webdevqa.jp.net

CentOS5でSubversion1.5にアップグレードするにはどうすればよいですか?

私の開発サーバー(CentOS 5)はSubversion 1.4.2を実行していますが、1.5にアップグレードしたいと思います。これはRPMForgeを使用して実行できることを、Webに散在するさまざまなブログやドキュメントで読んだことがあります。 CentOS Wiki にある指示に従いました。これには、yum-prioritiesのインストールと、示されているように優先順位を設定することも含まれます(コアリポジトリソースの場合は1と2、RPMForgeの場合は20)。

ただし、実行しようとすると、次のようになります。

$ yum info Subversion

私に与えられたバージョン番号はまだ1.4.2で、ステータスはInstalledです。この時点での他のオプションはソースからのコンパイルですが、将来のアップグレードを容易にするためにパッケージ管理ソリューションを見つけたいと思います。

何かご意見は?

22
jperras

あなたがしようとしているのは、「コア」パッケージ(CentOSリポジトリに含まれているもの)を「サードパーティ」リポジトリ(RPMForge)からの新しいパッケージに置き換えることです。これは、優先度プラグインが防止するように設計されています。

RPMForgeリポジトリには、CentOSにはない追加のパッケージと、新しいバージョンのコアパッケージの両方が含まれています。残念ながら、yumはかなりばかげており、パッケージを常にanyリポジトリにある最新バージョンに更新します。したがって、RPMforgeを有効にして「yum update」を実行すると、システムの半分がRPMForgeの最新の(ブリーディングエッジ、不安定でサポートが不十分な)パッケージで更新されます。

したがって、RPMForgeのようなリポジトリを使用するための推奨される方法は、「priorites」のようなyumプラグインと一緒にのみ使用することです。これにより、パッケージが「高」優先度リポジトリから「低」優先度リポジトリ(「優先度」の名前)から上書きされるのを防ぎます。 「パラメータは非常に誤解を招く可能性があります)。このようにして、RPMForgeから追加パッケージ(コアにはない)を節約してインストールできます。これはほとんどの人が望んでいることです。

今あなたの元の質問に...

wantコアパッケージを置き換える場合は、少し注意が必要です。基本的に、2つのオプションがあります。

  1. 優先プラグインをアンインストールし、無効デフォルトでRPMForgeリポジトリ(enabled = 0/etc/yum.repos.d/rpmforge.repoを設定)。次に、コマンドラインで選択的に有効にすることができます。

    yum --enablerepo=rpmforge install Subversion
    

    rPMForgeから最新のSubversionと依存関係をインストールします。

    このアプローチの問題は、RPMForgeのSubversionパッケージに更新がある場合、リポジトリが無効になっているとそれが表示されないことです。 Subversionを最新の状態に保つには、実行することを忘れないでください

    yum --enablerepo=rpmforge update Subversion
    

    時々。

  2. 2番目の可能性は、prioritesプラグインを使用することですが、コアSubversionパッケージを手動で「マスク」します(exclude=Subversion[base]セクションと[update]セクションに/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoを追加します)。

    これで、yumはコアリポジトリに「Subversion」という名前のパッケージがないかのように動作し、RPMForgeから最新バージョンを問題なくインストールします。さらに、yum updateを実行すると、常に最新のSubversionアップデートを入手できます。

45
8jean

1.- yum-prioritiesを使用している場合は、ファイルでこれを無効にします/etc/yum/pluginconf.d/priorities.conf

2.-Subversionのバージョンを確認します

  $ rpm -qa|grep Subversion
    Subversion-1.4.2-4.el5_3.1
    Subversion-1.4.2-4.el5_3.1 

3.-rpmforgeリポジトリからSubversionの最後のバージョンを検索します

$ yum --enablerepo=rpmforge check-update Subversion
subversion.x86_64      1.6.6-0.1.el5.rf         rpmforge

4.-rpmforgeリポジトリを使用してSubversionをアップグレードする手順になりました

$ yum Shell
>erase mod_dav_svn-1.4.2-4.el5_3.1
>erase Subversion-1.4.2-4.el5_3.1
>install mod_dav_svn-1.6.6-0.1.el5.rf
>install Subversion-1.6.6-0.1.el5.rf.x86_64
>run

centOS5.4を実行している私にとってはこれですべてです。

3
intoxicadocoder

マットに感謝します [〜#〜] svn [〜#〜] にSVN1.7の唯一のディストリビューションもあります。

berSVN も試してみてください。

2
Elaine Murphy

現時点では、他の古いパッケージについてはあまり心配していませんが、ご覧のとおり、Subversionのアップデートはありません。

rpmforgeのパッケージもありません。それはあなたの優先設定です。 yum-prioritiesを無効にしてみてください(change enabled=1からenabled=0 in /etc/yum/pluginconf.d/priorities.conf)-それならうまくいくはずです。

ですから、次の質問は、なぜ優先順位がそれを台無しにするのかということだと思います。

編集:優先順位の詳細については、 8jeanの回答 を参照してください。

1
Peter Stone

RPMForge のリポジトリをインストールすると、新しいパッケージを入手できるはずです-これは機能しませんか?

/etc/apt/sources.list.dに次のような行のrpmforge.listが表示されます。

repomd http://apt.sw.be redhat/el$(VERSION)/en/$(Arch)/dag

CentOS 5のクリーンインストールでテストしたところ、yum check-updateショー

Subversion.i386                          1.5.2-0.1.el5.rf       rpmforge
Subversion-Perl.i386                     1.5.2-0.1.el5.rf       rpmforge

したがって、ソースリストを確認して、check-updateを再度実行してください。

編集:おっと、私の答えの一部を失いました。上に追加し直しました。

1
Peter Stone

このスクリプトを入手するだけです。 CentOS5.3で完璧に動作しました

http://wandisco.com/Subversion/os/downloads

いいえ、私はそこで働いたり、所属したりしていません...それを見つけて、皆さんに知らせたいと思いました。

幸運を。

0
Matt H

/etc/apt/sources.list.d/rpmforge.listにその正確な行があります。

Check-updateを実行すると、次のようになります。

「priorities」プラグインのロード
「fastestmirror」プラグインのロード
キャッシュされたホストファイルからのミラー速度のロード
 * epel:mirror.unl.edu 
 * rpmforge:fr2.rpmfind.net 
 *ベース:mirrors.portafixe.com 
 *更新:mirrors.portafixe.com 
 *アドオン:mirrors.portafixe.com 
 *エクストラ:mirrors.portafixe.com 
 2202パッケージはリポジトリの優先度保護のため除外されました
 
 bzip2.i3861.0.3-4.el5_2アップデート
 bzip2- devel.i3861.0.3-4.el5_2アップデート
 bzip2-libs.i3861.0.3-4.el5_2アップデート
 libxml2.i3862.6.26-2.1.2.6アップデート
 libxml2-devel.i3862.6.26-2.1.2.6アップデート
 libxml2-python.i3862.6.26-2.1.2.6アップデート
 Perl.i386 4:5.8.8-15.el5_2.1アップデート
 sos.noarch1.7-9.2.el5_2.2アップデート
 tzdata.noarch2008e-1.el5アップデート

現時点では、他の古いパッケージについてはあまり心配していませんが、ご覧のとおり、Subversionのアップデートはありません。

0
jperras

dagのリポジトリにあるv1.4.6まで。

Fedoraのリポジトリ からのものを試すか、メインリポジトリがアップグレードするのに少し我慢してください。

ソースから作成するのは簡単です。ソースパッケージをダウンロードするときにINSTALLファイルを読んでください。CentOSがファイルのインストール先に移動した可能性があることに注意してください。 (「rpm-ql Subversion」を使用して、古いファイルがインストールされた場所を確認します)。

V1.5.0がリポジトリにリリースされたら、ビルドしたバージョンを削除し、以前と同じようにyumを使用してインストールできます。

0
gbjbaanb

RPMForgeはすでに/etc/yum.repos.d/にrpmforge.repoとしてあり、内容は次のとおりです。

#名前:Red Hat Enterprise5-のRPMforgeRPMリポジトリ-dag 
 #URL:http://rpmforge.net/ 
 [rpmforge] 
 name = Red Hat Enterprise $ releasever --RPMforge.net --dag 
#baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el5/en/$basearch/dag
mirrorlist= http:// apt .sw.be/redhat/el5/en/mirrors-rpmforge 
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge 
 enabled = 1 
 protected = 0 
 gpgkey = file:/// etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-rpmforge-dag 
 gpgcheck = 1 
 priority = 20 
0
jperras