webdevqa.jp.net

Linux用WindowsサブシステムでWindows共有をマウントする

[〜#〜] wsl [〜#〜] (Linux用Windowsサブシステム)内からWindowsサーバーをマウントしたいと思います。 Ubuntu(ユニティインターフェイスを使用)では、次のように入力できます。

gvfs-mount smb://domain\;[email protected]/share

そしてすべてがうまくマウントされます。

WSLでこれを試すと、次のエラーが表示されます。

Error mounting location: volume doesn't implement mount
11
David Hoffman

ホストWindows OSが「\ servername\sharename」にあるファイル共有にアクセスできると仮定すると、bashでこのコマンドを試してください。rootになる必要があるかどうかはわかりません。

mkdir /mnt/mountedshare
mount -t drvfs '\\servername\sharename' /mnt/mountedshare

単一引用符は重要です!

SharePoint OnlineのUNCパスを使用して作業しました。しかし、許可は厄介です。フォルダー間を移動してファイル名を確認できますが、ファイルを読み取ることができません。そのため、権限のことを把握する必要があります。あなたがそれでどこにでも行くならば、私に知らせてください。

22
LaVache

実際、Windows共有がWindowsホストのドライブに既にマップされている場合は、さらに簡単にすることができます。既にZ:に共有をマウントしていると仮定しましょう。その場合、以下が機能します。

Sudo mkdir /mnt/z
Sudo mount -t drvfs 'Z:' /mnt/z
5
gabuzo

WSLで既に作成されている/mnt/cを介してWindowsホストにマウントを作成している間に、別のマシンから共有をマウントする場合は、マウントポイントを作成する必要があります。

Sudo mkdir -p /mnt/somename

次に、smb://を使用して、リモートの共有mount.cifsファイルシステムをそのマウントポイントにマウントする必要があります。

Sudo mount.cifs //server/sharename /mnt/somename

必要に応じて、/mnt/somenameに続くオプションを含めることもできます。

-o username=yourname,uid=YOURUID,noperm,password=yourpassforremoteshare

マウントしようとしている古いWinXP共有の場合は、NTLMv1またはsec=ntlmを含めてsec=ntlm1認証を有効にする必要があります。 mount.cifsオプションのさらなる使用については、sec=を参照してください。

1
David C. Rankin

WSL(私はUbuntuを使用しています)では、cifs-utilsをインストールしたときに、マウント時にcifsが必要とするモジュールファイルが作成されないように見えます。 「modinfo cifs」と入力すると表示されます。とにかく、回避策は、上記のように、Windowsでドライブ文字をマップしてからそれにマウントすることです。ありがとう、ガブゾ。

たぶん、cifs-utilsがモジュールファイルの間違った場所を探しているということでしょう。または、MSが意図的に無効にしました。彼らは、WSLがあまりにも有用であることを望んでいません。

1
K. Taylor