webdevqa.jp.net

SATA 3の実際の速度は?

グーグルはそれが6Gb/sで実行されていると言います。スループットは600MB/sです。 600MB /秒は4.8Gb /秒に相当します。

これは、帯域幅が6Gb/sであっても、実際のスループットは4.8Gb/sであることを意味しますか?

49
Space Ghost

これは、帯域幅が6Gb/sであっても、実際のスループットは4.8Gb/sであることを意味しますか?

はい、そうです。その理由を理解するのは興味深いことです。

データは実際には6Gb/sで送信されますが、エンコードして、電気通信における2つの一般的な欠陥 DCバイアス と-を打ち消します クロックリカバリ 。多くの場合、これは 8b/10b エンコーディングと呼ばれる特定のコーディングアルゴリズムを使用して行われます。これは、この目的のために考案された唯一のエンコーディングアルゴリズムではありません(たとえば、マンチェスターエンコーディングもあります)が、SATAデータ転送のデファクト標準になっています。

(名前が適切な)8b/10bコーディングでは、8ビットの信号が10ビットの(信号+コード)に置き換えられます。これは、チャネルが1秒で送信する6Gbのうち、8/10 = 4/5のみが信号であることを意味します。 6Gbの4/5は4.8Gbで、600MBに相当します。これは、6Gb /秒チャネルを単なる(??)600MB /秒チャネルに劣化させるものです。

DCバイアスを補正し、このわずかな低下を補正する以上のクロックリカバリを可能にすることによって得られる利点。

82
MariusMatutiae

これは、帯域幅が6Gb/sであっても、実際のスループットは4.687Gb/sであることを意味しますか?

いいえ、スループットは、実際に取得できるaveraged実際のデータレートとして定義されます。

1秒あたり600MBはそのままの転送数ですが、SATAバスでエンコードしてDCバランスと最小限の信号アクティビティを実現するために使用できるレートです。 8ビットのデータごとに10ビットに拡張され、SATAケーブルで伝送されます。したがって、実際のデータでは、毎秒6.00ギガビットのワイヤ速度が毎秒4.8ギガビットに削減されます。

そのトピックの詳細については、ウィキペディアの記事 8b/10b_encoding を参照してください。 SATAのすべてのバージョン、つまり1.0以降では、8b/10bエンコーディングが使用されています。

14
sawdust

ネットワークでも同様のことが起こります。純粋なデータの8ビットに対して物理的なプロトコルオーバーヘッド/ 10ビットのため、GまたはMbpsを実際のGまたはMBpsに変換する場合、1:8ではなく1:10の比率のウォッシュが判明します。

Sata 3は6Gbpsですか?最大600MB/sが必要です。 100Mbpsのイーサネット? 10MB /秒。等々。

1
SirDaShadow

「Bps」(1秒あたりのバイト数)と「bps」(1秒あたりのビット数)を読むときは注意してください。 Bpsは通常、bpsの値の1/8で表示されます。

この後、人々がメガバイトとギガバイトに対して10進数のMとGを使用するか、バイナリMとGを使用するかが決まります。

通常の10進数の計算では、1 MB /秒は1,000,000バイト/秒ですが、仕様の作成者がバイナリ/コンピューターの計算を使用している場合、1,048,576バイト/秒に変更されます。

さまざまなSATA仕様の詳細については、仕様の所有者に直接アクセスしてください http://www.sata-io.org/

0
Rob Gagnon