webdevqa.jp.net

マウスを使わずにExcelでシリーズを自動入力する(キーボードのみ)

そのため、それらの線に沿ってシリーズなどを拡張したい場合は、セルのグループを強調表示してから、強調表示ボックスの右下隅をクリックして下にドラッグします。 Excelは自動的に内容を拡張しようとします。これを可能にするキーボード機能はありますか?マウスを繰り返し動かさないようにキーボードを使うのが好きです。

Shiftキーと矢印キーを使って選択することはできますが、この機能をトリガーできるキーがある場合はわかりません。

私はまた、この関数が実際に何と呼ばれているのか本当に知りません。

57
jtpereyda

あなたはリボン上にあるものに到達するためにキーボードショートカットを使用することができます。押す Alt その後、各セクションの横にキーストロークが表示されます。 [塗りつぶしシリーズ]ダイアログボックスを表示するには、を押します。 Alt その後 HFIS

37
paulmorriss

あなたは "Fill-Down"または "Fill-Right"を探しています。

範囲を選択で始まるセルに移動して...その後 Shift+ または Shift+ 内容を記入したい場所に...を押してからを押します。 Ctrl+D (記入)または Ctrl+R (右詰め).

残念ながら、fill-leftまたはfill-upのショートカットキーはありません。

51
TheCompWiz
  1. つかいます Shift +  シリーズの移動先を強調表示するには、キー入力するセルを入力します。

  2. Alt + HFIS

  3. Shift + TabF

  4. Enter

(上記の回答といくつかの試行錯誤からヒントを得たもの)

8
  1. Ctrl+C 開始セルをコピーする
  2. ターゲット範囲を選択します(を使用して Shift、 Ctrl、矢印など)
  3. Ctrl+V 貼り付ける

目標範囲は適切に埋められます。


As TheCompWizが回答 、として Ctrl+D そして Ctrl - R 別の方法になります。 Ctrl+C/V あなたはどんな方向にもどこにでも記入することができますしながら Ctrl+D/R キーストロークが少なくて済みます。

3
wilson

マクロでこれを達成することもできます。

  1. [表示]タブ - > [マクロ] - > [マクロの記録]の順にクリックします。
  2. Myautofillなどのオプションの名前を選択します(名前にスペースは不要です)。
  3. たとえば、オプションのショートカットを選択します Ctrl+H
  4. [OK]をクリックしてマクロの記録を開始します
  5. [ホーム]タブ - > [編集] - > [塗りつぶし] - > [系列]に移動します。
  6. [シリーズイン]で[列]を選択し、[トレンド]オプションをオンにして[OK]をクリックします。
  7. [表示]タブ - > [マクロ] - > [録画停止]をクリックします。
  8. あなたのマクロは準備ができています!セル範囲を選択し、手順3で選択したショートカットをクリックします。
3
Mojtaba

Excel 2016(そして私は2013年を想定)のために、私はそれをクイックアクセスツールバーに追加し(私はCTRL-Sがそれをするので私は保存ボタンを取り除きました)、そして私はそれを塗りつぶしシリーズで置き換えました。

  • ホームリボンに行く
  • 編集グループで、「塗りつぶし」をクリックします
  • 「シリーズ」を右クリック
  • [クイックアクセスツールバーに追加]を選択します

今すぐウィンドウの左上に表示されます。 Altキーを押すと、追加した新しいアイコンの横に番号が表示されます。その後、クイックアクセスツールバーをカスタマイズして、[塗りつぶし]オプションを好きな場所に配置できます。

'Save'を取り除き、代わりに 'Fill'をそこに置くので、最初の2つの値(例えばセルA1に '1'とセルA2に '2')を入力して、その下の2つ以上のセルを選択できます。 ALT、1、Enterキーを押します。選択したセルに系列を入力します。この作業にマウスは必要なくなりました。

3
user770335

塗りつぶし(または右詰め)へのショートカット:最初に選択する(または右詰めをするものを選択)

オプション1:(Excelシートの最後まで)すべてのセルを埋めるには:(Shift+(End その後))その後(Ctrl+D)右:(シフト+(終了次に))次に(Ctrl+D

オプション2:塗りつぶし:(Shift+(PgDown ^N))そして(Ctrl+DN=あなたの必要性に基づいてあなたが降りる必要がある回数。必要に応じて、エアロキーまたはPgUpキーで上下に移動することもできます。

1
Ba Santa

しかし、 'type'を自動入力に変更する必要もあります。

Alt+H+F+I+S その後 shift+tab+down+down+down その後 enter

1
banker

クイックアクセスツールバーの位置に「塗りつぶしシリーズ」を割り当てます。この例ではポジション2としましょう。

あなたが塗りつぶしたいセルと塗りつぶしたい空のセルを強調表示します - Shift +矢印を使って行うことができます。

Alt + 2(割り当てられたQAポジション)そしてEnterを押します。

注 - Excelが一連の数値を埋めるように推論する場合は、2つのセルとターゲットを強調表示します。

Alt + x + y + z + a + b + c、Shift + d + e + fの答えよりも、これが助けになり、実行が少し簡単になることを願います。

0
Skeksy

A列にシリアル番号を生成する必要があるとします。

  • 最初のセルに1を入力します。つまり、A1です。
  • Downキーを押してA2に移動します。
  • =キーを押し、セルを選択A1、同様に1を追加=A1+1and Enterキーを押してください。これにより番号が生成されます2
  • shiftキーを押したまま、シリーズを終了したい最後のセルまでdownキーを押し続けます。
  • 自動ドラッグするにはctrl+dを押してください。

最後に、一連の自動番号を入手しました。

0
ZMKhan

この答えはあらゆるシリーズを埋めるためのものです。シリーズには数式が含まれていないため、上記の回答はすべて役に立ちません(ステップ1、ステップ2などのシリーズがある場合は数式を作成できません)。またはの列:と自動入力の種類 - > Press OK。

それでおしまい !

0
Mit

オートフィルを使用したい場合は、これを使用してください。

Alt + HFIS それから Alt + F そして最後に Enter

0
Navik Goswami

セルを選択して、記入します。

で範囲を選択 Shift+Ctrl+End

押す F2 最初に選択したセルを編集します。

押す Ctrl+Enter 領域を埋めるために。

0
Prosper

最初の列を1で埋めてから、系列を埋めたい範囲を選択してを押します。 Alt+H+F+I+S その後 Enter...シリーズがいっぱいになります。

0
raj

デフォルトではホットキーを使用できません。しかし、あなたは自分自身でマクロを記録することができます。私はそれをやったCtrl + Shift + D

最初にセルを選択して、(塗りつぶされた連続セルで)塗りつぶします。 Go 表示=>下矢印マクロ=>レコードマクロ..開いたウィンドウで、任意の名前とホットキーを入力できます。 [OK]をクリックした後 Home => Fill => Series => AutoFillオプションボタンを選択してからOK を選択し、ビューメニューからMacrosに戻って録画を停止します。次回はあなたのホットキーでそれを埋めることができます。がんばろう!


マクロの記録を開始すると、(視覚的な基本コードに対して)行ったすべてのアクションが記録されます。記録を開始する前にセルを選択してください。そしてそれを止めることを忘れないでください:)

0
Java
  1. 上部のセルに1と入力します。

  2. = 1 +(上位セルのアドレス)と入力してEnterキーを押します。

  3. そのセルをコピーして、必要なデータの最後の売りにドラッグします。

  4. その行を選択し、特殊な貼り付け(Alt + E + S + V)を使用して式を削除します。

0
user245535

セルを選択して、記入します。

で範囲を選択 SHIFT + arrows 内容を記入したい場所。

押す F2 最初に選択したセルを編集します。

押す CTRL+ENTER 領域を埋めるために。

0
Jan Brabec