webdevqa.jp.net

TestFlightはどのようにそれを行いますか?

TestFlightは、iOSアプリの無線によるベータ配信(ジェイルブレイクされていないデバイス上)を提供します。これをどのように行うことができますか?これはiOSの機能ですか、それとも脆弱性の悪用ですか?

197
hpique

これは、TestFlightがサービスを展開する前に可能でした。この手法は、エンタープライズ配布メカニズムから生まれました。 4.0以降のデバイスでは、Webからのインストールがサポートされています。

覚えておいてください-UDIDの選択セットのベータ版ディストリビューションに署名する必要があります。どのデバイスにでも自由にインストールすることはできません。彼らがしているのは、IPAから一歩踏み出した電子メールを取得することだけです。

見る:

更新:Test Flightは、開発中に使用した中で最も便利なツールの1つであると言いたいです。 IPAのメールを写真から取り去るのは控えめな表現でした。技術的なメカニズムを呼びかけようとしていました。彼らはベータプロセス全体を管理する素晴らしい仕事をしています。新しいデバイスを登録します。ユーザーへの通知など.

87
Nick

この記事では、Apples OTA実装がどのように機能し、企業外でも使用できることを示しました: ios wireless app distribution

完全なプロセスは Appleによって文書化されています です。 Appleも デバイスの登録 のドキュメントとサンプルコードを公開し、プロファイルを使用してUDIDを取得するため、Webサイトはどのデバイスが呼び出しているかを検出できます。

異なる強度を持ついくつかの追加ソリューション:

  • iOS Beta Builder 、ビルドを使用してWebサイトを作成するMacアプリケーション。結果のファイルをWebサーバーにアップロードするだけです。

  • Diawi :シンプルなWebサービス。 IPAファイルをアップロードし、オプションでパスワードを設定し、テスターに​​リンクを送信します。

  • AppSendr :ベータビルドホスティングのWebサービス。Testflightに似ていますが、デバイス登録プロセスは含まれていません。ただし、新しいバージョンを自動的にアップロードする展開ユーティリティを提供します。

  • HockeyKit :In-App-Updateのクライアント、自動デバイス固有のWebサイト、複数のアプリケーションの処理などの追加機能を備えた独自のPHP5サーバーでベータ版をホストするためのオープンソースプロジェクト。完全にファイルベースおよびディレクトリベース。

  • HockeyApp :ベータビルドホスティング、アプリ内アップデート、統計、およびデバイス登録、招待、募集を含むWebサービス。また、ベータ版およびアプリストアアプリ(iOS + Mac)のサーバー側クラッシュレポートの収集、シンボリック化(すべてのスレッド)、およびクラッシュグループ化も提供します。 SDKはオープンソースで、 HockeyKitQuincyKit および PLCrashReporter を使用します(これはiOSでクラッシュレポートの収集を行う唯一の安全なソリューションです。 この記事

注:私は HockeyKit および QuincyKit のメイン開発者であり、 HockeyApp の開発者の1人です。

91
Kerni

Testflightは基本的に、すでに述べたように通常のアドホックを使用します。

これを機能させるには、Ad Hocプロファイルにデバイスを追加し、新しいプロファイルでアプリを再コンパイルして新しいビルドを再配布するために、すべてのデバイスにUDIDが必要です。

OTA認証リクエストを使用して、UDIDを取得できます。これは、実際のプロファイルがデバイスにロールアウトされる前に、MDMで実行されるステップです。基本的には、デバイスにそれ自体の詳細情報を要求し、自己指定のサーバーに送り返します。

最初のステップはここに文書化されています: Apple OTA Configuration

Testflightは、登録プロセスの直後にUDID、電話名などを収集するためにこれを使用すると思います...

5

はい、これはOTAの配布を希望する企業顧客向けのiOSのコア機能です。

おそらく、アプリとともにUDIDをTestFlightに渡し、彼らはエンタープライズライセンスを使用してアプリを送信します。技術的な詳細の多くが欠落していると確信していますが、さらに知りたい場合は、AppleにWWDC 2010のビデオがあります。

Developer.Apple.comにログインし、 WWDC 2010ビデオ にアクセスして、リンクを使用してビデオを取得します。必要なビデオは「セッション108-モバイルデバイスの管理」です。 OTAで可能なことと、OTAプロビジョニングを実行するために必要な手順について、非常に参考になります。

4
Robotic Cat

ストックiOSデバイスは、「脆弱」です。 ランニング そのデバイスのUDIDを持っているデベロッパーからAd Hocアプリを読み込んで、Appleのデベロッパーポータルで許可されている100個のデバイスにそのUDIDを登録するユーザー。

OTAディストリビューションは、登録済みの開発者からAd Hocベータテストディストリビューションをインストールするもう1つの方法です。

0
hotpaw2