webdevqa.jp.net

シミュレーターiOS 13でダークモードを使用する方法

IOSアプリを開発しているときに、ダークモードオプションを使用してシミュレーターでテストする必要があります。これにより、アプリのUIをより明確にすることができます。しかし、設定に移動すると、実際のデバイスとして表示されるダークモードのオプションが表示されません。

100

設定開発者までスクロールし、次に暗い外観…にスクロールします。

enter image description here

159
Ashley Mills

次のように、インターフェイスモード(つまり、ライト/ダーク)を切り替えたり、動的タイプの設定を(シミュレーターの実行中に)オンザフライで調整したりできます。

Dark mode with Xcode

51
Ash Cameron

または、プログラムで外観を切り替えることもできます( docs ):

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    #if DEBUG
    // change the appearance only while testing  
    overrideUserInterfaceStyle = .dark
    #endif
}
7
thisIsTheFoxe

外観の自動変更????

Xcode 11.4 ????

Appleは、このトピックに役立つものを含む強力なXcodeアップデートをリリースしました。外観をシミュレータで直接選択できるようになりました。 Features > Toggle Appearanceまたは⇧+⌘+ Aを選択するだけです。外観の自動切り替えが重要な場合があります。コマンドラインでの自動スクリーンショットテスト用。 Xcode 11.4を使用すると、スクリプトは次のように簡単になります。

device_ids=("C741F3CD-FDAC-49EA-A4DB-7F797B97291E" "428183B6-3EB8-4D36-9938-9D07C141BF49")

# The value to use is now just 'dark' or 'light'
appearance=dark

for device in "${device_ids[@]}"; do
  xcrun simctl boot $device
  xcrun simctl ui $device appearance $appearance
done

シミュレーターを殺したり再設定したりする必要はありません。また、plistツールをいじる必要はもうありません。使用するランタイムで使用可能なデバイスIDを使用する必要があることに注意してください。 xcrun simctl listを使用してそれらを見つけます。

私の完全なスクリプトも参照してください: https://github.com/Blackjacx/Scripts/blob/master/set-simulator-style.sh

Xcode 11.3

コマンドラインを使用して、シミュレータをライトモードとダークモードの間で切り替える方法があります。デバイスIDの配列がある場合は、次のことができます。

device_ids=("C741F3CD-FDAC-49EA-A4DB-7F797B97291E" "428183B6-3EB8-4D36-9938-9D07C141BF49")

# Determine the plist value for the desired style: "dark" -> 2 / "light" -> 1
style=2

for device_id in "${device_ids[@]}"; do
  plist_path="${HOME}/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/${device_id}/data/Library/Preferences/com.Apple.uikitservices.userInterfaceStyleMode.plist"  
  printf '\n%s' "Set style $style for device $device_id ($plist_path)"

  killall "Simulator"
  xcrun simctl shutdown booted
  xcrun simctl erase $device_id

  # Crate the plist since it might not be available after erase
  [[ ! -f "$plist_path" ]] && /usr/libexec/PlistBuddy -c "save" $plist_path  
  # Set the style mode
  plutil -replace UserInterfaceStyleMode -integer $style $plist_path
done

デバイスIDはマシンごとに異なるため、スクリプトでデバイス名を指定する場合は、次のbashコードを使用してそれらのIDを簡単に見つけることもできます。

device_names=("iPhone SE" "iPhone 8" "iPhone 11 Pro" "iPhone 11 Pro Max")
device_ids=()

for name in "${device_names[@]}"; do
  id=$(xcrun simctl list --json | jq ".devices | .[] | .[] | select(.name == \"$name\") | .udid" | cut -d\" -f2)
  device_ids+=("$id")
done

printf '%s\n' "${device_ids[@]}"
6
blackjacx

Simulatorでダークモードを有効にする方法は2つあります。注:iOS 13シミュレータを使用していることを確認してください。 X-D

ソリューション1:ビルド設定の変更

  1. 設定アプリを開く
  2. 開発者を選択
  3. 有効暗い外観

Screenshot-1

ソリューション2:プログラムで

このコードブロックをViewControllerファイルに追加するだけです。

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    #if DEBUG
    // This changes appearance only for debug mode
    overrideUserInterfaceStyle = .dark
    #endif
}

Screenshot-2

詳細はこちら Apple docs を確認してください。

1