webdevqa.jp.net

から認証解除されました...(理由:7)

このwifiカードを搭載したThinkPadX230の場合:

03:00.0 Network controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8188CE 802.11b/g/n WiFi Adapter (rev 01) Subsystem: Realtek Semiconductor Co., Ltd. Device 8195 Control: I/O+ Mem+ BusMaster+ SpecCycle- MemWINV- VGASnoop- ParErr- Stepping- SERR- FastB2B- DisINTx- Status: Cap+ 66MHz- UDF- FastB2B- ParErr- DEVSEL=fast >TAbort- <TAbort- <MAbort- >SERR- <PERR- INTx- Latency: 0, Cache Line Size: 64 bytes Interrupt: pin A routed to IRQ 17 Region 0: I/O ports at 4000 [size=256] Region 2: Memory at f1c00000 (64-bit, non-prefetchable) [size=16K] Capabilities: <access denied> Kernel driver in use: rtl8192ce

ubuntu 14.04を実行していると、ネットワークアクセスが頻繁に中断され、システムが再起動するまで完全に失われることがあります。中断の前後に、これはシステムログに表示されます。

[458.384] cfg80211: Calling CRDA to update world regulatory domain [458.384] wlan0: authenticate with 00:13:10:ee:af:97 [458.385] wlan0: send auth to 00:13:10:ee:af:97 (try 1/3) [458.389] cfg80211: World regulatory domain updated: [458.389] cfg80211: (start_freq - end_freq @ bandwidth), (max_antenna_gain, max_eirp) [458.389] cfg80211: (2402000 KHz - 2472000 KHz @ 40000 KHz), (300 mBi, 2000 mBm) [458.389] cfg80211: (2457000 KHz - 2482000 KHz @ 40000 KHz), (300 mBi, 2000 mBm) [458.389] cfg80211: (2474000 KHz - 2494000 KHz @ 20000 KHz), (300 mBi, 2000 mBm) [458.389] cfg80211: (5170000 KHz - 5250000 KHz @ 40000 KHz), (300 mBi, 2000 mBm) [458.389] cfg80211: (5735000 KHz - 5835000 KHz @ 40000 KHz), (300 mBi, 2000 mBm) [458.390] wlan0: authenticated [458.390] rtl8192ce 0000:03:00.0 wlan0: disabling HT as WMM/QoS is not supported by the AP [458.390] rtl8192ce 0000:03:00.0 wlan0: disabling VHT as WMM/QoS is not supported by the AP [458.391] wlan0: associate with 00:13:10:ee:af:97 (try 1/3) [458.393] wlan0: RX AssocResp from 00:13:10:ee:af:97 (capab=0x401 status=0 aid=3) [458.394] wlan0: associated [984.594] wlan0: deauthenticated from 00:13:10:ee:af:97 (Reason: 7)

アクセスポイントは、Tomato1.19を実行しているWRT54GSです。私は周りにいくつかの他のワイヤレスデバイスを持っています-別のラップトップ、iPad、Android電話。範囲内に他のワイヤレスデバイスはありません(隣人、他のアクセスポイントなどはありません)。

ラップトップは(私にとって)新しいもので、最初に蓋を開けたときからこれが動作でした(つまり、正常に動作し始めず、システムの更新などによって壊れてしまいました)。

「理由:7」は「関連付けられていないSTAから受信したクラス3フレーム」であると読みました。 「STA」は「station」の略で、アクセスポイントと同じようなものかもしれません。範囲内に他のアクセスポイントがないため、これは発生しないようです(文字通り(「文字通り」の文字通りの意味)マイル次のアクセスポイントまで)。

調子はどう?どういうわけかこれを修正できますか、それともこのハードウェアはUbuntu 14.04で十分にサポートされていませんか?

5

STAは「ステーション」の略で、技術的にはAPはSTAの一種ですが、一般的な使用法では、STAは通常「非AP STA」、つまり「ワイヤレスクライアント」を意味します。

「wlan0:00:13:10:ee:af:97(理由:7)から認証解除されました」ログメッセージは、クライアントがAPからDeAuthenticate(またはDisAssociate)管理フレームを受信した結果として表示された可能性があります。 APがクライアントに認証と関連付けを許可しているように見えます。その後、クライアントが実際のデータトラフィック(「クラス3フレーム」)の送信を開始すると、APはクライアントが関連付けられていないかのように動作します。ネットワークからキックオフします(認証を解除します)。

独立したデバイスからの802.11モニターモード、プロミスキャスモードのパケットキャプチャは、これを非常に迅速にクリアできます。

もう1つ試してみるのは、それほど面倒ではない場合は、APを最新のベンダーファームウェアに戻し、そこで問題が発生するかどうかを確認して、Tomatoのバグを除外することです。

5
Spiff