webdevqa.jp.net

Google Maps APIへのアクセスを継続するには、クレジットカード情報を介して2018年6月11日までに課金アカウントを有効にする必要がありますか?

Googleごとに、

「2018年6月11日から、クレジットカードで請求を有効にし、すべてのプロジェクトで有効なAPIキーを取得する必要があります。これにより、ダウンタイムとパフォーマンスの問題を抑えて簡単に拡張できるようになります。 「18個の個別のAPIを3つの製品、地図、ルート、場所に簡素化しています。」

ソース

ただし、Googleはそれがハードストップであるかどうかをどこにも言っていません。請求先アカウントを有効にせず、クレジットカード情報を追加しない場合はどうなりますか。 2018年6月11日以降も、地図、ルート、ジオコードなどのGoogle APIにアクセスできますか?

13
Info1702

Google Maps Platformのテクニカルサポートによると、クレジットカード情報のない請求先アカウントは、請求先アカウントのないプロジェクトごとに作成されます。つまり、1か月あたり200ドルの無料利用枠に収まる限り、API呼び出しは引き続き成功します。アプリケーションが200ドルの無料利用枠を超えると、請求先アカウントが閉鎖され、API呼び出しが失敗し始めます。その後、請求先アカウントを再開する唯一のオプションは、クレジットカード情報を入力することです。

16
xomena