ---> 00f017a8c2a6
Step 2/3 : WORKDIR /workdir
 ---> Using cache
 ---> 36151d97f2c9
Step 3/3 : RUN touch foo.txt bar.txt qux.txt
 ---> Running in a657ed4f5cab
 ---> 4dd197569e44
Removing intermediate container a657ed4f5cab
Successfully built 4dd197569e44

$ docker run --rm -iv${PWD}:/Host-volume my-image sh -s <<EOF
chown -v $(id -u):$(id -g) *.txt
cp -va *.txt /Host-volume
EOF
changed ownership of '/Host-volume/bar.txt' to 10335:11111
changed ownership of '/Host-volume/qux.txt' to 10335:11111
changed ownership of '/Host-volume/foo.txt' to 10335:11111
'bar.txt' -> '/Host-volume/bar.txt'
'foo.txt' -> '/Host-volume/foo.txt'
'qux.txt' -> '/Host-volume/qux.txt'

$ ls -n
total 0
-rw-r--r-- 1 10335 11111 0 May  7 18:22 bar.txt
-rw-r--r-- 1 10335 11111 0 May  7 18:22 foo.txt
-rw-r--r-- 1 10335 11111 0 May  7 18:22 qux.txt

heredoc 内のchown呼び出しは、実行中のコンテナーの外部から$(id -u):$(id -g)値を受け取るため、このトリックはうまくいきます。すなわち、docker Hostです。

利点は次のとおりです。

  • 以前にdocker container run --namedocker container create --nameをする必要はありません
  • あなたは後にdocker container rmをする必要はありません
17
rubicks

実行中のコンテナがなく、イメージだけで、テキストファイルだけをコピーすると仮定した場合は、次のようにすることができます。

docker run the-image cat path/to/container/file.txt > path/to/Host/file.txt
13
cancerbero

ほとんどの答えは、docker cpが機能する前にコンテナを実行する必要があることを示すものではありません。

docker build -t IMAGE_TAG .
docker run -d IMAGE_TAG
CONTAINER_ID=$(docker ps -alq)
# If you do not know the exact file name, you'll need to run "ls"
# FILE=$(docker exec CONTAINER_ID sh -c "ls /path/*.Zip")
docker cp $CONTAINER_ID:/path/to/file .
docker stop $CONTAINER_ID
10
cmcginty

私はDocker for Macを使っている人のためにこれを投稿しています。これは私のために働いたものです:

 $ mkdir mybackup # local directory on Mac

 $ docker run --rm --volumes-from <containerid> \
    -v `pwd`/mybackup:/backup \  
    busybox \                   
    cp /data/mydata.txt /backup 

-vを使ってマウントすると、backupディレクトリが自動的に作成されることに注意してください。

私はこれがいつか誰かに役立つことを願っています。 :)

6
Paul

より一般的な解決策としては、 JenkinsがDockerコンテナ内に構築するためのCloudBeesプラグインがあります 。 Dockerレジストリから使用するイメージを選択するか、構築して使用するDockerファイルを定義できます。

ワークスペースをボリュームとして(適切なユーザーと共に)コンテナーにマウントし、それを作業ディレクトリーとして設定し、(コンテナー内で)要求したコマンドを実行します。 image.inside(){}コマンドで、これを行うためにdocker-workflowプラグイン(UIよりもコードを好む場合)を使用することもできます。

基本的にこれすべて、あなたのCI/CDサーバーそしてそれからいくつかに焼き付けました。

3
BobMcGee
3
shuaihanhungry

(実行中のコンテナではなく) image からファイルを取り出すだけの場合は、次のようにします。

docker run --rm <image> cat <source> > <local_dest>

これでコンテナが起動し、新しいファイルを書き込んでからコンテナを削除します。ただし、1つの欠点は、ファイルのアクセス許可と変更日が保持されないことです。

2
s g

このコマンドではPowerShell(Admin)を使用しました。

docker cp {container id}:{container path}/error.html  C:\\error.html

docker cp ff3a6608467d:/var/www/app/error.html  C:\\error.html

1つのフォルダのみをマウントし、コンテナ用の特別な記憶域を作成したくない場合は、bindの代わりにvolumeを使用できます。

  1. タグを使用して画像を作成します。

    docker build . -t <image>

  2. 画像を実行して、app.pyが格納されている現在の$(pwd)ディレクトリをバインドし、コンテナ内の/ root/example /にマッピングします。

    docker run --mount type=bind,source="$(pwd)",target=/root/example/ <image> python app.py

0
zytfo

ファイルをコピーする場所にパスを作成してから、次のコマンドを使用します。

docker run -d -v hostpath:dockerimag
0
Chandra Pal