webdevqa.jp.net

オートコンプリートプラグインの結果をカスタムフォーマットするにはどうすればよいですか?

jQuery UI Autocompleteプラグイン を使用しています。ドロップダウン結果で検索文字シーケンスを強調表示する方法はありますか?

たとえば、データとして「foo bar」があり、「foo」と入力すると、ドロップダウンに「foobar」が表示されます。このような:

“Breakfast” appears after “Bre” is typed with “Bre” having a bold type and “akfast” having a light one.

167
dev.e.loper

Autocomplete with live suggestion

はい、モンキーパッチオートコンプリートを使用できます。

JQuery UIのv1.8rc3に含まれるオートコンプリートウィジェットでは、オートコンプリートウィジェットの_renderMenu関数で提案のポップアップが作成されます。この関数は次のように定義されます:

_renderMenu: function( ul, items ) {
    var self = this;
    $.each( items, function( index, item ) {
        self._renderItem( ul, item );
    });
},

_renderItem関数は次のように定義されます。

_renderItem: function( ul, item) {
    return $( "<li></li>" )
        .data( "item.autocomplete", item )
        .append( "<a>" + item.label + "</a>" )
        .appendTo( ul );
},

そのため、必要なのは、_renderItem fnを、希望する効果を生み出す独自の作成に置き換えることです。ライブラリ内の内部関数を再定義するこの手法は、 monkey-patching と呼ばれるようになりました。以下がその方法です。

  function monkeyPatchAutocomplete() {

      // don't really need this, but in case I did, I could store it and chain
      var oldFn = $.ui.autocomplete.prototype._renderItem;

      $.ui.autocomplete.prototype._renderItem = function( ul, item) {
          var re = new RegExp("^" + this.term) ;
          var t = item.label.replace(re,"<span style='font-weight:bold;color:Blue;'>" + 
                  this.term + 
                  "</span>");
          return $( "<li></li>" )
              .data( "item.autocomplete", item )
              .append( "<a>" + t + "</a>" )
              .appendTo( ul );
      };
  }

$(document).ready(...)でその関数を1回呼び出します。

今、これはハックです。なぜなら:

  • リストに表示されるすべてのアイテムに対して作成されたregexp objがあります。その正規表現オブジェクトは、すべてのアイテムで再利用されるべきです。

  • 完成したパーツのフォーマットに使用されるcssクラスはありません。インラインスタイルです。
    これは、同じページに複数のオートコンプリートがある場合、すべて同じ処理が行われることを意味します。 CSSスタイルがそれを解決します。

...しかし、それは主なテクニックを示しており、あなたの基本的な要件には機能します。

alt text

更新された作業例: http://output.jsbin.com/qixaxinuhe


入力した文字の大文字小文字を使用するのではなく、一致文字列の大文字小文字を保持するには、次の行を使用します。

var t = item.label.replace(re,"<span style='font-weight:bold;color:Blue;'>" + 
          "$&" + 
          "</span>");

つまり、上記の元のコードから始めて、this.term"$&"に置き換えるだけです。


編集
上記の変更は、ページ上のすべての自動補完ウィジェットです。 1つだけを変更する場合は、次の質問を参照してください。
ページにオートコンプリートのインスタンスを1つだけパッチする方法

231
Cheeso

これも機能します:

       $.ui.autocomplete.prototype._renderItem = function (ul, item) {
            item.label = item.label.replace(new RegExp("(?![^&;]+;)(?!<[^<>]*)(" + $.ui.autocomplete.escapeRegex(this.term) + ")(?![^<>]*>)(?![^&;]+;)", "gi"), "<strong>$1</strong>");
            return $("<li></li>")
                    .data("item.autocomplete", item)
                    .append("<a>" + item.label + "</a>")
                    .appendTo(ul);
        };

@JörnZaeffererと@Cheesoの応答の組み合わせ。

65
Raj

とても助かりました。ありがとうございました。 +1。

「文字列は用語で始まる必要があります」でソートするライトバージョンを次に示します。

function hackAutocomplete(){

    $.extend($.ui.autocomplete, {
        filter: function(array, term){
            var matcher = new RegExp("^" + term, "i");

            return $.grep(array, function(value){
                return matcher.test(value.label || value.value || value);
            });
        }
    });
}

hackAutocomplete();
8
orolo

機能的な完全な例:

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Autocomplete - jQuery</title>
<link rel="stylesheet" href="http://code.jquery.com/ui/1.10.2/themes/smoothness/jquery-ui.css">
</head>
<body>
<form id="form1" name="form1" method="post" action="">
  <label for="search"></label>
  <input type="text" name="search" id="search" />
</form>

<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.9.1.js"></script>
<script src="http://code.jquery.com/ui/1.10.2/jquery-ui.js"></script>
<script>
$(function(){

$.ui.autocomplete.prototype._renderItem = function (ul, item) {
    item.label = item.label.replace(new RegExp("(?![^&;]+;)(?!<[^<>]*)(" + $.ui.autocomplete.escapeRegex(this.term) + ")(?![^<>]*>)(?![^&;]+;)", "gi"), "<strong>$1</strong>");
    return $("<li></li>")
            .data("item.autocomplete", item)
            .append("<a>" + item.label + "</a>")
            .appendTo(ul);
};


var availableTags = [
    "JavaScript",
    "ActionScript",
    "C++",
    "Delphi",
    "Cobol",
    "Java",
    "Ruby",
    "Python",
    "Perl",
    "Groove",
    "LISP",
    "Pascal",
    "Assembly",
    "Cliper",
];

$('#search').autocomplete({
    source: availableTags,
    minLength: 3
});


});
</script>
</body>
</html>

お役に立てれば

6
Fabio Nolasco

jQueryUI 1.9.0は​​、_renderItemの動作を変更します。

以下のコードは、この変更を考慮に入れ、JörnZaeffererのjQuery Autocompleteプラグインを使用してハイライトマッチングをどのように行っていたかを示しています。検索語全体の個々の用語がすべて強調表示されます。

KnockoutとjqAutoの使用に移行して以来、結果をスタイリングするこれがはるかに簡単な方法であることがわかりました。

function monkeyPatchAutocomplete() {
   $.ui.autocomplete.prototype._renderItem = function (ul, item) {

      // Escape any regex syntax inside this.term
      var cleanTerm = this.term.replace(/[-\/\\^$*+?.()|[\]{}]/g, '\\$&');

      // Build pipe separated string of terms to highlight
      var keywords = $.trim(cleanTerm).replace('  ', ' ').split(' ').join('|');

      // Get the new label text to use with matched terms wrapped
      // in a span tag with a class to do the highlighting
      var re = new RegExp("(" + keywords + ")", "gi");
      var output = item.label.replace(re,  
         '<span class="ui-menu-item-highlight">$1</span>');

      return $("<li>")
         .append($("<a>").html(output))
         .appendTo(ul);
   };
};

$(function () {
   monkeyPatchAutocomplete();
});
6
79IT

Ted de Koningのソリューションの再ハッシュです。以下が含まれます。

  • 大文字と小文字を区別しない検索
  • 検索された文字列の多くの出現を見つける
$.ui.autocomplete.prototype._renderItem = function (ul, item) {

    var sNeedle     = item.label;
    var iTermLength = this.term.length; 
    var tStrPos     = new Array();      //Positions of this.term in string
    var iPointer    = 0;
    var sOutput     = '';

    //Change style here
    var sPrefix     = '<strong style="color:#3399FF">';
    var sSuffix     = '</strong>';

    //Find all occurences positions
    tTemp = item.label.toLowerCase().split(this.term.toLowerCase());
    var CharCount = 0;
    tTemp[-1] = '';
    for(i=0;i<tTemp.length;i++){
        CharCount += tTemp[i-1].length;
        tStrPos[i] = CharCount + (i * iTermLength) + tTemp[i].length
    }

    //Apply style
    i=0;
    if(tStrPos.length > 0){
        while(iPointer < sNeedle.length){
            if(i<=tStrPos.length){
                //Needle
                if(iPointer == tStrPos[i]){
                    sOutput += sPrefix + sNeedle.substring(iPointer, iPointer + iTermLength) + sSuffix;
                    iPointer += iTermLength;
                    i++;
                }
                else{
                    sOutput += sNeedle.substring(iPointer, tStrPos[i]);
                    iPointer = tStrPos[i];
                }
            }
        }
    }


    return $("<li></li>")
        .data("item.autocomplete", item)
        .append("<a>" + sOutput + "</a>")
        .appendTo(ul);
};
3
Pierre

さらに簡単な方法については、これを試してください:

$('ul: li: a[class=ui-corner-all]').each (function (){      
 //grab each text value 
 var text1 = $(this).text();     
 //grab user input from the search box
 var val = $('#s').val()
     //convert 
 re = new RegExp(val, "ig") 
 //match with the converted value
 matchNew = text1.match(re);
 //Find the reg expression, replace it with blue coloring/
 text = text1.replace(matchNew, ("<span style='font-weight:bold;color:green;'>")  + matchNew +    ("</span>"));

    $(this).html(text)
});
  }
3
Aaron

これは、正規表現を必要とせず、ラベル内の複数の結果に一致するバージョンです。

$.ui.autocomplete.prototype._renderItem = function (ul, item) {
            var highlighted = item.label.split(this.term).join('<strong>' + this.term +  '</strong>');
            return $("<li></li>")
                .data("item.autocomplete", item)
                .append("<a>" + highlighted + "</a>")
                .appendTo(ul);
};
2
Ted de Koning

コンボボックスのデモをご覧ください。結果の強調表示が含まれています。 http://jqueryui.com/demos/autocomplete/#combobox

そこで使用されている正規表現は、htmlの結果も扱います。

1
Jörn Zaefferer

これが私のバージョンです:

  • RegExの代わりにDOM関数を使用して文字列を分割/スパンタグを挿入
  • 指定されたオートコンプリートのみが影響を受け、すべてではありません
  • UIバージョン1.9.xで動作します
function highlightText(text, $node) {
    var searchText = $.trim(text).toLowerCase(),
        currentNode = $node.get(0).firstChild,
        matchIndex,
        newTextNode,
        newSpanNode;
    while ((matchIndex = currentNode.data.toLowerCase().indexOf(searchText)) >= 0) {
        newTextNode = currentNode.splitText(matchIndex);
        currentNode = newTextNode.splitText(searchText.length);
        newSpanNode = document.createElement("span");
        newSpanNode.className = "highlight";
        currentNode.parentNode.insertBefore(newSpanNode, currentNode);
        newSpanNode.appendChild(newTextNode);
    }
}
$("#autocomplete").autocomplete({
    source: data
}).data("ui-autocomplete")._renderItem = function (ul, item) {
    var $a = $("<a></a>").text(item.label);
    highlightText(this.term, $a);
    return $("<li></li>").append($a).appendTo(ul);
};

強調表示されたテキストの例

1
Salman A

次のコードを使用できます。

lib:

$.widget("custom.highlightedautocomplete", $.ui.autocomplete, {
    _renderItem: function (ul, item) {
        var $li = $.ui.autocomplete.prototype._renderItem.call(this,ul,item);
        //any manipulation with li
        return $li;
    }
});

およびロジック:

$('selector').highlightedautocomplete({...});

元のプラグインプロトタイプの_renderItemを上書きせずに_renderItemをオーバーライドできるカスタムウィジェットを作成します。

私の例では、コードを簡素化するために元のレンダリング関数も使用しました

オートコンプリートのさまざまなビューを持つさまざまな場所でプラグインを使用し、コードを壊したくない場合は重要です。

1
E.Monogarov

複数の値をサポートするには、次の関数を追加するだけです。

function getLastTerm( term ) {
  return split( term ).pop();
}

var t = String(item.value).replace(new RegExp(getLastTerm(this.term), "gi"), "<span class='ui-state-highlight'>$&</span>");
0
ZaieN

代わりにサードパーティのプラグインを使用する場合、ハイライトオプションがあります: http://docs.jquery.com/Plugins/Autocomplete/autocomplete#url_or_dataoptions

([オプション]タブを参照)

0
Brian Luft