webdevqa.jp.net

Linuxマシンに接続されているすべてのストレージデバイスを見つける

特定のマシンに接続されているすべての書き込み可能なストレージデバイスを検索する必要があります。かどうかマウントされています。

これを行う方法は、書き込み可能なデバイス(/dev)に対応するhd* and sd*のすべてのエントリをtryにすることです......

より良い解決策はありますか、これに固執する必要がありますか?

106
warren

/proc/partitionsは、システムが認識するすべてのブロックデバイスとパーティションをリストします。その後、file -s <device>を使用して、パーティションに存在するファイルシステムの種類を確認してください。

78
Steve Baker

EC2 xvdaデバイスなどの奇妙なセットアップでも、fdisk -lをいつでも実行できます。

M1.largeインスタンスのダンプは次のとおりです。

[email protected]:~# fdisk -l

Disk /dev/xvda1: 10.7 GB, 10737418240 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1305 cylinders, total 20971520 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000

Disk /dev/xvda1 doesn't contain a valid partition table

Disk /dev/xvda2: 365.0 GB, 365041287168 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 44380 cylinders, total 712971264 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000

Disk /dev/xvda2 doesn't contain a valid partition table

Disk /dev/xvda3: 939 MB, 939524096 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 114 cylinders, total 1835008 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x00000000

Disk /dev/xvda3 doesn't contain a valid partition table

mountが言う間:

[email protected]:~# mount
/dev/xvda1 on / type ext4 (rw)
proc on /proc type proc (rw,noexec,nosuid,nodev)
sysfs on /sys type sysfs (rw,noexec,nosuid,nodev)
fusectl on /sys/fs/Fuse/connections type fusectl (rw)
none on /sys/kernel/debug type debugfs (rw)
none on /sys/kernel/security type securityfs (rw)
udev on /dev type devtmpfs (rw,mode=0755)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,noexec,nosuid,gid=5,mode=0620)
tmpfs on /run type tmpfs (rw,noexec,nosuid,size=10%,mode=0755)
none on /run/lock type tmpfs (rw,noexec,nosuid,nodev,size=5242880)
none on /run/shm type tmpfs (rw,nosuid,nodev)
/dev/xvda2 on /mnt type ext3 (rw)

そして/proc/partitionsは言う:

[email protected]:~# cat /proc/partitions
major minor  #blocks  name

 202        1   10485760 xvda1
 202        2  356485632 xvda2
 202        3     917504 xvda3

サイドノート

fdisk -lの仕組みは、自分自身を知りたいと思っています。

70
Maxim Veksler

また、試すことができますlsblk ... util-linuxにあります...しかし、私も質問があります

fdisk -l /dev/sdl

検索結果はありません

grep sdl /proc/partitions      
   8      176   15632384 sdl
   8      177   15628288 sdl1

lsblk | grep sdl
sdl       8:176  1  14.9G  0 disk  
`-sdl1    8:177  1  14.9G  0 part  

fdiskは良いが、それほど良くない...すべてを「見る」ことができないように思われる

私の特定の例では、カードリーダーも内蔵されているスティックがあり、fdiskを使用してスティックのみを見ることができます:

fdisk -l /dev/sdk

Disk /dev/sdk: 15.9 GB, 15931539456 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1936 cylinders, total 31116288 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0xbe24be24

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdk1   *        8192    31116287    15554048    c  W95 FAT32 (LBA)

カードではなく(カードは/ dev/sdl)

また、ファイル-sは非効率的です...

file -s /dev/sdl1
/dev/sdl1: sticky x86 boot sector, code offset 0x52, OEM-ID "NTFS    ", sectors/cluster 8, reserved sectors 0, Media descriptor 0xf8, heads 255, hidden sectors 8192, dos < 4.0 BootSector (0x0)

それはいいですね...しかし

fdisk -l /dev/sdb
/dev/sdb1            2048   156301487    78149720   fd  Linux raid autodetect
/dev/sdb2       156301488   160086527     1892520   82  Linux swap / Solaris

file -s /dev/sdb1
/dev/sdb1: sticky \0

fdiskがアクセスできないディスクに関する情報を表示するには、partedを使用できます。

parted /dev/sdl print

Model: Mass Storage Device (scsi)
Disk /dev/sdl: 16.0GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos

Number  Start   End     Size    Type     File system  Flags
 1      4194kB  16.0GB  16.0GB  primary  ntfs




arted /dev/sdb print 
Model: ATA Maxtor 6Y080P0 (scsi)
Disk /dev/sdb: 82.0GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos

Number  Start   End     Size    Type     File system     Flags
 1      1049kB  80.0GB  80.0GB  primary                  raid
 2      80.0GB  82.0GB  1938MB  primary  linux-swap(v1)
35
THESorcerer

ls /sys/block

9

HALを使用する(カーネル2.6.17以降):


#! /bin/bash
hal-find-by-property --key volume.fsusage --string filesystem |
while read udi ; do
    # ignore optical discs
    if [[ "$(hal-get-property --udi $udi --key volume.is_disc)" == "false" ]]; then
        dev=$(hal-get-property --udi $udi --key block.device)   
        fs=$(hal-get-property --udi $udi --key volume.fstype) 
        echo $dev": "$fs
    fi 
done
7
ZungBang

最近のLinuxシステムは通常、存在するデバイスの/ devにのみエントリを持っているので、hda *とsda *を通過することはかなりうまくいくと思います。

そうでない場合、使用できる/ procに何かがある可能性があります。そこをざっと見てみると、/ proc/partitionsが必要なことを実行できるように見えます。

4
Mark Baker

libsysfsは潜在的に便利に見えますが、シェルスクリプトから直接ではありません。必要なことを行うsystoolと呼ばれるプログラムが付属していますが、別のプログラムを使用して行うよりも/ sysを直接調べる方が簡単な場合があります。

2
Mark Baker