webdevqa.jp.net

Outlook:別の仮の会議が予約されている場合に、会議を仮に自動的に受け入れる方法

だから私は(他のみんなのように)あまりにも多くの会議を持っています、そして私が時間があってそれらが「暫定的」として予約されているなら私が出席する会議があります。

会議の自動承諾と辞退もオンにしました(会議が多すぎる理由の1つです)。別の暫定的な会議があるときにOutlookが会議を一時的に受け入れるようにしたい同じ場所(今は会議を拒否するだけです)

レジストリをグーグルで駆け回ってみましたが、あまり見つかりませんでしたので、メインサイトの姉妹サイトを参照してください... :-)

追伸Outlook 2013を実行していますが、より新しいバージョンのソリューションが存在する場合、新しいバージョンが展開されるのを待ちます...

6
Fabby

この手順を使用します。

  • Outlookを開き、Fileタブをクリックします。

  • Optionsをクリックし、左側のサイドバーでCalendarをクリックします。

  • 自動承諾または拒否自動承諾、辞退ボタンをクリックしますセクション。

  • 会議出席依頼を自動的に承諾し、キャンセルされた会議を削除するのオプションをすでにチェック済みとしてマークしているため、そのままにしておきます。

  • 現在チェックされている既存の予定または会議と競合する会議出席依頼を自動的に拒否するオプションをオフにします。

  • [〜#〜] ok [〜#〜]を2回クリックして設定を保存し、ダイアログボックスを閉じます。

image


投稿者はOutlook 2013のバグに直面しているようです。そこでは、上記のアドバイスに従うと、会議が暫定的にではなく永続的に受け入れられます。 Outlook 2016に更新すると、この問題が解決する場合と解決しない場合があります(Outlookを使用していないため、テストできません)。

そのような場合、VBAマクロに頼る必要があるかもしれません。以下は1つの可能性です。

Sub AutoAcceptMeetings(oRequest As MeetingItem)

If oRequest.MessageClass <> "IPM.Schedule.Meeting.Request" Then
  Exit Sub
End If

Dim oAppt As AppointmentItem
Set oAppt = oRequest.GetAssociatedAppointment(True)

Dim oResponse
 Set oResponse = oAppt.Respond(olMeetingTentative, True)
 oResponse.Display '.Send
End Sub

上記のマクロを使用するには、OutlookのVBAエディター(Alt + F11)を開き、Microsoft Office Outlook Objects、次にThisOutlookSessionをダブルクリックします。上記のコードをモジュールに入力するか貼り付けてから、run scriptアクションを実行し、このスクリプトを選択します。

私はOutlookを使用していないので、正しくなるまで上記を試してみる必要があるかもしれません。

参照:

3
harrymc