webdevqa.jp.net

uBlock Originの要素レベルでのブロック解除

私の(1週間)のuBlock0の使用法では見つけられなかったABPの重要な機能が1つあります。それは、ページ要素のレベルで許可および禁止できる「ブロック可能なアイテムを開く」機能です。

uBlock0は、「私は上級ユーザーです」チェックボックスをオンにした後でも、サブドメインレベルのブロック解除の細分性しか持っていないようなので、ブロックされているものを許可したい場合は、そのサブドメインのすべての要素を許可する必要があります。

「Element Picker」は「Open blockable items」の機能の半分を提供しますが、残りの半分は私にとってより一般的なユースケースです:to nblockブロックされた要素。サブドメインレベルではなく要素レベルでそれを行う方法はありますか?また、ブロックされている要素を正確にseeする機能は私にとって大きな使いやすさの向上であり、uBlock0でそれを行う方法があるかどうかはわかりません。

注:私はFirefoxを使用しています。

UBlock Origin独自のロガーを使用して、フィルターの影響を受けたCSSルールに加えて、ブロックまたは許可されたネットワーク要求をログに記録できます。

公式のuBlock Origin独自のWikiページからロガーのこの公式の概要を支援してください: https://github.com/gorhill/uBlock/wiki/The-logger

幸運を。

9
Mike

手動で追加した要素のブロックを解除する方法を探している人は、uBlockアイコンをクリックし、左上隅にある歯車アイコンをクリックして「ダッシュボード」に移動できます。そこから[マイフィルター]タブに移動すると、手動でブロックしたすべての要素のリストが表示されます。

手動で要素をブロックすることは、ページを読みながらスクロールする煩わしいソーシャルウィジェットや、最近、同じサイトにある他の記事を読むために隅にポップアップ表示される小さなボックスに非常に便利です。

しかし、読んでいたサイトで、誤ってメインコンテンツフレーム全体をブロックしてしまいました。ありがたいことに、少しの検索で、ブロックを解除できました...

9
Silas T