webdevqa.jp.net

スクリプトタグのtype属性のjavascript MIMEタイプは何ですか?

[〜#〜] mime [〜#〜] javascriptのタイプは何ですか?

より具体的には、スクリプトタグの「type」属性に適切なものは何ですか? application/x-javascriptおよびtext/javascriptが主な候補です。

107
defrex

これはよくある間違いです。 javascriptのMIMEタイプは長年にわたって標準化されていませんでした。現在は 公式 : "application/javascript"です。

実際のキッカーは、少なくともスクリプトタグの場合を除き、ほとんどのブラウザーがその属性を使用しないことです。彼らは実際にパケット内を覗き込み、自分自身のタイプを決定します。

結論として、type = "text/javascript"はjavascriptに関する限り何もしませんが、両方の仕様の一部ですHTML 4およびXHTML 1.0

134
keparo

これは、このトピックで私が見つけた最初のページであり、それについて何らかの意味があります。

私の共同研究は以下を示唆しています:

  1. text/javascript検証したい場合、Keparoが述べたように、html4およびxhtml1で使用する必要があります。ブラウザはそれを無視しますが。
  2. application/javascriptは、全員が同意し、すべてが追いついた場合に、新しい公式のMIMEタイプになると予想されます。
  3. application/x-javascript(xは非公式を意味する)は、javascriptの現在のサーバー側MIMEリファレンスです。
  4. 誰もがいつものように、Microsoftが完全に別のことをして、さらに混乱させて問題を詰めることを決定することを期待しています。

概要:とりあえず、html/xhtmlをMSIEで動作させ、W3Cで検証したい場合は、type="text/javascript"。 JavaScriptを意味していることをWebサーバーに知らせたい場合は、application/x-javascript

21
ekerner

text/javascript

IEはapplication/x-javascriptを受け入れません

スクリプト言語の指定

4

スクリプトタグでは、text/javascriptを使用します。とにかく、これはHTML 4.0仕様に記載されています。

http://www.w3.org/TR/REC-html40/interact/scripts.html

[編集]面白い方法 [〜#〜] rfc [〜#〜] application/javascriptで標準化されたものは2年ですが、text/javascriptの方がまだ一般的です。これは、標準に対するカスタム勝利のさらに別の事例ですか? HTML5 にも表示されます。

2
tvanfosson

Javascript MIMEタイプを定義する公式のRFCは RFC4329 です。

     
7。 JavaScriptメディアタイプ
 
 7.1。 text/javascript(廃止)
 
タイプ名:text 
サブタイプ名:javascript 
必須パラメーター:なし
オプションのパラメーター:文字セット、セクションを参照4.1。
エンコードに関する考慮事項:
 [RFC3023]のセクション3.1の考慮事項と同じ。
 
セキュリティに関する考慮事項:セクション5 
を参照してください。相互運用性の考慮事項:
なし。ただし、このドキュメントの他のセクションに記載されている場合を除きます。
 
公開仕様:[JS15] 
このメディアタイプを使用するアプリケーション:
このドキュメントで説明されているスクリプトインタープリター。
 
追加情報:
 
マジックナンバー:n/a 
ファイル拡張子(s):.js 
 Macintoshファイルタイプコード:TEXT 
 
詳細については、連絡先の個人とメールアドレス:
作成者のアドレスセクションを参照してください。 
 
インテンデd使用法:OBSOLETE 
使用法の制限:n/a 
 Author:Author's Addressセクションを参照してください。
コントローラーの変更:IESG。
 
 7.2 。 application/javascript 
 
タイプ名:application 
サブタイプ名:javascript 
必須パラメーター:なし
オプションのパラメーター:文字セット、セクション4.1を参照してください。
エンコードに関する考慮事項:
 [RFC3023]のセクション3.2の考慮事項と同じ。
 
セキュリティに関する考慮事項:セクション5を参照してください。
相互運用性に関する考慮事項: 
なし。ただし、このドキュメントの他のセクションに記載されている場合を除きます。
 
公開された仕様:[JS15] 
このメディアタイプを使用するアプリケーション:
このドキュメントで説明されているスクリプトインタープリター。
 
追加情報:
 
マジックナンバー:n/a 
ファイル拡張子:.js 
 Macintoshファイルタイプコード:TEXT 
 
詳細については、連絡先の個人とメールアドレス:
作成者のアドレスセクションを参照してください。
 
 Inte使用法:COMMON 
使用制限:該当なし
作成者:作成者のアドレスセクションを参照してください。
コントローラーの変更:IESG。
1
cweiske