webdevqa.jp.net

GoogleアナリティクスのIP匿名化の値が「true」の場合のIPv6アドレスのトラフィックの除外

この新しいGDPRでわかっているように、Googleアナリティクスの設定ではIP匿名化設定がより一般的です。

問題は、IP匿名化の値が'true'に設定されている場合、GoogleアナリティクスでIP除外フィルターを使用してIPv6アドレスを除外する方法です。

Googleによると:

AnalyticsのIP匿名化機能は、IPv4ユーザーIPアドレスの最後のオクテットとに送信された直後にメモリ内のIPv6アドレスの最後の80ビットをゼロに設定します分析収集ネットワーク。

最後の80ビットはいくらですか?たとえば、最後の80ビットが0に設定されている場合、このIPv6はどのようになりますか?

2001:db8:85a3:8d3:1319:8a2e:370:7348

IPv6の例は Wikipedia ページからです。

IPv4匿名化の例を次に示します。 enter image description here IPv6で非常によく似たことが起こります。 Googleアナリティクスのフィルタは[ストレージと処理]ステップで適用されるため、フィルタは匿名化されたIPに基づいている必要があります。

2
gintsg

いくつかの調査とテストの後、これに対する答えを見つけました。

IPv6アドレスのサイズは128ビットです。 IPv6アドレスは、4つの16進数の8つのグループとして表され、各グループは16ビット(2オクテット、hextet [6] [7]とも呼ばれるグループ)を表します。グループはコロン(:)で区切られます。

したがって、各グループは16ビットを表すため、最後の5つのグループは80ビットであり、ゼロに置き換えられます。

このIPv6:

2001:db8:85a3:8d3:1319:8a2e:370:7348

IP匿名化後は次のようになります

2001:db8:85a3::

最後に2つの "::"があります:

ゼロのみを含む1つ以上の連続したグループは、2つの連続したコロン(::)を使用して、単一の空のグループに置き換えることができます。

1
gintsg