webdevqa.jp.net

libGDXのTrueTypeフォント

LibGDXでTTFフォントを使用する方法を知っている人はいますか? StbTrueTypeFontについて調べてみましたが、最新リリースには含まれていないようです。

編集:StbTrueTypeフォントを見つけました。jarファイルはextensionsディレクトリにあります。プロジェクトに追加しました。今、私はちょうどそれを使用する方法を理解する必要があります。例はありますか?

36

はい、あなたは間違いなくあなたがあなたの編集で述べたようにあなたのプロジェクトに_gdx-stb-truetype_ jarを追加する必要があります。使い方はかなり簡単です...

まず、BitmapFontと使用する文字を宣言する必要があります...

_BitmapFont font;
public static final String FONT_CHARACTERS = "abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789][_!$%#@|\\/?-+=()*&.;,{}\"´`'<>";
_

次に、フォントを作成する必要があります...

_font = TrueTypeFontFactory.createBitmapFont(Gdx.files.internal("font.ttf"), FONT_CHARACTERS, 12.5f, 7.5f, 1.0f, Gdx.graphics.getWidth(), Gdx.graphics.getHeight());
font.setColor(1f, 0f, 0f, 1f);
_

createBitmapFont()に渡す引数で遊ぶことができ、それらが何をするのかがわかります。

次に、フォントをレンダリングするために、通常どおりにそれを行います...

_batch.begin();
font.draw(font, "This is some text", 10, 10);
batch.end();
_
40
DRiFTy

Gdx-freetype拡張機能を使用します。

FreeTypeFontGenerator generator = new FreeTypeFontGenerator(fontFile);
BitmapFont font15 = generator.generateData(15);
BitmapFont font22 = generator.generateData(22);
generator.dispose();

「gdx-freetypeを使用するには、最新のナイトリーを入手して、リンクgdx-freetype.jarおよびgdx-freetype-natives.jarデスクトッププロジェクトにリンクgdx-freetype.jarをAndroidプロジェクトに追加し、armeabi/libgdx-freetype.soおよびarmeabi-v7a/libgdx-freetype.soファイルをAndroidプロジェクトのlibs/フォルダ、libgdx.soファイル。」

ソース: http://www.badlogicgames.com/wordpress/?p=23

27
TalkLittle

多くのことを研究し、この作業方法を見つけました:

FreeTypeFontGenerator generator = new FreeTypeFontGenerator(Gdx.files.internal("myfont.ttf"));
FreeTypeFontParameter parameter = new FreeTypeFontParameter();
parameter.size = 12; // font size
BitmapFont font12 = generator.generateFont(parameter);
generator.dispose(); // avoid memory leaks, important

上記の試行された回答に失敗した場合は、これを使用します libGDX Freetype Wiki 参照用。

7

これはS4クローン電話で動作しています。Pinewoodは、アセットフォルダーにあるダウンロードされたフォントです。以下のフォルダー構造を参照してください。

import Android.util.Log;

import com.badlogic.gdx.ApplicationListener;
import com.badlogic.gdx.Gdx;
import com.badlogic.gdx.files.FileHandle;
import com.badlogic.gdx.graphics.GL10;
import com.badlogic.gdx.graphics.Texture;
import com.badlogic.gdx.graphics.g2d.BitmapFont;
import com.badlogic.gdx.graphics.g2d.SpriteBatch;
import com.badlogic.gdx.graphics.g2d.freetype.FreeTypeFontGenerator;

public class Game implements ApplicationListener {
    private SpriteBatch mSpriteBatch;
    private Texture textureBackground;
    private BitmapFont mBitmapFont;

    public void create() {

        Gdx.graphics.setContinuousRendering(false);
        Gdx.graphics.requestRendering();

        mSpriteBatch = new SpriteBatch();

        Texture.setEnforcePotImages(false);
        textureBackground = new Texture(Gdx.files.internal("background.jpg"));

        FileHandle fontFile = Gdx.files.internal("Pinewood.ttf");
        FreeTypeFontGenerator generator = new FreeTypeFontGenerator(fontFile);

        mBitmapFont = generator.generateFont(150);
        generator.dispose();

        mBitmapFont.setColor(0.9f, 0.5f, 0.5f, 1); 
        Log.e("Game", "mBitmapFont.getScaleX() : "+mBitmapFont.getScaleX() + ", mBitmapFont.getScaleY() "+mBitmapFont.getScaleY());

    }

    public void render() {
        Log.e("Game", "render()");

        Gdx.gl.glClear(GL10.GL_COLOR_BUFFER_BIT); // This cryptic line clears the screen.
        mSpriteBatch.begin();
        // Drawing goes here!
        mSpriteBatch.draw(textureBackground, 0, 0);
        mBitmapFont.draw(mSpriteBatch, "FPS:"+Gdx.graphics.getFramesPerSecond(), 110, 260);
        mSpriteBatch.end();     
    }

    public void resize(int width, int height) {
    }

    public void pause() {
    }

    public void resume() {
    }

    public void dispose() {
    }

}

enter image description here

3
user529543

freeTypeFontライブラリを使用する必要があります。 github

1.githubページが言うように、gradleを使用するプロジェクトの場合、この依存関係を追加します:

コアの依存関係:

compile "com.badlogicgames.gdx:gdx-freetype:$gdxVersion"

デスクトップの依存関係:

compile "com.badlogicgames.gdx:gdx-freetype-platform:$gdxVersion:natives-desktop"

Androidの依存関係:

compile "com.badlogicgames.gdx:gdx-freetype:$gdxVersion"
natives "com.badlogicgames.gdx:gdx-freetype-platform:$gdxVersion:natives-armeabi"
natives "com.badlogicgames.gdx:gdx-freetype-platform:$gdxVersion:natives-armeabi-v7a"
natives "com.badlogicgames.gdx:gdx-freetype-platform:$gdxVersion:natives-arm64-v8a"
natives "com.badlogicgames.gdx:gdx-freetype-platform:$gdxVersion:natives-x86"
natives "com.badlogicgames.gdx:gdx-freetype-platform:$gdxVersion:natives-x86_64"

詳細とプラットフォームについては、 this ページを参照してください

gradleを使用しない場合は、 this を参照してください

2。プロジェクトにライブラリを追加した後、次のように使用できます:

FreeTypeFontGenerator generator = new FreeTypeFontGenerator(Gdx.files.internal("myfont.ttf"));
FreeTypeFontParameter parameter = new FreeTypeFontParameter();
parameter.size = 12;
BitmapFont font12 = generator.generateFont(parameter); // font size 12 pixels
generator.dispose(); // don't forget to dispose to avoid memory leaks!

コアアセットフォルダーにmyfont.ttfを配置します

0
codegames