webdevqa.jp.net

Googleで動画の自動再生を許可する方法Chromeバージョン66以降のキオスクアプリ

Googleのバージョン66の時点では、Chrome=以降、再生ボリュームがミュートされていない場合、オーディオおよびビデオファイルの再生が自動的に開始されなくなります。

この変更は、広告ビデオやその他の迷惑なWebページ要素の自動再生を防ぐために行われました。ただし、これは、サイネージアプリケーションなど、自動再生機能のいくつかの完全に有効なアプリケーションにとってマイナスの結果をもたらします。

音声付きの動画を自動再生しないという新しいデフォルトの動作は、Google Chromeブラウザの起動時にコマンドラインオプションでオーバーライドできます。

--autoplay-policy=no-user-gesture-required

または

--no-user-gesture-required

新しいデフォルトの自動再生動作は、ChromeOSのChromeブラウザー(現在はベータ版チャンネル)にもあります。ChromeOSで実行するキオスクアプリの場合、コマンドラインオプションはなく、マニフェストを使用した構成のみ.jsonファイル。

現在、自動再生ポリシーの変更を許可するManifest.json形式のドキュメントにはオプションがありません。

キオスクアプリの新しいChromeデフォルトの自動再生ポリシーを変更して、ChromeOSのアプリで動画の自動再生を許可する方法はありますか?

11
Bob Groeneveld

エンドユーザーは、次の方法で手動で自動ビデオ再生を有効にする必要があることがわかります。

  1. 起動時にCtrl + Alt + Sを押す
  2. ログイン
  3. Chromeブラウザを開き、次のように入力します:chrome://flags/#autoplay-policy
  4. 「自動再生ポリシー」を「デフォルト」から「ユーザージェスチャーは不要」に変更する
  5. 「再起動」を押す
  6. デバイスの再起動

これ以降、アプリで使用されるwebviewコンポーネントで自動再生が再び機能します。

Googleによるこのトピックについて このコメントスレッド を参照してください。

12