webdevqa.jp.net

バックアップ用の内蔵/外付けSATAドライブ-5900RPM OK?

私は夏に新しいコンピューターを作っています。私はコンピューターのハードウェアにかなりの能力があるので、コンピューターをゼロから構築しています。私はすべてを計画していますが、バックアップドライブについて考えていました。

メインOSを300GB WD Velociraptor(10K rpm)に、ストレージを1 TB WD Caviar(7200 rpm)に置くことを考えていました。ただし、バックアップが必要なので、 1.5 TB Seagate Barracuda(5900 rpm)を内部または外部のeSATAハウジングに収納することを考えています(どちらが良いかわかりません-どう思いますか? )。

1.5 TBしばらくの間は十分なバックアップスペースがあるはずなので、それは私が心配していることではありません。私は疑問に思っていました-5900 rpmはバックアップドライブには遅すぎるのですか?それともそうではありませんか?問題はないかと思いますが、おそらく私よりも経験が豊富です。

5
NickAldwin

特に増分バックアップを実行している場合は、それほど重要ではありません。しかし、neweggを見ると、7200RPMバラクーダはさらに10ドルあるようです...

とにかく、2つのバックアップデバイスを入手して、自宅->職場/貸金庫からローテーションするか、JungleDisk + AmazonS3、Mozy、DropBoxなどを使用してオフサイトでバックアップすることを強くお勧めします。

物理的なハードドライブのクラッシュ、ユーザーエラー、システムエラーだけが心配な場合は、コンピューター内の1台のバックアップドライブに問題はありません。コンピュータが発火する、家が発火する、またはコンピュータが盗まれるのが心配な場合は、防火設備に入れることができる外部または取り外し可能なバックアップドライブ、および/または毎週回転できる2台のドライブを用意します。自宅やその他の場所では、データが失われる可能性が大幅に減少します。オフサイトのオンラインルート(ローカルバックアップに加えて推奨)を使用する場合は、かけがえのないもの(ドキュメント、コードスニペット、写真、miniDVビデオなど)のみをバックアップし、簡単に置き換えることはできません。もの(音楽、映画、プログラムなど)。

最後に、外部エンクロージャルートを使用する場合(eSATAを使用していない場合)、5900RPMドライブと7200RPMドライブの違いは、USB 2.0またはFirewireのスループットによって制限される可能性があるため、機能的には存在しません。ドライブ以上のもの。

編集:バックアップソリューションの良さ:

  1. 複数のオフサイト+ [複数の]オンサイト-可能な限り最良のソリューション
  2. オフサイト+オンサイト-ほぼすべての用途に最適です(コンピューターが溶けてバックアップを取り、オフサイトからデータを取得するだけです)
  3. 単一のオフサイト-わかりました、もっと良いかもしれません(データセンターがハリケーンに襲われたらどうなるでしょうか?)
  4. オンサイトのみ-最悪の動作のバックアップ(災害/盗難ではなく、ハードウェア/ソフトウェア/ユーザーの障害からのみ保護します)
  5. バックアップなし-データを失ったときに泣かないでください
5
Tyler

最善の方法は、同じドライブを2つ購入して、RAID1をセットアップすることです。RAID1はミラー化されたRAIDです。つまり、両方のドライブにもう一方のドライブの正確なコピーが含まれます。一方がクラッシュした場合、コンピュータはもう一方のドライブで正常に動作し続けます。

0
Chris Thompson