webdevqa.jp.net

Microsoft Office数式で下付き文字を書く方法

下付き文字の多い方程式を書かなければなりません。数式で下付き文字を書くためのMicrosoft Officeのショートカットキーは何ですか?

26
Phenom

Officeの組み込みの数式エディターでは、^(キャレット)上付き文字の後にテキストが続き、下付き文字は_(アンダースコア)の後にテキストが続きます。

入力後にスペースを入力する必要があります。例えば、

e_r SPACE next letter 

あなたにあげます

er

33
Blob

上記で提案された回答のいずれも、私には直接役立ちませんでした。しかし、私は少し明確にして問題を解決しました。

数式エディタで文字に添え字を付けるには:
1。アンダースコア「_」を入力します。
2。スペースバーを押します
3。これにより、添え字に小さな点線のボックスが作成されます。
4。ボックスをクリックして、下付き文字に入れるテキストを入力します。

上付き文字:
アンダースコアの代わりにカラット「^」を使用して、上記のすべての手順を繰り返します。

注:上記はMicrosoft Word 2013で試されました。

6
Hemanshi

例えば

  • a1は2で構成されます
  • _b1 =a1^2_は4を表示
  • c1 @sum(a1^3)は8を表示します
1
David Johnson

私は皆の提案を試みました、そして、何もうまくいきませんでした、しかし私は最終的に何が起こっているのか理解しました。私はWord 2013を使用して、添字付きの多くの数式を含む、数学と物理科学のテストを数多く作成しています。ただし、物理学の私の公式のほとんどは、「通常のテキスト」(斜体ではないテキスト)を使用しています。通常のテキストを使用している場合、他の人が共有していた「SHIFT」+「アンダースコアと下付き文字」+「スペース」は機能しません。 (数式エディターで)[数式]ドロップダウンの横にある画面の左上隅にある[通常のテキスト]設定をクリックして、通常のテキストをオフにしたときのみ、 "SHIFT" + " _(下付き) "は実際に機能しました。

したがって、斜体のテキストではなく通常のテキストを使用する数式を入力する場合は、添え字のショートカットキーを使用する前に、画面の左上にある[通常のテキスト]の選択を解除してください。

例:NaNO3を入力して3を添え字にし、テキストを通常のイタリック体にしない場合は、次のようにします。

  1. ALT + =と入力して、数式エディタを起動します。
  2. 左上にある「abc標準テキスト」をクリックして、テキストにイタリック体を付けないようにします(「abc標準テキスト」が青色で強調表示されます)。
  3. 「NaNO」と入力します(下付き文字を最後の文字の直後に置きたい場合は、通常のテキストの後にスペースを入力しないでください)。
  4. 「abc Normal Text」をもう一度クリックすると、ほとんどの数学の方程式で使用されている通常のイタリック体のテキストに戻ります
  5. 下線「_」とその後に下付き文字を入力します。「_ 3」のように、間にスペースを入れないでください。
  6. スペースを入力してください。

これで、3にOの後に添え字が付けられます。次に、「abc Normal Text」をもう一度クリックして、方程式の入力を続けます。

お役に立てれば。

1
NewWord2013User

Microsoft Word数式エディタ3.0または3.1の場合:

enter image description here

enter image description here

  • CTRLH 上付きモードにします
  • CTRLL 添え字モードにします
  • CTRLJ 上付き文字と下付き文字の両方を割り当てます

例:

enter image description here

その他のキーボードショートカット ここ を見つけることができます。

0

多くの方程式(ほとんどがギリシャ記号を含む科学的なもの)を記述する必要がある場合は、ユーザーが手動でアクティブにする必要のあるMS Wordに隠しショートカットがあります。この方法は素晴らしく、 https://www.youtube.com/playlist?list=PLbTE-xLDPxtBP-TE2fS1MysSqFCkHh1N でうまく説明されています

0
Cp Gupta