webdevqa.jp.net

Windows上のGoogle Chrome 42でJavaプラグインを再度有効にする方法

NPAPIの非推奨に記載されているように、開発者ガイド

2015年4月(Chrome 42)では、NPAPIサポートはChromeでデフォルトで無効にされ、NPAPIプラグインを必要とする拡張機能はChromeウェブストアから非公開にされる予定です。すべてのNPAPIプラグインは、navigator.pluginsリストに表示されず、(プレースホルダとしても)インスタンス化されないため、インストールされていないように見えます。プラグインベンダは代替テクノロジへの移行に懸命に取り組んでいますが、まだ移行を完了していないプラグインに依存しているユーザはまだ少数です。上級ユーザー(chrome:// flags /#enable-npapi経由)および企業(エンタープライズポリシー経由)に対して、ミッションクリティカルなプラグインが待機するまでNPAPIを(ページアクションUI経由で)一時的に再度有効にするためのオーバーライドを提供します。移行します。さらに、プラグインのエンタープライズポリシー(EnabledPlugins、PluginsAllowedForUrlsなど)を設定すると、一時的にNPAPIが再度有効になります。

そこで、4月になり、Google ChromeはJavaを含むNPAPIプラグインを無効にしました。

Windowsマシンでそれらを再度有効にするにはどうすればいいですか?

19
motobói

注意

JavaはChromeでは動作しなくなりました。以前のテクニック/ハック( リビジョン を参照)はどれもうまくいきません。

15
motobói