webdevqa.jp.net

開発用のドメイン名の自己署名証明書を作成する方法は?

開発目的で使用するsubdomain.example.comがあります。私のWebアプリケーションソリューションには、外部システムから呼び出す必要があるWeb APIなどが含まれているため、localhostを使用していません。

SSLをテストし、subdomain.example.com開発ドメイン名の証明書が必要になりました。

http://technet.Microsoft.com/en-us/library/cc753127(v = ws.10).aspx に記載されているように、自己署名証明書を作成しようとしましたが、この証明書のみローカルホストで動作します。この証明書は私の目的に使用できますか、または開発サブドメイン用に自己署名を作成する必要がありますか?開発サブドメインの自己署名証明書を作成する必要がある場合、これにはどのユーティリティまたはオンラインサービス(無料)を使用できますか?

107
Moiz Tankiwala

この情報を追加しているのは、受け入れられた答えが質問に完全に対処していないようであるか、少なくとも私にとって問題を解決しなかったためです。

IISの自己署名証明書機能では、証明書の共通名(CN)を設定できないため、選択したサブドメインにバインドされた証明書を作成できません。

問題を回避する1つの方法は、.Net 2.0 SDKにバンドルされているmakecert.exeを使用することです。私のサーバーでは次の場所にあります:

C:\Program Files\Microsoft.Net\SDK\v2.0 64bit\Bin\makecert.exe

次のように、署名機関を作成してLocalMachine証明書リポジトリに保存できます(これらのコマンドは、管理者アカウントから、または管理者特権のコマンドプロンプト内で実行する必要があります)。

makecert.exe -n "CN=My Company Development Root CA,O=My Company,
 OU=Development,L=Wallkill,S=NY,C=US" -pe -ss Root -sr LocalMachine
 -sky exchange -m 120 -a sha1 -len 2048 -r

次に、サブドメインにバインドされ、新しい認証局によって署名された証明書を作成できます。

(-inパラメーターの値は、上記の権限を生成するために使用されたCN値と同じでなければならないことに注意してください。)

makecert.exe -n "CN=subdomain.example.com" -pe -ss My -sr LocalMachine
 -sky exchange -m 120 -in "My Company Development Root CA" -is Root
 -ir LocalMachine -a sha1 -eku 1.3.6.1.5.5.7.3.1

次に、Tom Hallの投稿で説明されているように、証明書がIIS Managerに表示されてサイトにバインドされます。

http://www.mikeobrien.net/blog/creating-self-signed-wildcard での彼の優れたブログ投稿について、Mike O'Brienに対するこのソリューションのすべての称賛

126
jlmt

PowerShellを使用

Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2(Windows PowerShell 4.0)以降では、新しいNew-SelfSignedCertificateコマンドレットを使用して自己署名証明書を作成できます。

例:

New-SelfSignedCertificate -DnsName www.mydomain.com -CertStoreLocation cert:\LocalMachine\My

New-SelfSignedCertificate -DnsName subdomain.mydomain.com -CertStoreLocation cert:\LocalMachine\My

New-SelfSignedCertificate -DnsName *.mydomain.com -CertStoreLocation cert:\LocalMachine\My

IIS Managerを使用

  1. IIS Managerを起動します
  2. サーバーレベルのIISで、[サーバー証明書]を選択します
  3. 右側の[アクション]で[自己署名証明書の作成]を選択します
  4. 「証明書のわかりやすい名前を指定してください」と書かれている箇所に、参照用の適切な名前を入力します。
    1. 例:www.domain.comまたはsubdomain.domain.com
  5. 次に、左側のリストからウェブサイトを選択します
  6. 右側の[アクション]で[バインディング]を選択します
  7. 新しいHTTPSバインディングを追加し、作成したばかりの証明書を選択します(証明書がワイルドカード証明書の場合、ホスト名を指定する必要があります)
  8. [OK]をクリックしてテストします。
108
Tom Hall

特定のドメインの新しい証明書を作成するには:

Powershell ISEを管理者として開き、次のコマンドを実行します。

New-SelfSignedCertificate -DnsName *.mydomain.com, localhost -CertStoreLocation cert:\LocalMachine\My

新しい証明書を信頼するには:

  • Mmc.exeを開く
  • コンソールルート->証明書(ローカルコンピューター)->個人用に移動します
  • 作成した証明書を選択し、右クリック->すべてのタスク->エクスポートを実行し、エクスポートウィザードに従って.pfxファイルを作成します
  • [コンソールルート]-> [証明書]-> [信頼されたルート証明機関]に移動し、新しい.pfxファイルをインポートします。

証明書をサイトにバインドするには:

  • IIS Managerを開きます
  • サイトを選択し、右側のペインで[サイトの編集]-> [バインド]を選択します
  • 正しいホスト名と新しい証明書で新しいhttpsバインディングを追加します
46
DivineOps

与えられた回答とその他のリソースからの断片を組み合わせて、Windowsで自己署名証明書を処理する方法に困惑しました。これが私自身の(そしてできれば完了した)ウォークスルーです。私自身の痛みを伴う学習曲線の一部をあなたが免れることを願っています。また、独自の証明書を作成すると、遅かれ早かれポップアップ表示される関連トピックに関する情報も含まれています。

Windows 10で自己署名証明書を作成する

Makecert.exeを使用しないでください。 Microsoftによって非推奨になりました。
最新の方法では、Powershellコマンドを使用します。

Windows 10:

管理者権限でPowershellを開きます:

New-SelfSignedCertificate  -DnsName "*.dev.local", "dev.local", "localhost"  -CertStoreLocation cert:\LocalMachine\My  -FriendlyName "Dev Cert *.dev.local, dev.local, localhost"  -NotAfter (Get-Date).AddYears(15)

Windows 8、Windows Server 2012 R2:

これらのシステムのPowershellでは、パラメーター-FriendlyNameおよび-NotAfterは存在しません。上記のコマンドラインからそれらを削除するだけです。
管理者権限でPowershellを開きます:

New-SelfSignedCertificate  -DnsName "*.dev.local", "dev.local", "localhost"  -CertStoreLocation cert:\LocalMachine\My

結果の証明書

上記のコマンドは両方とも、ドメインlocalhostおよび*.dev.localの証明書を作成します。
Win10バージョンには、さらに15年の有効期間と「Dev Cert * .dev.local、dev.local、localhost」の読み取り可能な表示名があります。

更新:パラメータ-DnsNameで複数のホスト名エントリを提供する場合(上記を参照)、これらのエントリの最初がドメインのサブジェクト(通称)になります。すべてのホスト名エントリの完全なリストは、証明書のサブジェクトの別名(SAN)フィールドに保存されます。 (指摘してくれた@BenSewardsに感謝します。)

作成後、証明書はIISのHTTPSバインディングですぐに利用可能になります(以下の手順)。

証明書を信頼する

新しい証明書は信頼チェーンの一部ではないため、どのブラウザーからも信頼できるとは見なされません。これを変更するには、マシン上の信頼されたルートCAの証明書ストアに証明書をコピーします。

Mmc.exeを開き、ファイル→スナップインの追加と削除→左の列の「証明書」を選択→追加→「コンピューターアカウント」を選択→次へ→「ローカルコンピューター...」→完了→OK

個人ストアから証明書をエクスポートします

左側の列で「証明書(ローカルコンピューター)/個人/証明書」を選択します。
新しく作成された証明書を見つけます(Win 10では、「フレンドリ名」列が役立ちます)。
この証明書を右クリック→すべてのタスク→エクスポート...→次へ→「いいえ、秘密鍵をエクスポートしない」を選択→次へ→「DER encoded ...」を選択→次へ→ファイル名を入力して保存する。

ヒント:意図的にPFXファイル形式をエクスポートに使用しません。それはあなたの秘密鍵をエクスポートファイルに含みます、そして、通常あなたはあなたの秘密鍵をどこにも行きたくないでしょう!

証明書を信頼されたルートCAストアにインポートします

左側の列で「証明書(ローカルコンピューター)/信頼されたルートCA /証明書」→すべてのタスク→インポート...→次へ→エクスポートしたファイルを選択→次へ→「すべての証明書を次のストアに配置」:信頼されたルートCA」→次へ→完了。

ISSで使用

IIS Managerに移動し、ローカルWebサイトのバインディングを選択→追加→https→myname.dev.local(証明書は*.dev.localに対してのみ有効)のホスト名を入力し、新しい証明書を選択→OK 。

ホストに追加

また、ホスト名をC:\ Windows\System32\drivers\etc\hostsに追加します。

127.0.0.1  myname.dev.local

幸せ

これで、ChromeおよびIEは証明書を信頼できるものとして扱い、https://myname.dev.localを開くときにWebサイトをロードする必要があります。

Firefoxは独自の証明書ストアを保持しています。ここに証明書を追加するには、FFでWebサイトを開き、FFが証明書について警告するときに例外に追加する必要があります。

Edgeブラウザーの場合、さらにアクションが必要になる場合があります(さらに下を参照)。

証明書をテストする

証明書をテストするには、Firefoxが最適です。 (信じてください、私はChromeファンの少年ですが、この場合はFFの方が優れています。)

その理由は次のとおりです。

  • Firefoxは独自のSSLキャッシュを使用しますが、これはshift-reloadで削除されます。したがって、ローカルWebサイトの証明書に対する変更は、FFの警告にすぐに反映されますが、他のブラウザーではWindows SSLキャッシュの再起動または手動パージが必要になる場合があります。
  • また、FFは証明書の有効性を確認するための貴重なヒントを提供します。FFが証明書の警告を表示したら、[詳細設定]をクリックします。 FFは、テキストブロックの中央の行に1つ以上の警告の可能性がある短いテキストブロックを表示します。

証明書は自己署名されているため、信頼されていません。

この警告は正しいです!上記のように、FirefoxはWindows証明書ストアを使用せず、例外を追加した場合にのみこの証明書を信頼します。これを行うボタンは、警告のすぐ下にあります。

証明書は名前に対して無効です...

この警告は、あなたが何か間違ったことをしたことを示しています。証明書の(ワイルドカード)ドメインがWebサイトのドメインと一致しません。この問題は、Webサイトの(サブ)ドメインを変更するか、一致する新しい証明書を発行することで解決する必要があります。実際、証明書が一致しない場合でもFFに例外を追加できますが、そのような組み合わせではChromeに緑色の南京錠記号が表示されることはありません。

Firefoxは、この場所で、期限切れの証明書、古い署名アルゴリズムを使用した証明書など、他の多くのわかりやすい証明書警告を表示できます。問題を特定するためのフィードバックレベルを提供してくれる他のブラウザは見つかりませんでした。

どの(サブ)ドメインパターンを選択する必要がありますか?

上記のNew-SelfSignedCertificateコマンドでは、ワイルドカードドメイン*.dev.localを使用しました。

あなたは思うかもしれません:なぜ*.localを使用しないのですか?

単純な理由:ワイルドカードドメインとしては違法です。
ワイルドカード証明書には少なくとも2番目のレベルのドメイン名が含まれている必要があります

したがって、*.localという形式のドメインは、HTTP Webサイトを開発するのに適しています。ただし、HTTPSの場合はそれほど多くありません。開始する新しいプロジェクトごとに新しい一致する証明書を発行する必要があるためです。

重要なサイドノート:

  • 有効なホストドメインには、文字aからz、数字、ハイフン、およびドットのみを含めることができます。アンダースコアは使用できません!一部のブラウザはこの詳細に非常にこだわりがあり、ドメインmotör_head.dev.localをワイルドカードパターン*.dev.localと一致させることを頑なに拒否する場合に苦労することがあります。 motoer-head.dev.localに切り替えると、それらは準拠します。
  • 証明書内のワイルドカードは、ドメイン内の1つのラベル(= 2つのドットの間のセクション)のみに一致し、それ以上は一致しません。 *.dev.localmyname.dev.localと一致しますが、other.myname.dev.localとは一致しません!
  • 証明書ではマルチレベルのワイルドカード(*.*.dev.local)は使用できません。したがって、other.myname.dev.localは、*.myname.dev.localという形式のワイルドカードでのみカバーできます。結果として、第4レベルのドメイン部分を使用しないことが最善です。すべてのバリエーションを第3レベルの部分に入れます。この方法で、すべての開発サイトの単一の証明書を取得できます。

Edgeの問題

これは実際には自己署名証明書に関するものではありませんが、プロセス全体に関連しています。
上記の手順を実行した後、myname.dev.localを開くと、Edgeはanyコンテンツを表示しない場合があります。
理由は、「ネットワーク分離」と呼ばれるWindows 10 for Modern Appsのネットワーク管理の特徴的な機能です。

この問題を解決するには、管理者権限でコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを1回入力します。

CheckNetIsolation LoopbackExempt -a -n=Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe

エッジおよびネットワーク分離の詳細については、こちらをご覧ください: https://blogs.msdn.Microsoft.com/msgulfcommunity/2015/07/01/how-to-debug-localhost-on-Microsoft-Edge/

22
Jpsy

IIS 8でホストされているプロジェクトでSSLを有効にしたいときに、この同じ問題に遭遇しました。最後に使用したツールは、makecertコマンドと何日も闘った後の OpenSSL でした。証明書はDebianで生成されますが、IIS 7および8にシームレスにインポートできます。

OSと互換性のある OpenSSL および this 構成ファイルをダウンロードします。構成ファイルをOpenSSLのデフォルト構成として設定します。

まず、認証局(CA)の秘密鍵と証明書を生成します。この証明書は、証明書リクエスト(CSR)に署名するためのものです。

このプロセスで必要なすべてのフィールドに入力する必要があります。

  1. openssl req -new -x509 -days 3650 -extensions v3_ca -keyout root-cakey.pem -out root-cacert.pem -newkey rsa:4096

次のようなデフォルト設定で構成ファイルを作成できます。ここで、証明書リクエストを生成します。これは、認証局に送信されるファイルです。

public.organization.comのように、サイトのドメインに共通名を設定する必要があります。

  1. openssl req -new -nodes -out server-csr.pem -keyout server-key.pem -newkey rsa:4096

これで、証明書要求は生成されたCA証明書で署名されます。

  1. openssl x509 -req -days 365 -CA root-cacert.pem -CAkey root-cakey.pem -CAcreateserial -in server-csr.pem -out server-cert.pem

生成された証明書は、IISにインポートできる.pfxファイルにエクスポートする必要があります。

  1. openssl pkcs12 -export -out server-cert.pfx -inkey server-key.pem -in server-cert.pem -certfile root-cacert.pem -name "Self Signed Server Certificate"

この手順では、証明書CAをインポートします。

  1. サーバーでは、IISがインポートされる証明書を信頼できるため、CA証明書を信頼されたルート証明機関にインポートする必要があります。 IISにインポートされる証明書は、CAの証明書で署名されていることに注意してください。

    • コマンドプロンプトを開き、mmcと入力します。
    • Fileをクリックします。
    • [スナップインの追加と削除...]を選択します。
    • 証明書をダブルクリックします。
    • Computer AccountおよびNext->を選択します。
    • Local ComputerおよびFinishを選択します。
    • Ok
    • 証明書-> 信頼されたルート証明機関-> 証明書に移動し、証明書をクリックして、すべてのタスク-> インポートを選択します。 。

enter image description here

  • 次を選択-> 参照...
  • root-cacert.pemファイルの場所を参照するには、All Filesを選択する必要があります。
  • Nextをクリックして、を選択します。すべての証明書を次のストアに配置しますTrusted Root Certification Authorities
  • NextおよびFinishをクリックします。

enter image description here

この手順により、IISは証明書の信頼性を信頼します。

  1. 最後の手順では、証明書をIISにインポートし、バインドサイトを追加します。

    • インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーを開くか、コマンドプロンプトでinetmgrと入力して、サーバー証明書に移動します。
    • Import ...をクリックします。
    • .pfxファイルのパス、パスフレーズ、およびWeb Hostingの証明書ストアの選択を設定します。

enter image description here

  • OKをクリックします。
  • IIS Managerのサイトに移動し、Bindings ...およびAdd新しいバインディングを選択します。

  • バインディングのタイプとしてhttpsを選択すると、インポートされた証明書が表示されるはずです。

  • OKをクリックすると、すべて完了です。

enter image description here

15
Joseph

別のオプションは、Webサイトごとにドメイン名を指定できる自己署名証明書を作成することです。これは、多くのドメイン名で使用できることを意味します。

IIS Manager

  1. マシン名ノードをクリックします
  2. サーバー証明書を開く
  3. [アクション]パネルで、[自己署名証明書の作成]を選択します
  4. 「フレンドリ名を指定...」で* Devと名前を付けます(タイプリストから「個人」を選択します)
  5. 保存する

次に、IISのWebサイトで...

  1. バインディングを管理する
  2. Httpsの新しいバインディングを作成します
  3. リストから自己署名証明書を選択します
  4. 選択すると、ドメイン名ボックスが有効になり、ドメイン名を入力できるようになります。

enter image description here

2
testpattern

自己署名証明書を生成するもう1つの簡単な方法は、Jexus Managerを使用することです。

Jexus Manager

  1. [接続]パネルでサーバーノードを選択します。
  2. 中央のパネルで、[サーバー証明書]アイコンをクリックして、管理ページを開きます。
  3. [アクション]パネルで、[自己署名証明書の生成...]メニュー項目をクリックします。

https://www.jexusmanager.com/en/latest/tutorials/self-signed.html

0
Lex Li