webdevqa.jp.net

複数のプロパティに基づくMavenプロファイルのアクティブ化

私はプロジェクトのmaven 2ビルドを作成していますが、ビルドは異なる場所(ベルリン、パリ、北極など)と異なる環境(開発、生産)の両方で作成する必要があるため、プロファイルを思いつきました。それらはプロパティを介して指定されます。 「北極」「DEV」の場合は、次のようにします。

-Dlocation=NorthPole -Denvironment=DEV

ここで、1つだけではなく、これらの両方のプロパティに基づいて、Porfileをアクティブ化します。だから私は以下を試しました:

<profiles>
  <profile>
    <id>NOrth Pole DEV</id>
    <activation>
      <property>
        <name>location</name>
        <value>NorthPole</value>
      </property>
      <property>
        <name>environment</name>
        <value>DEV</value>
      </property>
    </activation>
    ... <!-- Set some North Pole DEV specific stuff -->
  </profile>
</profiles>

これは機能しません。mavenは最大で 1つの<property>要素がそこにあることを期待しています。

プロパティを別の用途にも使用しているため、単一のプロパティlocationEnvof値NorthPole-DEVにすることは、私が望むものではないことに注意してください。

それで、プロパティの組み合わせに基づいてプロファイルをアクティブにする方法や回避策、または他の方法はありますか?

26
Jan Zyka

なぜ次のように直接プロファイルを使用しないのですか?

<profiles>
   <profile>
    <id>north-pole</id>
    <activation>
      <activeByDefault>false</activeByDefault>
    </activation>
    ....
  </profile>
   <profile>
    <id>dev</id>
    <activation>
      <activeByDefault>false</activeByDefault>
    </activation>
    ....
  </profile>
</profiles>

これで、コマンドラインでプロファイルをアクティブ化できます。

mvn -Pdev,north-pole ...
10
khmarbaise

(私が気付いていない新しいMaven機能がない限り)問題の良い解決策はありません。

理論的には、リストした2つのプロパティから値が連結された派生プロパティを導入できます。ただし、問題は、pomで定義されたプロパティの前にプロファイルが評価されるため、そのような派生プロパティを使用してプロファイルをアクティブ化できないことです:-(

同様の問題で考えられる最善の回避策は、プロファイルを明示的にアクティブにし、コマンドラインパラメーターのさまざまな組み合わせを個別のバッチ/スクリプトファイルに入れて、実行を簡単にし、タイプミスの問題を回避することでした。

13
Péter Török

可能な解決策

この拡張機能を試してください: https://github.com/kpiwko/el-profile-activator-extension

これにより、次の構文を使用できます。

<profile>
    <id>NOrth Pole DEV</id>

    <activation>
        <property>
            <!-- mvel property name is obligatory -->
            <name>mvel</name>
            <value>isdef location &amp;&amp; location=="NorthPole" &amp;&amp; 
                   isdef environment &amp;&amp; environment=="DEV"</value>
        </property>
    </activation>
</profile>

自分で試したわけではありませんが、いいプロジェクトのようです。

Mavenの手動構成を回避する方法

プロジェクトに必要な2つのjarを$ MAVEN_HOME/lib/extに配置する必要があります。ただし、構成を自動化することができます。このような:

  • $ MAVEN_HOME/lib/ext/el-profile-activator-extension.jarファイルの absenseでアクティブ化 であるプロファイルを追加できます
  • このプロファイルは、初期フェーズで dependency plugin を使用して$ MAVEN_HOME/lib/extフォルダーにjarをmavenからダウンロードできます
  • 次に、ビルドがmavenフォルダーを構成したというメッセージを書き出すことができ、次のビルドは成功します。

テスト済みプロファイル:

<profile>
    <id>prepare-maven-extended-libs</id>
    <activation>
      <file>
        <missing>${maven.home}/lib/ext/el-profile-activator-extension.jar</missing>
      </file>
    </activation>
    <build>
        <plugins>
            <plugin>
                <groupId>org.Apache.maven.plugins</groupId>
                <artifactId>maven-dependency-plugin</artifactId>
                <version>2.8</version>
                <executions>
                    <execution>
                        <id>copy</id>
                        <phase>validate</phase>
                        <goals>
                            <goal>copy</goal>
                        </goals>
                        <configuration>
                            <artifactItems>
                                <artifactItem>
                                    <groupId>com.redhat.jboss.maven</groupId>
                                    <artifactId>el-profile-activator-extension</artifactId>
                                    <version>1.0.0-SNAPSHOT</version>
                                    <type>jar</type>
                                    <overWrite>true</overWrite>
                                    <outputDirectory>${maven.home}/lib/ext</outputDirectory>
                                    <destFileName>el-profile-activator-extension.jar</destFileName>
                                </artifactItem>
                                <artifactItem>
                                    <groupId>org.mvel</groupId>
                                    <artifactId>mvel2</artifactId>
                                    <version>2.1.3.Final</version>
                                    <type>jar</type>
                                    <overWrite>true</overWrite>
                                    <outputDirectory>${maven.home}/lib/ext</outputDirectory>
                                    <destFileName>mvel2.jar</destFileName>
                                </artifactItem>
                            </artifactItems>
                            <outputDirectory>${project.build.directory}/wars</outputDirectory>
                            <overWriteReleases>true</overWriteReleases>
                            <overWriteSnapshots>true</overWriteSnapshots>
                        </configuration>
                    </execution>
                </executions>
            </plugin>
            <plugin>
                <groupId>org.codehaus.gmaven</groupId>
                <artifactId>gmaven-plugin</artifactId>
                <version>1.4</version>
                <executions>
                    <execution>
                        <phase>validate</phase>
                        <goals><goal>execute</goal></goals>
                    </execution>
                </executions>
                <configuration>
                    <source>
                        fail("For profile activation we use an extension jar. It is now in your ${maven.home}/lib/ext folder. Please restart the build, and then it will be successful.")
                    </source>
                </configuration>
            </plugin>               
        </plugins>
    </build>
</profile>
4
Gábor Lipták

khmarbaiseの答えは私にはよりエレガントに思えます。 Janのコメントには、プロパティを追加してファイルを参照できます。プロファイルdevを使用すると、ノースポールがアクティブになり、$ {location}-$ {env} .xmlを使用してNorthPole-dev.xmlを参照できます。

他の人の返信にコメントを追加できないため、別の返信を投稿する必要がありました。 :(

1
Prabhjot

このようなことができると思います

<properties>
        <env>dev</env>
        <location>North Pole</location>
    </properties>

<profiles>
        <!-- dev North Profile -->
        <profile>
            <id>dev North Pole</id>
            <activation>
                <activeByDefault>true</activeByDefault>
            </activation>
        </profile>
        <!-- qa North Profile -->
        <profile>
            <id>qa North Pole</id>
            <properties>
                         <env>qa</env>
                             <location>North Pole</location>
            </properties>
        </profile>

    </profiles>
<build>
do profile specific stuff here
</build>

もちろん、プロファイルをアクティブにするには、コマンド「-P = dev North Pole」で追加できます

0
Prabhjot