webdevqa.jp.net

Outlook 2010で電子メールのソースコード全体を表示する方法を教えてください。

電子メールメッセージの ヘッダーの表示方法 と、HTMLメッセージの ソースの表示方法 を確認しました。しかしOutlook Expressでは、 全体のメッセージソースコード を受信したのとまったく同じ方法で表示するオプションがありました(つまり、ヘッダーとプレーンテキストおよび/またはHTML)。本文のメッセージ部分)そのようなオプションまたはそれと同等のものはOutlook 2010に存在しますか?

46
PersonalNexus

メッセージのヘッダを表示するには、次の手順に従います。

  • Outlook 2010で、既存の電子メールを開きます。
  • ファイルタブをクリックしてください。
  • 情報をクリックします。
  • プロパティボタンをクリックします。
  • インターネットヘッダーを確認してください。 (コピーするには:フィールドを右クリックして[すべて選択]をクリックし、もう一度右クリックしてコピーを選択します)

メッセージ本文のソースコードを表示するには、次の手順を実行します。

  • Outlookでソースコードを見たいメッセージを開きます。
  • (2010)メッセージを右クリックして「ソースの表示」を選択

または

  • (2010より前)メニューバーの[その他の操作]をクリックし、次にドロップダウンから[ソースの表示]をクリックします。
  • (2010)[メッセージ]タブで、[移動]セクションを見て[アクション] - > [その他のアクション] - > [ソースの表示]を選択します。

Outlook 2007/2010で新しく取得されたPOPメッセージの完全なメッセージソースコードを見るために:

  1. 管理者アカウントでPCにログオンします。
  2. Startメニューを開き、検索フィールドにregeditと入力してEnterを押します。レジストリエディタツールが起動します。
  3. 右のキーに移動します。
    1. Outlook 2007:HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Options\Mail
    2. Outlook 2010:HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Options\Mail
  4. ウィンドウ右側のオープンスペースを右クリックして、新しいDWORD Valueを作成することを選択します。
  5. 新しいDWord値を作成し、新しい値の名前としてSaveAllMIMENotJustHeadersを入力します。
  6. 新しい値をダブルクリックし、値を1に設定してからOKを押します。
  7. レジストリエディタを閉じてOutlookを開きます。
  8. ソースコードを表示したいメッセージを右クリックして、Message Optionsを選択します。表示されるポップアップウィンドウにメッセージの完全なソースコードが表示されます。

出典:

40
Siva Charan
  1. Outlookを開きます。

  2. ソースコードが欲しいメッセージを開きます。

  3. メニューバーで、ドロップダウンからその他のアクションをクリックし、次にソースの表示をクリックします。

Outlook 2007では、次の方法を使用しました。

ファイル"名前を付けて保存"*.htmlに移動します。

4
Vishal Gaikwad

Outlook 2010の "ソースの表示"方法では、電子メールの本文のHTMLコードのみが表示されます。電子メール自体の実際のソースコードは表示されません。これはかなり複雑で、本文のみのテキスト版も含まれる可能性があります。ディスプレイの異常などをトラブルシューティングするために、電子メールの実際のコードを届いた形式で確認する必要がある場合があります。

正しく思い出した場合、[プロパティ]をクリックしたときに電子メールの本文コードがヘッダーと一緒に表示されるようにするには、レジストリを無効にする必要があります。上記のレジストリソリューションは正しい場合もあれば、正しくない場合もあります。私にはうまくいきませんでした。解決策は、ここで説明されているように、レジストリをもう少しドリルダウンすることです。 http://email.about.com/od/outlooktips/qt/How_to_View_the_Complete_Message_Source_in_Outlook.htm

レジストリを終了した後は、Outlook 2010を必ず再起動してください。本当の電子メールのソースコードは、File> Propertiesで表示されるポップアップの「Internet headers」部分のヘッダーコードの下に表示されます。あなたが適切なレジストリ編集をした後に受信された電子メールのためだけにOutlookはあなたに完全なボディソースを示します。それ以前に受信したEメールの場合は、「アクション」メニューを使用してそれらのHTMLソース・コードを表示できますが、それらのEメール・ソース・コードは取得できません。メールのリストに表示されるファイルサイズは、この変更を加える前に表示されるものよりも多くのバイト数になります。 (私が偶然私のメールプロバイダから重複したEメールを受け取っていたという理由だけで私が発見したもの。たぶん私の変更の前に、いくつかの後に受信された。

2
old faithful

Outlook 2010の場合

  1. Outlookでメールを開く
  2. コンテンツを右クリック
  3. 「ソースコードを見る」を選択
1
David

Outlook 2010の場合:

  1. Outlookで、電子メールを開きます。
  2. 「ファイル」をクリックしてください。
  3. 「オプション」をクリックしてください。
  4. 「リボンのカスタマイズ」をクリックしてください。
  5. ドロップダウンの「コマンドの選択元」で「すべてのコマンド」を選択します。
  6. 下にスクロールして[View Source]を見つけ、それを強調表示します。
  7. 2つのドロップダウンの中央にある[追加>>]をクリックします。
  8. メールに戻ると、メニューの一部として[ソースの表示]アイコンが表示されます。これにより、今後の電子メールのソースを簡単に表示できます。

    https://www.youtube.com/watch?v=PILmx8i9Eo4
1
Cale Sweeney

Outlook 2016:

私が見つけた最も信頼できる方法はこれです:

ダブルクリックして電子メールメッセージを開きます。
メニューリボンのMoveセクションを見つけます。
このセクションではActions(アイコンのみの場合もあります)"Other actions"View sourceを見つけます。

0
Jpsy

Outlook 2007の場合:CTRL + ALT + Fを押して、元のメッセージ全体を添付したメッセージの転送を開始してから、他の電子メールアドレスに転送します。ここでメッセージの全ソースを表示できます。ぎこちない方法だが、他の電子メールクライアントのように完全なメッセージソースを表示する唯一の方法。

0
golimar