webdevqa.jp.net

ReactJS:双方向の無限スクロールのモデリング

このアプリケーションは、無限スクロールを使用して、異種のアイテムの大きなリストをナビゲートします。いくつかのしわがあります:

  • ユーザーには10,000個のアイテムのリストがあり、3k +をスクロールする必要があるのが一般的です。
  • これらは豊富なアイテムであるため、ブラウザのパフォーマンスが受け入れられなくなるまで、DOMには数百個しか存在できません。
  • アイテムの高さはさまざまです。
  • アイテムには画像が含まれている場合があり、ユーザーは特定の日付にジャンプできます。ユーザーはビューポートの上に画像をロードする必要があるリスト内のポイントにジャンプできるため、ロード時にコンテンツがプッシュダウンされるため、これはトリッキーです。それを処理しないと、ユーザーはある日付にジャンプしても、それより前の日付に移動する可能性があります。

既知の不完全なソリューション:

  • react-infinite-scroll )-これは単なる「最下部に達したときにさらにロードする」コンポーネントです。 DOMをカリングしないため、何千ものアイテムで死にます。

  • Reactでのスクロール位置 )-上部に挿入するときのスクロール位置を保存および復元する方法を示しますor下部に挿入しますが、両方を同時に挿入することはできません。

完全なソリューションのコードを探しているわけではありません(それは素晴らしいことですが)。代わりに、この状況をモデル化するための「React way」を探しています。スクロール位置の状態ですか?リスト内で自分の位置を保持するには、どの状態を追跡する必要がありますか?レンダリング対象の下部または上部近くをスクロールしたときに新しいレンダリングをトリガーするには、どの状態を維持する必要がありますか?

113
noah

これは、無限のテーブルと無限のスクロールシナリオを組み合わせたものです。このために見つけた最高の抽象化は次のとおりです。

概要

作る <List>allの子の配列を取るコンポーネント。それらをレンダリングしないので、それらを単に割り当てて破棄するのは本当に安いです。 10kの割り当てが大きすぎる場合は、代わりに範囲を取り、要素を返す関数を渡すことができます。

<List>
  {thousandelements.map(function() { return <Element /> })}
</List>

Listコンポーネントは、スクロール位置が何であるかを追跡し、表示されている子のみをレンダリングします。レンダリングされない前のアイテムを偽造するために、最初に大きな空のdivを追加します。

ここで興味深いのは、Elementコンポーネントがレンダリングされたら、その高さを測定してListに保存することです。これにより、スペーサーの高さを計算し、表示する要素の数を知ることができます。

画像

あなたは、画像が読み込まれているとき、それらがすべて「ジャンプ」することを言っています。これに対する解決策は、imgタグで画像のサイズを設定することです:<img src="..." width="100" height="58" />。この方法では、ブラウザはダウンロードするのを待たずに、表示されるサイズを知ることができます。これにはインフラストラクチャが必要ですが、本当に価値があります。

サイズが事前にわからない場合は、onloadリスナーを画像に追加し、画像が読み込まれたら、表示された寸法を測定し、保存されている行の高さを更新してスクロール位置を補正します。

ランダムな要素でジャンプする

リスト内のランダムな要素にジャンプする必要がある場合は、その間の要素のサイズがわからないため、スクロール位置を使用したトリックが必要になります。推奨することは、既に計算した要素の高さを平均し、最後の既知の高さ+(要素の数*平均)のスクロール位置にジャンプすることです。

これは正確ではないため、最後の既知の良好な位置に戻ると問題が発生します。競合が発生した場合は、スクロール位置を変更して修正します。これはスクロールバーを少し動かしますが、彼/彼女にあまり影響しないはずです。

React Specifics

すべてのレンダリングされた要素に key を提供して、レンダリング全体で維持されるようにします。 2つの戦略があります。(1)n個のキー(0、1、2、... n)のみがあります。nは、nを法として表示および使用できる要素の最大数です。 (2)要素ごとに異なるキーを持ちます。すべての要素が同様の構造を共有している場合、DOMノードを再利用するために(1)を使用することをお勧めします。使用しない場合は(2)を使用します。

React state:最初の要素のインデックスと表示されている要素の数。)の2つの部分のみがあります。現在のスクロール位置とすべての要素の高さはthisに直接関連付けられます。 。setStateを使用する場合、実際には範囲が変更されたときにのみ発生する再レンダリングを実行しています。

これは、この回答で説明するいくつかの手法を使用した無限リストの です。それはいくつかの仕事になるでしょうが、Reactは間違いなく無限リストを実装するための良い方法です:)

113
Vjeux

http://adazzle.github.io/react-data-grid/index.html# をご覧ください。これは、Excelのような機能と遅延読み込み/最適化されたレンダリングを備えた強力でパフォーマンスの高いデータグリッドのように見えます。 (数百万行)豊富な編集機能(MITライセンス)。私たちのプロジェクトではまだ試されていませんが、すぐにそうなります。

これらのようなものを検索するための優れたリソースも http://react.rocks/ です。この場合、タグ検索が役立ちます。 http://react.rocks/tag/ InfiniteScroll

2
Gregor

私は、アイテムの高さが異なる単一方向の無限スクロールをモデリングするための同様の課題に直面していたので、ソリューションからnpmパッケージを作成しました:

https://www.npmjs.com/package/react-variable-height-infinite-scroller

およびデモ: http://tnrich.github.io/react-variable-height-infinite-scroller/

ロジックのソースコードを確認できますが、基本的には上記の回答で説明したレシピ@Vjeuxに従いました。特定の項目へのジャンプにはまだ取り組んでいませんが、すぐに実装したいと思っています。

以下は、コードが現在どのように見えるかという核心です。

var React = require('react');
var areNonNegativeIntegers = require('validate.io-nonnegative-integer-array');

var InfiniteScoller = React.createClass({
  propTypes: {
    averageElementHeight: React.PropTypes.number.isRequired,
    containerHeight: React.PropTypes.number.isRequired,
    preloadRowStart: React.PropTypes.number.isRequired,
    renderRow: React.PropTypes.func.isRequired,
    rowData: React.PropTypes.array.isRequired,
  },

  onEditorScroll: function(event) {
    var infiniteContainer = event.currentTarget;
    var visibleRowsContainer = React.findDOMNode(this.refs.visibleRowsContainer);
    var currentAverageElementHeight = (visibleRowsContainer.getBoundingClientRect().height / this.state.visibleRows.length);
    this.oldRowStart = this.rowStart;
    var newRowStart;
    var distanceFromTopOfVisibleRows = infiniteContainer.getBoundingClientRect().top - visibleRowsContainer.getBoundingClientRect().top;
    var distanceFromBottomOfVisibleRows = visibleRowsContainer.getBoundingClientRect().bottom - infiniteContainer.getBoundingClientRect().bottom;
    var rowsToAdd;
    if (distanceFromTopOfVisibleRows < 0) {
      if (this.rowStart > 0) {
        rowsToAdd = Math.ceil(-1 * distanceFromTopOfVisibleRows / currentAverageElementHeight);
        newRowStart = this.rowStart - rowsToAdd;

        if (newRowStart < 0) {
          newRowStart = 0;
        } 

        this.prepareVisibleRows(newRowStart, this.state.visibleRows.length);
      }
    } else if (distanceFromBottomOfVisibleRows < 0) {
      //scrolling down, so add a row below
      var rowsToGiveOnBottom = this.props.rowData.length - 1 - this.rowEnd;
      if (rowsToGiveOnBottom > 0) {
        rowsToAdd = Math.ceil(-1 * distanceFromBottomOfVisibleRows / currentAverageElementHeight);
        newRowStart = this.rowStart + rowsToAdd;

        if (newRowStart + this.state.visibleRows.length >= this.props.rowData.length) {
          //the new row start is too high, so we instead just append the max rowsToGiveOnBottom to our current preloadRowStart
          newRowStart = this.rowStart + rowsToGiveOnBottom;
        }
        this.prepareVisibleRows(newRowStart, this.state.visibleRows.length);
      }
    } else {
      //we haven't scrolled enough, so do nothing
    }
    this.updateTriggeredByScroll = true;
    //set the averageElementHeight to the currentAverageElementHeight
    // setAverageRowHeight(currentAverageElementHeight);
  },

  componentWillReceiveProps: function(nextProps) {
    var rowStart = this.rowStart;
    var newNumberOfRowsToDisplay = this.state.visibleRows.length;
    this.props.rowData = nextProps.rowData;
    this.prepareVisibleRows(rowStart, newNumberOfRowsToDisplay);
  },

  componentWillUpdate: function() {
    var visibleRowsContainer = React.findDOMNode(this.refs.visibleRowsContainer);
    this.soonToBeRemovedRowElementHeights = 0;
    this.numberOfRowsAddedToTop = 0;
    if (this.updateTriggeredByScroll === true) {
      this.updateTriggeredByScroll = false;
      var rowStartDifference = this.oldRowStart - this.rowStart;
      if (rowStartDifference < 0) {
        // scrolling down
        for (var i = 0; i < -rowStartDifference; i++) {
          var soonToBeRemovedRowElement = visibleRowsContainer.children[i];
          if (soonToBeRemovedRowElement) {
            var height = soonToBeRemovedRowElement.getBoundingClientRect().height;
            this.soonToBeRemovedRowElementHeights += this.props.averageElementHeight - height;
            // this.soonToBeRemovedRowElementHeights.Push(soonToBeRemovedRowElement.getBoundingClientRect().height);
          }
        }
      } else if (rowStartDifference > 0) {
        this.numberOfRowsAddedToTop = rowStartDifference;
      }
    }
  },

  componentDidUpdate: function() {
    //strategy: as we scroll, we're losing or gaining rows from the top and replacing them with rows of the "averageRowHeight"
    //thus we need to adjust the scrollTop positioning of the infinite container so that the UI doesn't jump as we 
    //make the replacements
    var infiniteContainer = React.findDOMNode(this.refs.infiniteContainer);
    var visibleRowsContainer = React.findDOMNode(this.refs.visibleRowsContainer);
    var self = this;
    if (this.soonToBeRemovedRowElementHeights) {
      infiniteContainer.scrollTop = infiniteContainer.scrollTop + this.soonToBeRemovedRowElementHeights;
    }
    if (this.numberOfRowsAddedToTop) {
      //we're adding rows to the top, so we're going from 100's to random heights, so we'll calculate the differenece
      //and adjust the infiniteContainer.scrollTop by it
      var adjustmentScroll = 0;

      for (var i = 0; i < this.numberOfRowsAddedToTop; i++) {
        var justAddedElement = visibleRowsContainer.children[i];
        if (justAddedElement) {
          adjustmentScroll += this.props.averageElementHeight - justAddedElement.getBoundingClientRect().height;
          var height = justAddedElement.getBoundingClientRect().height;
        }
      }
      infiniteContainer.scrollTop = infiniteContainer.scrollTop - adjustmentScroll;
    }

    var visibleRowsContainer = React.findDOMNode(this.refs.visibleRowsContainer);
    if (!visibleRowsContainer.childNodes[0]) {
      if (this.props.rowData.length) {
        //we've probably made it here because a bunch of rows have been removed all at once
        //and the visible rows isn't mapping to the row data, so we need to shift the visible rows
        var numberOfRowsToDisplay = this.numberOfRowsToDisplay || 4;
        var newRowStart = this.props.rowData.length - numberOfRowsToDisplay;
        if (!areNonNegativeIntegers([newRowStart])) {
          newRowStart = 0;
        }
        this.prepareVisibleRows(newRowStart , numberOfRowsToDisplay);
        return; //return early because we need to recompute the visible rows
      } else {
        throw new Error('no visible rows!!');
      }
    }
    var adjustInfiniteContainerByThisAmount;

    //check if the visible rows fill up the viewport
    //tnrtodo: maybe put logic in here to reshrink the number of rows to display... maybe...
    if (visibleRowsContainer.getBoundingClientRect().height / 2 <= this.props.containerHeight) {
      //visible rows don't yet fill up the viewport, so we need to add rows
      if (this.rowStart + this.state.visibleRows.length < this.props.rowData.length) {
        //load another row to the bottom
        this.prepareVisibleRows(this.rowStart, this.state.visibleRows.length + 1);
      } else {
        //there aren't more rows that we can load at the bottom so we load more at the top
        if (this.rowStart - 1 > 0) {
          this.prepareVisibleRows(this.rowStart - 1, this.state.visibleRows.length + 1); //don't want to just shift view
        } else if (this.state.visibleRows.length < this.props.rowData.length) {
          this.prepareVisibleRows(0, this.state.visibleRows.length + 1);
        }
      }
    } else if (visibleRowsContainer.getBoundingClientRect().top > infiniteContainer.getBoundingClientRect().top) {
      //scroll to align the tops of the boxes
      adjustInfiniteContainerByThisAmount = visibleRowsContainer.getBoundingClientRect().top - infiniteContainer.getBoundingClientRect().top;
      //   this.adjustmentScroll = true;
      infiniteContainer.scrollTop = infiniteContainer.scrollTop + adjustInfiniteContainerByThisAmount;
    } else if (visibleRowsContainer.getBoundingClientRect().bottom < infiniteContainer.getBoundingClientRect().bottom) {
      //scroll to align the bottoms of the boxes
      adjustInfiniteContainerByThisAmount = visibleRowsContainer.getBoundingClientRect().bottom - infiniteContainer.getBoundingClientRect().bottom;
      //   this.adjustmentScroll = true;
      infiniteContainer.scrollTop = infiniteContainer.scrollTop + adjustInfiniteContainerByThisAmount;
    }
  },

  componentWillMount: function(argument) {
    //this is the only place where we use preloadRowStart
    var newRowStart = 0;
    if (this.props.preloadRowStart < this.props.rowData.length) {
      newRowStart = this.props.preloadRowStart;
    }
    this.prepareVisibleRows(newRowStart, 4);
  },

  componentDidMount: function(argument) {
    //call componentDidUpdate so that the scroll position will be adjusted properly
    //(we may load a random row in the middle of the sequence and not have the infinte container scrolled properly initially, so we scroll to the show the rowContainer)
    this.componentDidUpdate();
  },

  prepareVisibleRows: function(rowStart, newNumberOfRowsToDisplay) { //note, rowEnd is optional
    //setting this property here, but we should try not to use it if possible, it is better to use
    //this.state.visibleRowData.length
    this.numberOfRowsToDisplay = newNumberOfRowsToDisplay;
    var rowData = this.props.rowData;
    if (rowStart + newNumberOfRowsToDisplay > this.props.rowData.length) {
      this.rowEnd = rowData.length - 1;
    } else {
      this.rowEnd = rowStart + newNumberOfRowsToDisplay - 1;
    }
    // var visibleRows = this.state.visibleRowsDataData.slice(rowStart, this.rowEnd + 1);
    // rowData.slice(rowStart, this.rowEnd + 1);
    // setPreloadRowStart(rowStart);
    this.rowStart = rowStart;
    if (!areNonNegativeIntegers([this.rowStart, this.rowEnd])) {
      var e = new Error('Error: row start or end invalid!');
      console.warn('e.trace', e.trace);
      throw e;
    }
    var newVisibleRows = rowData.slice(this.rowStart, this.rowEnd + 1);
    this.setState({
      visibleRows: newVisibleRows
    });
  },
  getVisibleRowsContainerDomNode: function() {
    return this.refs.visibleRowsContainer.getDOMNode();
  },


  render: function() {
    var self = this;
    var rowItems = this.state.visibleRows.map(function(row) {
      return self.props.renderRow(row);
    });

    var rowHeight = this.currentAverageElementHeight ? this.currentAverageElementHeight : this.props.averageElementHeight;
    this.topSpacerHeight = this.rowStart * rowHeight;
    this.bottomSpacerHeight = (this.props.rowData.length - 1 - this.rowEnd) * rowHeight;

    var infiniteContainerStyle = {
      height: this.props.containerHeight,
      overflowY: "scroll",
    };
    return (
      <div
        ref="infiniteContainer"
        className="infiniteContainer"
        style={infiniteContainerStyle}
        onScroll={this.onEditorScroll}
        >
          <div ref="topSpacer" className="topSpacer" style={{height: this.topSpacerHeight}}/>
          <div ref="visibleRowsContainer" className="visibleRowsContainer">
            {rowItems}
          </div>
          <div ref="bottomSpacer" className="bottomSpacer" style={{height: this.bottomSpacerHeight}}/>
      </div>
    );
  }
});

module.exports = InfiniteScoller;
1
majorBummer