webdevqa.jp.net

#2006 MySQL ServerはWampのエラーをなくしました

Wampserverバージョン2.0を使用しています。 MySQL Query BrowserまたはPHPMyAdminを介してSQLファイルをインポートしようとすると、次のエラーが表示されます。

Error 2006: MySQL Server has gone away.

ファイルのサイズは54,528 KBです。

C:\ wamp\bin\mysql\mysql5.1.30\my.iniで、[mysqldump]および[wampmysqld]でmax_allowed_pa​​cketを100Mに設定します。 my.iniでwait_timeout変数が見つかりませんでした。この問題を修正する方法は?参考までに、my.iniファイルの内容を以下に示します。

# Example MySQL config file for medium systems.
#
# This is for a system with little memory (32M - 64M) where MySQL plays
# an important part, or systems up to 128M where MySQL is used together with
# other programs (such as a web server)
#
# You can copy this file to
# /etc/my.cnf to set global options,
# mysql-data-dir/my.cnf to set server-specific options (in this
# installation this directory is C:\mysql\data) or
# ~/.my.cnf to set user-specific options.
#
# In this file, you can use all long options that a program supports.
# If you want to know which options a program supports, run the program
# with the "--help" option.

# The following options will be passed to all MySQL clients
[client]
#password   = your_password
port        = 3306
socket      = /tmp/mysql.sock

# Here follows entries for some specific programs

# The MySQL server
[wampmysqld]
port        = 3306
socket      = /tmp/mysql.sock
skip-locking
key_buffer = 16M
max_allowed_packet = 100M
table_cache = 64
sort_buffer_size = 512K
net_buffer_length = 8K
read_buffer_size = 256K
read_rnd_buffer_size = 512K
myisam_sort_buffer_size = 8M
basedir=c:/wamp/bin/mysql/mysql5.1.30
log-error=c:/wamp/logs/mysql.log
datadir=c:/wamp/bin/mysql/mysql5.1.30/data

# Don't listen on a TCP/IP port at all. This can be a security enhancement,
# if all processes that need to connect to mysqld run on the same Host.
# All interaction with mysqld must be made via Unix sockets or named pipes.
# Note that using this option without enabling named pipes on Windows
# (via the "enable-named-pipe" option) will render mysqld useless!
# 
#skip-networking

# Disable Federated by default
skip-federated

# Replication Master Server (default)
# binary logging is required for replication
log-bin=mysql-bin

# binary logging format - mixed recommended
binlog_format=mixed

# required unique id between 1 and 2^32 - 1
# defaults to 1 if master-Host is not set
# but will not function as a master if omitted
server-id   = 1

# Replication Slave (comment out master section to use this)
#
# To configure this Host as a replication slave, you can choose between
# two methods :
#
# 1) Use the CHANGE MASTER TO command (fully described in our manual) -
#    the syntax is:
#
#    CHANGE MASTER TO MASTER_Host=<Host>, MASTER_PORT=<port>,
#    MASTER_USER=<user>, MASTER_PASSWORD=<password> ;
#
#    where you replace <Host>, <user>, <password> by quoted strings and
#    <port> by the master's port number (3306 by default).
#
#    Example:
#
#    CHANGE MASTER TO MASTER_Host='125.564.12.1', MASTER_PORT=3306,
#    MASTER_USER='joe', MASTER_PASSWORD='secret';
#
# OR
#
# 2) Set the variables below. However, in case you choose this method, then
#    start replication for the first time (even unsuccessfully, for example
#    if you mistyped the password in master-password and the slave fails to
#    connect), the slave will create a master.info file, and any later
#    change in this file to the variables' values below will be ignored and
#    overridden by the content of the master.info file, unless you shutdown
#    the slave server, delete master.info and restart the slaver server.
#    For that reason, you may want to leave the lines below untouched
#    (commented) and instead use CHANGE MASTER TO (see above)
#
# required unique id between 2 and 2^32 - 1
# (and different from the master)
# defaults to 2 if master-Host is set
# but will not function as a slave if omitted
#server-id       = 2
#
# The replication master for this slave - required
#master-Host     =   <hostname>
#
# The username the slave will use for authentication when connecting
# to the master - required
#master-user     =   <username>
#
# The password the slave will authenticate with when connecting to
# the master - required
#master-password =   <password>
#
# The port the master is listening on.
# optional - defaults to 3306
#master-port     =  <port>
#
# binary logging - not required for slaves, but recommended
#log-bin=mysql-bin

# Point the following paths to different dedicated disks
#tmpdir     = /tmp/     
#log-update     = /path-to-dedicated-directory/hostname

# Uncomment the following if you are using InnoDB tables
#innodb_data_home_dir = C:\mysql\data/
#innodb_data_file_path = ibdata1:10M:autoextend
#innodb_log_group_home_dir = C:\mysql\data/
#innodb_log_Arch_dir = C:\mysql\data/
# You can set .._buffer_pool_size up to 50 - 80 %
# of RAM but beware of setting memory usage too high
#innodb_buffer_pool_size = 16M
#innodb_additional_mem_pool_size = 2M
# Set .._log_file_size to 25 % of buffer pool size
#innodb_log_file_size = 5M
#innodb_log_buffer_size = 8M
#innodb_flush_log_at_trx_commit = 1
#innodb_lock_wait_timeout = 50

[mysqldump]
quick
max_allowed_packet = 100M

[mysql]
no-auto-rehash
# Remove the next comment character if you are not familiar with SQL
#safe-updates

[isamchk]
key_buffer = 20M
sort_buffer_size = 20M
read_buffer = 2M
write_buffer = 2M

[myisamchk]
key_buffer = 20M
sort_buffer_size = 20M
read_buffer = 2M
write_buffer = 2M

[mysqlhotcopy]
interactive-timeout

[mysqld]
port=3306
37
john

WindowsでXAMPPを使用していますが、同じ問題が発生しました。私はそれがタイムアウト変数だと思ったが、それはmax_allowed_packet

これにより修正されました。

# note the change was made at this section
[mysqld] 
port= 3306
socket= "/xampp/mysql/mysql.sock"
basedir="/xampp/mysql" 
tmpdir="/xampp/tmp" 
datadir="/xampp/mysql/data"
skip-locking
key_buffer = 16M
# it was 1M by default
max_allowed_packet = 2M
table_cache = 64
sort_buffer_size = 512K
net_buffer_length = 8K
read_buffer_size = 256K
read_rnd_buffer_size = 512K
myisam_sort_buffer_size = 8M

この構成ファイルは"XAMPPインストールディレクトリ、これですC:\XAMPPデフォルト"\mysql\bin\my.ini

63
Adi

これはmax_allowed_packetが原因である可能性があります

my.ini/my.cnfファイルを変更します。ファイルの[mysqld]の下に単一行を含めます

max_allowed_packet=500M

完了したら、MySQL serviceを再起動します。次のようにmysqlで現在の値を確認できます。

SHOW VARIABLES LIKE 'max_allowed_packet'

あなたはそれについてここで読むことができます http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/packet-too-large.html

6
Sathish D

Windows 7でXampp 1.7.7を使用していますが、同じ問題が発生しました。以下はそれを修正したものです:

  • Mysql.connect_timeout値を増やします。
    ;接続タイムアウトの最大時間(秒)。 -1は制限なしを意味します
    ; http://php.net/mysql.connect-timeout
    mysql.connect_timeout = 10;デフォルトでは3でした

  • 以前にやったことを試してみましたが、「max_allowed_pa​​cket」に関する別の問題が発生しました。

  • Mysql\bin\my.iniに移動し、max_allowed_pa​​cket = 1Mの設定を見つけてから、10Mに変更します。max_allowed_pa​​cket = 10M;デフォルトでは1Mでした

これが役立つことを願っています。

ドク

5
ducnguyenvn

PhpMyAdminドキュメント:

1.16大きなダンプファイル(メモリ、HTTPまたはタイムアウトの問題)をアップロードできません。

バージョン2.7.0以降では、インポートエンジンが書き直されており、これらの問題は発生しません。可能であれば、phpMyAdminを最新バージョンにアップグレードして、新しいインポート機能を活用してください。

最初に確認する(またはホストプロバイダーに確認する)ことは、php.iniのupload_max_filesize、memory_limit、post_max_size設定ファイルの値です。これら3つの設定はすべて、PHPが送信および処理できるデータの最大サイズを制限します。あるユーザーは、post_max_sizeとmemory_limitはupload_max_filesizeよりも大きくする必要があると言っています。

アップロードが大きすぎる場合、またはホスティングプロバイダーが設定を変更したくない場合、いくつかの回避策があります。

$ cfg ['UploadDir']機能を見てください。これにより、scp、ftp、またはお好みのファイル転送方法を使用して、サーバーにファイルをアップロードできます。その後、PhpMyAdminは一時ディレクトリからファイルをインポートできます。詳細については、このドキュメントの「構成」セクションを参照してください。

アップロードする前にユーティリティ(BigDumpなど)を使用してファイルを分割します。このアプリケーションまたはサードパーティのアプリケーションをサポートすることはできませんが、ユーザーがそれを使用して成功していることは認識しています。

シェル(コマンドライン)アクセスがある場合は、MySQLを使用してファイルを直接インポートします。これを行うには、MySQL内から「source」コマンドを発行します:source filename.sql。

2
Menacho

MySQLエラー2006ソリューションの手順:

  1. 「:\ xampp\mysql\bin \」にある「my.ini」ファイルを編集します。
  2. My.iniファイルで、値を増やして「max_allowed_pa​​cket」を編集します。
    • XAMPPのデフォルト値は1Mです。 10Mに更新しました。
  3. My.iniファイルを保存します。
  4. XAMPPでMySQLとApacheサーバーを再起動します。
1
Sandeep Sharma

increase memory sizeの回答が機能しない場合は、無限ループのコードを確認してください。

それは、コードを何に増やしてもメモリを使い果たしてしまったことです。スタックトレースは良い手がかりを与えます。少なくともローカルで デバッグがオンになっている を確認してください。

0
Bing

Magentoをバージョンxからyに更新中にこのエラーに気付きました。私が見たログを見ると、テーブルに問題がありました。

[エラー] databaseabc/core_url_rewriteのインデックスUNQ_DH_CORE_URL_REWRITE_REQUEST_PATH_STORE_IDにはInnoDB内で一意の2列がありますが、MySQLは3列の統計を要求しています。異なるインストールからの.frmファイルを混同しましたか? http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/innodb-troubleshooting.html を参照してください

この表を修正すると、問題が修正されました。私の場合、テーブルは再度生成される可能性があるため、テーブルを切り捨てることができました。

0
user1895954