webdevqa.jp.net

Mac OS Xの「開く」コマンドに相当するLinux

Mac OS Xの「open」コマンドは、コマンドラインで非常に便利であることがわかりました。 「man open」から:

openコマンドは、ファイルのアイコンをダブルクリックしたかのように、ファイル(またはディレクトリまたはURL)を開きます。アプリケーション名が指定されていない場合、LaunchServicesで決定されたデフォルトのアプリケーションが、指定されたファイルを開くために使用されます。

つまり、デフォルトのPDFビューアー(プレビューになる可能性があります)でPDFファイルを開きたい場合は、以下を実行するだけです。

open my.pdf

しかし、Linuxでは、コマンドラインからPDFファイルを開くには、デフォルトのPDFビューアーが「evince」(誰が推測した??)、そして

evince my.pdf

それでは、Linuxコマンドラインに「open」コマンドに単純な同等物がありますか?

ありがとう!

202
Liu Chang

xdg-openを試すことができます。ほとんどのLinuxディストリビューションにはあります。ファイルのデフォルトの関連アプリが開きます。

参考までに https://portland.freedesktop.org/doc/xdg-open.html

223
number5

探しているものは xdg-open で、OS Xのopenコマンドと同じ方法で使用できます。例えば:

xdg-open ~/Documents/Chubby_Bubbies.odt

ただし、これをすばやく正確に入力するのは非常に困難です。代わりに、xdg-openのエイリアスを作成する必要があります。これにより、プロセスがはるかに高速になります。

もちろん、それをopenにエイリアスしてOS Xに一致させることができます(必要なものは何でも選択できます)が、個人的には、ショートカットのために右角かっこ(])を使用します。これを使用するには、.bashrcファイルに次を追加します。

alias ']'='xdg-open'

次に、リソースを開くには、次の例のように使用します。

] www.google.com
] file.txt
] ~/Pictures
] ssh://myserver.local/home/jeremy

また、これにより、現在のディレクトリでファイルブラウザ(例:Nautilus)を開くことができます。

] .

経験から、上記のショートカットには1文字のエイリアスが最適であることがわかりました。結局のところ、目標は効率です。また、戻ってOS Xで同じエイリアスを作成することもできます。これは読者の演習として残しておきます。 :-)

73
Jeremy Visser

私は自分でこれを整理したので、どうやってそれを書いたかと思いました。これはスアンが尋ねたものに特に関連しています。これらの手順により、不要なメッセージでカバーされている端末ではなく、「open」と入力するだけで済みます。

~/binopenというスクリプトを作成します。内容は次のとおりです。

xdg-open "$1" &> /dev/null &

スクリプトを保存して閉じてから、「source .profile」(または関連する場合は.bash_profile)と入力します。つまり、「open Music」と入力すると、nautilus GUIで音楽フォルダーが開かれ、端末には何も入力されません。

13
Anake

従来、「see」コマンドを使用できます。 run-mailcapを使用するだけです。これはGnomeやXなどがなくても動作します。

man see
11
Ali Afshar

ノームオープン

4
Paul Betts

MIMEが正しく設定されている場合は、mimeopenを使用できます。いくつかの便利なオプションがあるため、manページをご覧ください。

2
stacksia