webdevqa.jp.net

Emacsで* scratch *バッファーを再度開きますか?

Emacsでscratchバッファーを誤って閉じた場合、新しいscratchバッファーを作成するにはどうすればよいですか?

168
Fortepianissimo

GNU Emacsのデフォルトのバインディング:

C-xb *scratch* RET

または、より詳細に

M-x switch-to-buffer *scratch* RET

*scratch*バッファは、起動時に選択されるバッファであり、メジャーモード LISPインタラクション があります。注:*scratch*バッファーのモードは、変数 initial-major-mode によって制御されます。

一般に、必要な数の「スクラッチ」バッファーを作成し、好きなように名前を付けることができます。

C-xb NAME RET

バッファNAMEに切り替えて、存在しない場合は作成します。新しいバッファは、使用するまでディスク上のファイルに関連付けられません。 C-xC-w (または M-x write-file RET)保存するファイルを選択します。

M-x text-mode RET

現在のバッファのメジャーモードをテキストモードに変更します。使用可能なすべてのモードを見つける(つまり、新しいパッケージを必要としない)には、次のように入力してリストを取得できます。

M-x apropos-command -mode$ RET

198
Trey Jackson

.emacsに以下を追加します。

;; bury *scratch* buffer instead of kill it
(defadvice kill-buffer (around kill-buffer-around-advice activate)
  (let ((buffer-to-kill (ad-get-arg 0)))
    (if (equal buffer-to-kill "*scratch*")
        (bury-buffer)
      ad-do-it)))

scratch bufferを表示したくない場合は、Cx Ckを押しますが、それを強制終了せず、バッファリストの最後に配置するだけなので、次回は必要ありません新しいものを作成する必要があります。

22
user45273

このEmacsWikiページ にはたくさんのヒントがあります。

これが最初のものです:

スクラッチバッファを再作成する非常に簡単な関数:

(defun create-scratch-buffer nil
   "create a scratch buffer"
   (interactive)
   (switch-to-buffer (get-buffer-create "*scratch*"))
   (LISP-interaction-mode))             
15
idbrii

C-x b *scratch* RET y iswitchbモードが有効なRET。

C-x b *scratch*それ以外の場合はRET。

8
Steven Huwig

数年前、私が初めてemacsを使い始めたときに見つけました。私は今どこにいるかはわかりませんが、個人の.elファイルには常に家がありました。グーグル検索でポップアップします。

;;; Prevent killing the *scratch* buffer -- source forgotten
;;;----------------------------------------------------------------------
;;; Make the *scratch* buffer behave like "The thing your aunt gave you,
;;; which you don't know what is."
(save-excursion
  (set-buffer (get-buffer-create "*scratch*"))
  (make-local-variable 'kill-buffer-query-functions)
  (add-hook 'kill-buffer-query-functions 'kill-scratch-buffer))

(defun kill-scratch-buffer ()
  ;; The next line is just in case someone calls this manually
  (set-buffer (get-buffer-create "*scratch*"))

  ;; Kill the current (*scratch*) buffer
  (remove-hook 'kill-buffer-query-functions 'kill-scratch-buffer)
  (kill-buffer (current-buffer))

  ;; Make a brand new *scratch* buffer
  (set-buffer (get-buffer-create "*scratch*"))
  (LISP-interaction-mode)
  (make-local-variable 'kill-buffer-query-functions)
  (add-hook 'kill-buffer-query-functions 'kill-scratch-buffer)

  ;; Since we killed it, don't let caller do that.
  nil)
;;;----------------------------------------------------------------------
4
dwj

新しいスクラッチバッファーを開くための対話型コマンドとしてscratchがあります(いくつかが必要です)。

(defun scratch ()
  "create a new scratch buffer to work in. (could be *scratch* - *scratchX*)"
  (interactive)
  (let ((n 0)
        bufname)
    (while (progn
             (setq bufname (concat "*scratch"
                                   (if (= n 0) "" (int-to-string n))
                                   "*"))
             (setq n (1+ n))
             (get-buffer bufname)))
  (switch-to-buffer (get-buffer-create bufname))
  (if (= n 1) initial-major-mode))) ; 1, because n was incremented

採用: http://everything2.com/index.pl?node_id=1038451

3
paprika
(global-set-key (kbd "C-x M-z")
                '(lambda ()
                   (interactive)
                   (switch-to-buffer "*scratch*")))

これは*scratch*バッファーにすばやく切り替えるだけでなく(これを頻繁に行うため)、誤って強制終了した場合に*scratch*バッファーを再作成し、LISP-interaction-modeを自動的に有効にします。必要に応じてバインディングを変更します。

3
CodyChan

以前はdwjのソリューションを使用していましたが、実際に名前変更スクラッチバッファー(保存など)で失敗したことに気付くまで、それは非常に満足でした。

それから私はこれを採用しました、それは私のためにうまくいきます:

  (run-with-idle-timer 1 t
    '(lambda () (get-buffer-create "*scratch*")))
3
Gyom

Emacsパッケージunkillable-scratchはMELPAでこれを行います。もあります scratch-persistこれは、セッション間のバッファーを自動的に保存および復元します。

3
nj35

これは私が使用するものです-これは便利なキーストロークにバインドされています。 *scratch*バッファ、すでに存在するかどうかに関係なく、LISP-interaction-mode

(defun eme-goto-scratch () 
  "this sends you to the scratch buffer"
  (interactive)
  (let ((eme-scratch-buffer (get-buffer-create "*scratch*")))
    (switch-to-buffer eme-scratch-buffer)
    (LISP-interaction-mode)))
2
Edric

スクラッチバッファーは、自動的に保存される実際のファイルである必要があり、ファイルを開くのと同じくらい簡単に再度開くことができます。起動時に、デフォルトを強制終了して、このような独自のものを見つけます。

(add-hook 'emacs-startup-hook
  (lambda ()
    (kill-buffer "*scratch*")
    (find-file "/Users/HOME/Desktop/.scratch")))

基本的に同じことを行うカスタムのキルバッファ機能があります-個人用スクラッチ保存ファイルを再度開き、デフォルトのスクラッチを殺しますif最後に殺した目に見えるバッファ。

ファイルが最後に見えるように、いくつかのdesktop.el関数をカスタマイズして、after(kill-buffer "*scratch*")および(find-file "/Users/HOME/Desktop/.scratch")をロードしましたEmacsを終了すると、Emacsの起動時にデフォルトのスクラッチで埋められたり、カスタムスクラッチで埋められたりしません。

auto-save-buffers-enhancedの使用を楽しんでいます。これは、特に除外されていないファイル拡張子を自動的に保存します。

https://github.com/kentaro/auto-save-buffers-enhanced/blob/master/auto-save-buffers-enhanced.el

(require 'auto-save-buffers-enhanced)
(auto-save-buffers-enhanced t)
(setq auto-save-buffers-enhanced-save-scratch-buffer-to-file-p 1)
(setq auto-save-buffers-enhanced-exclude-regexps '("\\.txt" "\\.el" "\\.tex"))

ファイルなしの訪問バッファーを作成する場合は、@ paprikaによる関数のわずかなバリエーションを使用します。

(defun lawlist-new-buffer ()
  "Create a new buffer -- \*lawlist\*"
(interactive)
  (let* (
    (n 0)
    bufname)
  (catch 'done
    (while t
      (setq bufname (concat "*lawlist"
        (if (= n 0) "" (int-to-string n))
          "*"))
      (setq n (1+ n))
      (if (not (get-buffer bufname))
        (throw 'done nil)) ))
  (switch-to-buffer (get-buffer-create bufname))
  (text-mode) ))
2
lawlist

Docstringが言うように、この関数は以下を行います:

スクラッチバッファーに切り替えます。バッファが存在しない場合は、バッファを作成し、初期メッセージを書き込みます。」

これにより、初期スクラッチバッファのように見える新しいスクラッチバッファが表示されます。

(defun switch-buffer-scratch ()
  "Switch to the scratch buffer. If the buffer doesn't exist,
create it and write the initial message into it."
  (interactive)
  (let* ((scratch-buffer-name "*scratch*")
         (scratch-buffer (get-buffer scratch-buffer-name)))
    (unless scratch-buffer
      (setq scratch-buffer (get-buffer-create scratch-buffer-name))
      (with-current-buffer scratch-buffer
        (LISP-interaction-mode)
        (insert initial-scratch-message)))
    (switch-to-buffer scratch-buffer)))

(global-set-key "\C-cbs" 'switch-buffer-scratch)
2
kjfletch

これまでに投稿したソリューションを1つの機能に統合しました。

(defun --scratch-buffer(&optional reset)
  "Get the *scratch* buffer object.
Make new scratch buffer unless it exists. 
If RESET is non-nil arrange it that it can't be killed."
  (let ((R (get-buffer "*scratch*")))
    (unless R
      (message "Creating new *scratch* buffer")
      (setq R (get-buffer-create "*scratch*") reset t))
        (when reset
          (save-excursion
            (set-buffer R)
            (LISP-interaction-mode)
            (make-local-variable 'kill-buffer-query-functions)
            (add-hook 'kill-buffer-query-functions '(lambda()(bury-buffer) nil)
          )))
    R))

。emacsでこの関数を適用するには、次を使用します。

(--scratch-buffer t)
(run-with-idle-timer 3 t '--scratch-buffer)

これにより、そもそもスクラッチバッファーが破壊されなくなり、保存されている場合は再作成されます。さらに、ショートカット関数scratchを使用して、バッファをすばやく起動できます。

(defun scratch()
  "Switch to *scratch*.  With prefix-arg delete its contents."
  (interactive)
  (switch-to-buffer (--scratch-buffer))
  (if current-prefix-arg
      (delete-region (point-min) (point-max))
    (goto-char (point-max))))

過去には、Emacsが起動された元の起動ディレクトリを知っていると便利です。これは、スクラッチバッファのdesktop-dirnameまたはdefault-directoryローカル変数の値です。

(defvar --scratch-directory
  (save-excursion (set-buffer "*scratch*") default-directory)
  "The `default-directory' local variable of the *scratch* buffer.")

(defconst --no-desktop (member "--no-desktop" command-line-args)
  "True when no desktop file is loaded (--no-desktop command-line switch set).")

(defun --startup-directory ()
  "Return directory from which Emacs was started: `desktop-dirname' or the `--scratch-directory'.
Note also `default-minibuffer-frame'."
  (if (and (not --no-desktop) desktop-dirname) 
      desktop-dirname
    --scratch-directory))

-startup-directoryは、メイクファイル、TODOファイルなどのベースディレクトリを常に返します。デスクトップがない場合(-no-desktop commandline-switchまたはデスクトップファイルがない場合)--scratch-directory変数は、Emacsがかつて起動されたディレクトリを保持します。

1

emacsWikiで答えを見つけてください: http://www.emacswiki.org/emacs/RecreateScratchBuffer

(defun create-scratch-buffer nil
   "create a scratch buffer"
   (interactive)
   (switch-to-buffer (get-buffer-create "*scratch*"))
   (LISP-interaction-mode))
0
Qian

受け入れられた回答に追加するには、ILOモードがオンになっている場合(そして、自動完了後に C-xb、したがって、*scratch*)、次に試してください:

C-xbC-b*scratch* RET

C-x b C-b *scratch* RET

0
petre