webdevqa.jp.net

アクセスレポートに円グラフを追加する方法

以下のように、各「AREA」の「DONE」と「REMAIN」を示すテーブルがあります。

 AREA       DONE    REMAIN TOTAL
 AREA1      100     200     300
 AREA2      200     300     500
 AREA3      200     700     900

各エリアの「DONE」と「REMAIN」を円グラフで表示するレポートを作成したいのですが、グラフに対してこのジョブを実行する方法、チャート制御の「行ソース」をどのように設定するかという問題があります。このテーブルにはどのクエリが必要ですか?

8
masoud

(テーブルの名前は[AREAS]だと思います。)

ここでの秘訣は、[AreaDataForPieChart]という名前の保存されたUNIONクエリを作成することです...

SELECT "DONE" AS PieCategory, [DONE] AS PieValue, [AREA] FROM [AREAS]
UNION ALL
SELECT "REMAIN" AS PieCategory, [REMAIN] AS PieValue, [AREA] FROM [AREAS]

...戻る...

PieCategory  PieValue  AREA 
-----------  --------  -----
DONE              100  AREA1
DONE              200  AREA2
DONE              200  AREA3
REMAIN            200  AREA1
REMAIN            300  AREA2
REMAIN            700  AREA3

...そしてそれに基づいて円グラフを作成します。

[AREAS]テーブルに基づいてレポートを作成することから始め、テキストボックスに[AREA]を表示します。

Report1.png

次に、レポートの詳細バンドにチャートコントロールを追加します。プロンプトが表示されたら、上記で作成した保存済みクエリを選択します

ChooseQuery.png

グラフの列として[PieCategory]と[PieValue]を選択します

ChooseColumns.png

グラフの種類として「円グラフ」を選択します

ChooseChartType.png

クエリの列の順序により、デフォルトのデータレイアウトは正常に機能します

DataLayout.png

[AREA]フィールドを使用して、チャートをメインレポートにリンクするようにレポートに指示します

Linking.png

チャートに意味のあるタイトルを付けてから、[完了]ボタンをクリックします。

Finish.png

次に、レポートをプレビューします。次のようになります。

Results.png

12
Gord Thompson

以下のリンクをたどってください:

MSAccessで円グラフを使用する簡単な方法

SELECT status, Count(status) AS count FROM Table1 group by status;

円グラフプロパティの行ソースでクエリを実行します。

最初の列は円グラフのラベルとして表示され、2番目の列はカウントを表示します。

http://www.worldbestlearningcenter.com/index_files/Access-vba-piechart.htm#

0