webdevqa.jp.net

Linuxですべてのプロセスの起動をログに記録するにはどうすればよいですか?

起動されたすべてのプロセスと、それらが起動された時間および起動された引数のログを取得したいと思います。これはLinuxで可能ですか?

55
Brandon DuRette

あなたの出発点は監査されるべきです。

次のようなものを試してください:

apt-get install auditd
auditctl -a task,always
ausearch -i -sc execve
42
Mikel

これを行う必要がありましたが、(1)時間を必要とせず、(2)特定のプロセスによって開始されるプロセスと、その子および後続の子孫にのみ関心がありました。また、私が使用していた環境では、auditdacctonを取得できませんでしたが、valgrindはありました。

コマンドラインで対象のプロセスに次の接頭辞を付けます。

valgrind --trace-children=yes

必要な情報は、STDERRに表示されるログ出力にあります。

10
Evgeni Sergeev

これには snoopy を使用できます。

インストールは非常に簡単で、2.x以降は任意のデータ(引数、環境変数、cwdなど)を記録できます。

開示:スヌーピーのメンテナはこちら。

6
Bostjan Skufca

Startmonを実行して、標準出力(完了したらCtrl-C)に従うことができます。最近のRed Hat派生ディストリビューション(RHEL、Fedora、CentOS)でstartmonをコンパイルして実行する方法は次のとおりです。

Sudo yum install git cmake gcc-c++
git clone https://github.com/pturmel/startmon
cd startmon
cmake .
make
Sudo ./startmon -e

Debian(およびUbuntuなど)では、上記の最初の行が次のように変更されます。

Sudo apt-get install git cmake g++

あるいは、perf-toolsでexecsnoopスクリプトを試すこともできます。 この答え を参照してください。デフォルトでは、最初の8つの引数のみが表示されます(プログラム名を含む9つ)。あなたはこれを増やすことができます

Sudo ./execsnoop -a 16

システムへのrootアクセス権がない場合、最善の方法は/procをポーリングし続け、すべてがキャッチされることを期待します(それができない)が、完全を期すために、これを行うスクリプトをここに示します(私は出力を簡略化するために重複削除を挿入しました)-これは、上記の方法のいずれかで適切に追跡するほど良くはありませんが、コマンドライン引数の間にセパレータを明確に表示するというわずかな利点があります。引数の内側と引数の間の引数の違いを伝える必要があります。このスクリプトは、CPU(まあ、そのコアの1つ)を100%使用するため、非効率的です。

function pstail () { python -c 'import os
last=set(os.listdir("/proc")) ; o=x=""
while True:
 pids=set(os.listdir("/proc"))
 new=pids.difference(last);last=pids
 for n in new:
  try: o,x=x,[j for j in open("/proc/"+n+"/cmdline")
    .read().split(chr(0)) if j]
  except IOError: pass
  if x and not o==x: print n,x' ; }

pstail

また、execsnoopにパッチを適用して、どの引数がどれであるかをより明確に伝えることもできます:grep -v sub.*arg < execsnoop > n && chmod +x n && mv n execsnoop

2
Silas S. Brown

CONFIG_FTRACEおよびCONFIG_KPROBESbrendangregg/perf-tools

git clone https://github.com/brendangregg/perf-tools.git
cd perf-tools
git checkout 98d42a2a1493d2d1c651a5c396e015d4f082eb20
Sudo ./execsnoop

別のシェルで:

while true; do sleep 1; date; done

最初のシェルはフォーマットのデータを表示します:

Tracing exec()s. Ctrl-C to end.                                                        
Instrumenting sys_execve                                                               
   PID   PPID ARGS 
 20109   4336 date                                                                                       
 20110   4336 sleep 1                                                                                    
 20111   4336 date                                                                                                                                                                                                 
 20112   4336 sleep 1                                                                                    
 20113   4336 date                                                                                       
 20114   4336 sleep 1                                                                                    
 20115   4336 date                                                                                       
 20116   4336 sleep 1

CONFIG_PROC_EVENTS

サンプルセッション:

$ su
# ./proc_events &
# /proc_events.out &
set mcast listen ok
# sleep 2 & sleep 1 &
fork: parent tid=48 pid=48 -> child tid=56 pid=56
fork: parent tid=48 pid=48 -> child tid=57 pid=57
exec: tid=57 pid=57
exec: tid=56 pid=56
exit: tid=57 pid=57 exit_code=0
exit: tid=56 pid=56 exit_code=0

CONFIG_PROC_EVENTSnetlinkソケット を介してイベントをユーザーランドに公開します。

proc_events.cの改変: https://bewareofgeek.livejournal.com/2945.html

#define _XOPEN_SOURCE 700
#include <sys/socket.h>
#include <linux/netlink.h>
#include <linux/connector.h>
#include <linux/cn_proc.h>
#include <signal.h>
#include <errno.h>
#include <stdbool.h>
#include <unistd.h>
#include <string.h>
#include <stdlib.h>
#include <stdio.h>

static volatile bool need_exit = false;

static int nl_connect()
{
    int rc;
    int nl_sock;
    struct sockaddr_nl sa_nl;

    nl_sock = socket(PF_NETLINK, SOCK_DGRAM, NETLINK_CONNECTOR);
    if (nl_sock == -1) {
        perror("socket");
        return -1;
    }
    sa_nl.nl_family = AF_NETLINK;
    sa_nl.nl_groups = CN_IDX_PROC;
    sa_nl.nl_pid = getpid();
    rc = bind(nl_sock, (struct sockaddr *)&sa_nl, sizeof(sa_nl));
    if (rc == -1) {
        perror("bind");
        close(nl_sock);
        return -1;
    }
    return nl_sock;
}

static int set_proc_ev_listen(int nl_sock, bool enable)
{
    int rc;
    struct __attribute__ ((aligned(NLMSG_ALIGNTO))) {
        struct nlmsghdr nl_hdr;
        struct __attribute__ ((__packed__)) {
            struct cn_msg cn_msg;
            enum proc_cn_mcast_op cn_mcast;
        };
    } nlcn_msg;

    memset(&nlcn_msg, 0, sizeof(nlcn_msg));
    nlcn_msg.nl_hdr.nlmsg_len = sizeof(nlcn_msg);
    nlcn_msg.nl_hdr.nlmsg_pid = getpid();
    nlcn_msg.nl_hdr.nlmsg_type = NLMSG_DONE;

    nlcn_msg.cn_msg.id.idx = CN_IDX_PROC;
    nlcn_msg.cn_msg.id.val = CN_VAL_PROC;
    nlcn_msg.cn_msg.len = sizeof(enum proc_cn_mcast_op);

    nlcn_msg.cn_mcast = enable ? PROC_CN_MCAST_LISTEN : PROC_CN_MCAST_IGNORE;

    rc = send(nl_sock, &nlcn_msg, sizeof(nlcn_msg), 0);
    if (rc == -1) {
        perror("netlink send");
        return -1;
    }

    return 0;
}

static int handle_proc_ev(int nl_sock)
{
    int rc;
    struct __attribute__ ((aligned(NLMSG_ALIGNTO))) {
        struct nlmsghdr nl_hdr;
        struct __attribute__ ((__packed__)) {
            struct cn_msg cn_msg;
            struct proc_event proc_ev;
        };
    } nlcn_msg;
    while (!need_exit) {
        rc = recv(nl_sock, &nlcn_msg, sizeof(nlcn_msg), 0);
        if (rc == 0) {
            /* shutdown? */
            return 0;
        } else if (rc == -1) {
            if (errno == EINTR) continue;
            perror("netlink recv");
            return -1;
        }
        switch (nlcn_msg.proc_ev.what) {
            case PROC_EVENT_NONE:
                printf("set mcast listen ok\n");
                break;
            case PROC_EVENT_FORK:
                printf("fork: parent tid=%d pid=%d -> child tid=%d pid=%d\n",
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.fork.parent_pid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.fork.parent_tgid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.fork.child_pid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.fork.child_tgid);
                break;
            case PROC_EVENT_EXEC:
                printf("exec: tid=%d pid=%d\n",
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.exec.process_pid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.exec.process_tgid);
                break;
            case PROC_EVENT_UID:
                printf("uid change: tid=%d pid=%d from %d to %d\n",
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.id.process_pid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.id.process_tgid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.id.r.ruid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.id.e.euid);
                break;
            case PROC_EVENT_GID:
                printf("gid change: tid=%d pid=%d from %d to %d\n",
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.id.process_pid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.id.process_tgid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.id.r.rgid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.id.e.egid);
                break;
            case PROC_EVENT_EXIT:
                printf("exit: tid=%d pid=%d exit_code=%d\n",
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.exit.process_pid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.exit.process_tgid,
                        nlcn_msg.proc_ev.event_data.exit.exit_code);
                break;
            default:
                printf("unhandled proc event\n");
                break;
        }
    }

    return 0;
}

static void on_sigint(__attribute__ ((unused)) int unused)
{
    need_exit = true;
}

int main()
{
    int nl_sock;
    int rc = EXIT_SUCCESS;

    signal(SIGINT, &on_sigint);
    siginterrupt(SIGINT, true);
    nl_sock = nl_connect();
    if (nl_sock == -1)
        exit(EXIT_FAILURE);
    rc = set_proc_ev_listen(nl_sock, true);
    if (rc == -1) {
        rc = EXIT_FAILURE;
        goto out;
    }
    rc = handle_proc_ev(nl_sock);
    if (rc == -1) {
        rc = EXIT_FAILURE;
        goto out;
    }
    set_proc_ev_listen(nl_sock, false);
out:
    close(nl_sock);
    exit(rc);
}

GitHub upsatream

ただし、exec_proc_eventに含まれるデータが少ないため、UIDやプロセス引数などのプロセスデータを取得できるとは思いません。 https://github.com/torvalds/linux/blob/v4。 16/include/uapi/linux/cn_proc.h#L8/procからすぐに読み取ろうとする可能性がありますが、プロセスが終了し、別のプロセスがそのPIDを取得するリスクがあるため、信頼できる。

Ubuntu 17.10でテスト済み。

また、プロセスによるリソース使用状況を表示するために atop を使用できます。これは、時間ごとにリソースの使用状況をログに記録して分析するのに役立つツールです

0
Quarind