webdevqa.jp.net

MacでのAlt + Dotの同等/代替

Linux Shellで見逃しているのは、Alt + Dotショートカットです。これは、前のコマンドの最後の引数を挿入することです。簡単なテクニックのように見えますが、それは本当に便利です。

つまり、次のように入力した場合:

$ ls /Applications/MAMP/conf/Apache/

次にコマンド+ショートカットを入力するだけで、引数が補完されます。

$ cd 'alt+dot'

Mac iでは2つの選択肢があります。押すEsc + Dotまたは入力する!$!*magic space setup を使用します。

ただし、どちらの方法でも、使用した最後の引数が挿入されますが、Alt + Dotを繰り返し入力するなど、コマンド履歴をスクロールして戻ることはできません。します。

現時点ではこのオプションを使用できますが、より良い方法を誰かが知っているかどうか知りたいです。

38
pablasso

Esc-dotは何度でも押すことができます。これはalt-dotと同じことです。しかし、あなたのように、私はalt-dotよりも入力するのが面倒です。

23
simonp

Terminal.appの[設定]-> [設定]で、[キーボード]タブを選択します。 「オプションキーをメタとして使用」がチェックされていることを確認します。

34
Richard Hoskins

使用する option+.

これはbashの機能であり、linuxではありません。 Macにも同様にbashがあります。 Alt-。組み込みのbash関数insert-last-argumentのショートカットです。これをバインドする方法については、 bash man page[〜#〜] readline [〜#〜]セクションを参照してください。別のキーの組み合わせに。


いくつかの関連パーツを貼り付けます:

   Readline Initialization
       Readline  is customized by putting commands in an initialization file (the
       inputrc file).
       The  default key-bindings may be changed with an inputrc file.  Other pro-
       grams that use this library may add their own commands and bindings.

       For example, placing

              M-Control-u: universal-argument
       or
              C-Meta-u: universal-argument
       into the inputrc would make M-C-u execute  the  readline  command  univer-
       sal-argument.

   Readline Key Bindings
       The  syntax  for  controlling  key bindings in the inputrc file is simple.
       All that is required is the name of the command or the text of a macro and
       a  key  sequence to which it should be bound. The name may be specified in
       one of two ways: as a symbolic key name, possibly with Meta-  or  Control-
       prefixes, or as a key sequence.

       When using the form keyname:function-name or macro, keyname is the name of
       a key spelled out in English.  For example:

              Control-u: universal-argument
              Meta-Rubout: backward-kill-Word
              Control-o: "> output"

       In the above example, C-u is bound  to  the  function  universal-argument,
       M-DEL is bound to the function backward-kill-Word, and C-o is bound to run
       the macro expressed on the right hand side (that is, to  insert  the  text
       ``> output'' into the line).

       In  the  second form, "keyseq":function-name or macro, keyseq differs from
       keyname above in that strings denoting an entire key sequence may be spec-
       ified  by placing the sequence within double quotes.  Some GNU Emacs style
       key escapes can be used, as in the following  example,  but  the  symbolic
       character names are not recognized.

              "\C-u": universal-argument
              "\C-x\C-r": re-read-init-file
              "\e[11~": "Function Key 1"


   Commands for Manipulating the History
       insert-last-argument (M-., M-_)
              A synonym for yank-last-arg.
5
Doug Harris

Terminal.appを開いて設定を入力し、[設定]> [キーボード]に移動して[メタキーとしてオプションを使用]をオンにすると、altを使用するbashショートカットを使用できます。次に例を示します。

Alt+B:単語を逆方向にスキップ

Alt+F:単語を前方にスキップ

ソース

2
Alain