webdevqa.jp.net

MacのターミナルでGit構文の強調表示を有効にする

Windowsで緑色のステージファイル名や太字などの「git。*」コマンドごとにGit構文が強調表示されていません。

Macの端末でGit構文の強調表示を有効にするにはどうすればよいですか?

60
thewillcole
git config --global color.ui auto
108
rob mayoff

Diffコマンドのさまざまな色を表示するには、次を使用します。

git config --global color.diff true

ほとんどのコマンドの色をグローバルに変更するには、次を使用します。

git config --global color.ui true
12
DemitryT

Gitの色

Gitは出力を端末に色付けできます。これにより、出力を視覚的にすばやく簡単に解析できます。さまざまなオプションを使用して、好みに合わせて色を設定できます。

color.ui

Gitは、要求された場合、ほとんどの出力に自動的に色を付けます。あなたが色付けしたいものと方法について非常に具体的に得ることができます。ただし、すべてのデフォルトのターミナルカラーリングをオンにするには、color.uiをtrueに設定します。

$ git config --global color.ui true

その値が設定されている場合、Gitは出力が端末に送られるとその出力に色を付けます。他の可能な設定はfalseです。これは出力を色付けせず、Gitコマンドをファイルにリダイレクトしたり別のコマンドにパイプしたりしても、常に色を設定します。

Color.ui = alwaysが必要になることはめったにありません。ほとんどのシナリオで、リダイレクトされた出力にカラーコードが必要な場合は、代わりにGitコマンドに--colorフラグを渡して、強制的にカラーコードを使用させることができます。 color.ui = true設定は、ほとんど常に使用するものです。

color.*

どのコマンドがどのように色付けされるかについてより具体的にしたい場合、Gitは動詞固有の色付け設定を提供します。これらはそれぞれ、true、false、またはalwaysに設定できます。

color.branch
color.diff
color.interactive
color.status

さらに、これらのそれぞれには、各色をオーバーライドする場合に出力の一部に特定の色を設定するために使用できるサブセットがあります。たとえば、diff出力のメタ情報を青の前景、黒の背景、太字のテキストに設定するには、次を実行します。

$ git config --global color.diff.meta "blue black bold"

色は、標準、黒、赤、緑、黄、青、マゼンタ、シアン、白のいずれかの値に設定できます。前の例の太字のような属性が必要な場合は、太字、淡色、ul、点滅、反転から選択できます。

設定できるすべてのサブセットについては、git configのマンページをご覧ください。

リファレンス: http://git-scm.com/book/ch7-1.html

8
Sam

私は次のソリューションを使用しました:

git config --global color.diff auto
git config --global color.status auto
git config --global color.branch auto

オリジナル記事

4
Ivan Smirnov

この優れたブログ投稿 を見つけました。これは、gitカラーのセットアップ方法と標準カラーとは何かを説明しています。要約すると、次の行を~/gitconfigファイルに追加します:(Here's mine-pretty eh?

[color]
  ui = auto
[color "branch"]
  current = auto
  remote = white reverse
[color "diff"]
  meta = yellow bold
  frag = Magenta bold
  new = green bold
[color "status"]
  added = yellow bold
  changed = green
  untracked = cyan

Gitの最新バージョンでは、colour.ui設定はデフォルトでautoになりました。

次のものを色として使用できます。

  • normal
  • black
  • red
  • green
  • yellow
  • blue
  • Magenta
  • cyan、および
  • white

次のオプションの修飾子も指定できます。

  • bold
  • dim
  • ul
  • blink、および
  • reverse
3
Dave Sag
git config --global color.diff true
git config --global color.status true
git config --global color.branch true
git config --global color.interactive true

4つの設定タイプが利用可能です:

  • false-無効
  • true-コマンドプロンプトでのみ有効
  • always-常に有効化

注: git1.8.4(2013年6月)から始める必要はありません

多くのチュートリアルでは、ユーザーが「user.name/email "Gitを紹介します。
変数のデフォルトは「autoになりました。

1
VonC