webdevqa.jp.net

内部使用のためのGoogleAppsスクリプト公開アドオン

アドオンを内部使用のみに使用する場合、Googleの承認なしにアドオンを公開することはどういうわけか可能ですか?

そうでない場合、一部のGoogle AppsScriptプロジェクトをグローバルにする可能性はありますか。そのため、カスタムマクロを再び機能させるために、同じコード/機能を別のスプレッドシートやドキュメントにコピーする必要はありません。

17
Maksim Luzik

アドオンを公開して、AppsScriptファイルが含まれているドメイン/ GSuiteアカウントに制限することができます。

https://developers.google.com/apps-script/add-ons/publish

アドオンが公開されていない場合は、not承認プロセスを通過します。

アドオンはGSuite Marketplaceに公開する必要があります。つまり、「標準」のGoogle Cloudプロジェクトを作成し、それをApps Scriptプロジェクトに関連付けてから、G Suite Marketplace SDKを有効にして、Gで設定を構成する必要があります。 Suite MarketplaceSDK。

Google Cloud Platformダッシュボードにアクセスするには、URLを使用します

https://console.cloud.google.com/home/dashboard

  • 「IAMと管理」から「リソースの管理」に移動します
  • 組織名がない場合は、組織を作成します
  • 新しいGCPプロジェクトを作成する
  • GCPプロジェクト番号を取得する
  • GCPプロジェクト番号をAppsScriptプロジェクトに入力します
  • APIとサービスのダッシュボードに移動します。
  • 使用するプロジェクトがドロップダウンにリストされていることを確認してください
  • [APIとサービスを有効にする]をクリックします
  • G SuiteMarketplaceを検索する
  • G Suite MarketplaceSDKを有効にする
  • G Suite MarketplaceSDKを設定する

AppsScriptプロジェクトファイルを他のAppsScriptプロジェクトで「ライブラリ」として利用できるようにするオプションもあります。ソースAppsScript(ライブラリ)の「プロジェクトキー」を提供することで、ライブラリを他のAppsScriptプロジェクトで利用できるようにすることができます。

ソースのAppsScriptファイルをライブラリとして使用する場合は、プロジェクトキーが必要です。プロジェクトキーを見つけるには、コードエディタから[ファイル]プロジェクトプロパティ]を選択し、[プロジェクトキー(非推奨)]を探します。

Apps Scriptファイルをライブラリとして追加するには、コードエディタから[リソース]-[ライブラリ]を選択します。ライブラリを作成するために何もする必要はありません。すべてのAppsScriptプロジェクトはライブラリとして利用できます。あなたがする必要があるのはプロジェクトキーを共有することだけです。

--- [canアドオンを公開せずに、「アドオン」メニュー項目をGoogleスプレッドシートまたはドキュメントに追加すると、そのアドオンメニュー項目はそのドキュメントにあります、アドオンのように。ただし、コードをデプロイするすべてのユーザーのドキュメントを編集し、手動でコードをドキュメントに追加する必要があります。

Apps Scriptファイルがアドオンとして公開されていない場合は、カスタムメニューを作成できるため、アドオンメニューを作成しても意味がありません。

14
Alan Wells

スクリプトエディタで[公開]> [スプレッドシートアドオンとして展開]を選択すると、Chrome Webストアの下に新しいアイテムが作成されます。このアイテムはCWS開発者アカウントにリンクされ、公開できます。アイテムを「プライベート」として、またはテスターが利用できるドラフトとして、ドメイン内のユーザーのみがアクセスできるようにします。

2
Rivero

賛成の回答は古くなっています。ローカル統合用の構成タブに独自の[Googleと統合]ボタンがあるGSuite MarketplaceSDKを使用してアドオンを公開できます。 https://developers.google.com/gsuite/marketplace/sdk を参照してください。

この件に関するGoogleのヘルプは、 https://developers.google.com/gsuite/add-ons/how-tos/publishing-editor-addons で十分に適切です。

1
Harald Maassen