webdevqa.jp.net

Eclipseの線幅マーカーはありますか?

私はすべてのコード行を65文字でラップする必要がある特定のプロジェクトを持っています。このためにEclipse Javaコードフォーマッターを適切にセットアップしました。しかし、私が本当に望んでいるのは、フォームメーターを実行するときだけでなく、入力中の最大線幅がどこにあるかを示す垂直線をエディターに描画することです。この機能は、コードフォーマッタのプロパティページに表示されるため、ある程度の容量で利用できることを知っています。

Eclipseにこれを有効にするオプションが表示されず、Eclipse Plugin Centralでそれを実行するプラグインが表示されませんでした

192
Mocky

Windows/Preferences(少なくともWindows-IIRCでは異なるオペレーティングシステムで動きます)を確認します:

General -> Editors -> Text Editors -> Show Print Margin

これにチェックを入れると、ラインが表示されます。

これをすばやく見つける方法として、上部の検索フィルターを使用して、「マージン」でフィルターします。

コメントからのメモ-私には未確認ですが、それらを疑う理由はありません。

2016年に何らかの形で変更されました。詳細については[こちら]を参照してください( https://bugs.Eclipse.org/bugs/show_bug.cgi?id=495490#c2 )で設定する必要がありますフォーマッタ:[ウィンドウ]-> [設定]メニューから[Java]-> [コードスタイル]-> [フォーマッタ]を選択し、フォーマッタプロファイルを編集します。タブページ[行の折り返し]で、「最大行幅」という名前の設定を見つけることができます。この設定を変更すると、Javaソースエディターの印刷マージンも変更されます。

326
Jon Skeet

Eclipse Luna(4.4)の場合:メニューWindow\Preferenceを選択します。左上隅の検索ボックスtype filter textを見て、marginと入力します。

enter image description here

セクションApperance color optionで、Print marginを選択します。 Show print marginを選択します。テキストボックスPrint margin columnに、必要なものとして65と入力します。

43
D Vy

@ Jon Skeetの答え は不完全です。

(1/2)最初に、彼が言ったことをする:

Window-> Preferences-> General-> Editors-> Text Editors-> Show Print Marginのチェックボックスをオンにします

このボックスをクリックすると、垂直線が表示されます。

enter image description here

これをすばやく見つける方法として、上部の検索フィルターを使用して、「マージン」でフィルターします。

ただし、これは行のみを表示しますが、ほとんどの場合、「Print margin column」値はフラットアウトは無視されます。


行のある場所の列番号を設定するには、@ John Percival Hackworthが言及していることを行います here

(2/2):

Window-> Preferences-> C/C++ [または使用している言語]-> Code Style-> Formatter-> Line Wrappingタブセットの下のEdit->をクリックMaximum line widthに希望する値。

enter image description here

サイドノート:

  1. つかいます Alt + Shift + Y ソフトラインの折り返しのオンとオフを切り替えます。ただし、画面の最後でソフトラップ(キャリッジリターンなし)が行われますが、上記で設定した列では行われません。

上記で設定した列で、どのように固定行の折り返しを強制しますか(つまり、改行を追加しますか)?まだわかりません。わかったら教えてください。 Sublime Text 3(はるかに優れたエディターですが、インデクサー/関数定義がはるかに劣るFinder :()では、 Alt + Q

更新:clang-formatを使用する「CppStyle」プラグインでは、 Ctrl + Shift + F 自動フォーマットを適用しますが、それを機能させるための正確な手順はまだわかりません。

5
Gabriel Staples