webdevqa.jp.net

`-rw-r - r - `の最後にあるドットはどういう意味ですか?どうやって `chmod`で設定しますか?

Linuxで私のディレクトリにあるファイルのいくつかはパーミッションのリストの最後に.があります。

  • -rw-r--r--の終わりにあるドットはどういう意味ですか?
  • chmodでどのように設定しますか?
100
Darrell Duane

ls.c (3785行目)によれば、.SELinux ACL を意味します。 (+一般的なACL を意味します。)

108

私は同じ質問をしました。これを見つけるのにしばらく時間がかかりました。 "man ls"ページを百回(たぶんそうではないかもしれませんが)参照してから、コマンドの使用法に関する最後の注意を見てください。

 info coreutils 'ls invocation'

"-l"(--format = long)について説明しているセクションでは、

 Following the file mode bits is a single character that specifies
 whether an alternate access method such as an access control list
 applies to the file.  When the character following the file mode
 bits is a space, there is no alternate access method.  When it is
 a printing character, then there is such a method.

 GNU `ls' uses a `.' character to indicate a file with an SELinux
 security context, but no other alternate access method.

 A file with any other combination of alternate access methods is
 marked with a `+' character.
34
Alan

これはSELinuxコンテキストです。 ls -Z /your/fileを試してください

man lsを引用する

   SELinux options:

   --lcontext
          Display security context.   Enable -l. Lines will probably be too wide for most displays.

   -Z, --context
          Display security context so it fits on most displays.  Displays only mode, user, group, security context and file name.

   --scontext
          Display only security context and file name.

これを変更するには、次のコマンドのいずれかを試してください:chconまたはsemanage fcontextまたはrestorecon

ここでかなりきちんと説明しました: https://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Security-Enhanced_Linux/sect-Security-Enhanced_Linux-Working_with_SELinux-SELinux_Contexts_Labeling_Files.html

11
Pik Master

ファイルがSELinuxのアクセスリストを持っていることを意味します。このトピックをチェックして、それはあなたがファイルを編集/変更することを可能にする方法を教えてくれます http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=1315684

11
Jon

たぶんこれはアクセス制御リスト (ACL) によるものです+のようにrw-rw-rw-+として表示されます。おそらく.はそのファイルにACLがないことを意味します。

現在のディレクトリにgetfacl .と入力して、それらのファイルにどのようなアクセス制御があるのか​​を確認できます。

2
SiegeX