webdevqa.jp.net

Npm installの--saveオプションは何ですか?

コマンドがあるチュートリアルを見ました。

npm install --save

--saveオプションはどういう意味ですか?

Googleで答えを見つけることができませんでした。

1488
Dmitri

npm 5を更新します。

npm 5.0.0 以降、インストールされたモジュールはデフォルトで依存関係として追加されているので、--saveオプションはもう必要ありません。他の保存オプションはまだ存在し、npm installドキュメント にリストされています。

元の回答:

バージョン5より前では、NPMは単にデフォルトでnode_modulesの下にパッケージをインストールしました。あなたがあなたのapp/moduleのために依存関係をインストールしようとしていたとき、あなたは最初にそれらをインストールし、そしてあなたのpackage.jsondependenciesセクションに(適切なバージョン番号と共に)追加する必要があります。

--saveオプションは、パッケージを自動的にpackage.jsondependenciesセクション内に含めるようにNPMに指示したので、追加のステップを省くことができます。

さらに、パッケージをそれぞれdevDependenciesおよびoptionalDependenciesの下に保存する補完オプション--save-devおよび--save-optionalがあります。これはgruntやあなたのテストライブラリのような開発専用パッケージをインストールするときに便利です。

1703
voithos

依存関係にあるパッケージを追加するには:

npm install my_dep --save

または

npm install my_dep -S

devDependenciesにパッケージを追加するには

npm install my_test_framework --save-dev

または

npm install my_test_framework -D

package.json enter image description here

149
Joe L.

あなたがpackage.jsonファイルを持っていなければ、それは何もしません。作成するためにnpm initを実行することから始めます。その後、npm install --savenpm install --save-dev、またはnpm install --save-optionalを呼び出すと、package.jsonが更新され、依存関係が一覧表示されます。

119
Nick Retallack

-S-D、または-Pを使用することもできます。これらは、パッケージをアプリ依存、dev依存、またはprod依存に保存するのと同じです。下記のNPMショートカットをもっと見てください。

-v: --version
-h, -?, --help, -H: --usage
-s, --silent: --loglevel silent
-q, --quiet: --loglevel warn
-d: --loglevel info
-dd, --verbose: --loglevel verbose
-ddd: --loglevel silly
-g: --global
-C: --prefix
-l: --long
-m: --message
-p, --porcelain: --parseable
-reg: --registry
-f: --force
-desc: --description
-S: --save
-P: --save-prod
-D: --save-dev
-O: --save-optional
-B: --save-bundle
-E: --save-exact
-y: --yes
-n: --yes false
ll and la commands: ls --long

このショートカットの一覧は、次のコマンドを実行して取得できます。

$ npm help 7 config
8
DevWL

NPM Doc に従って

enter image description here

それで、npm install package_nameを実行することによって、パッケージの依存関係はpackage.jsonに自動的に追加されるべきですね 

8
ROROROOROROR

Npm 5以降、npmはデフォルトで保存されるようになりました。以下のように自動保存を有効にするオプション。

npm config set save false

現在の設定を取得するには、次のコマンドを実行します。

npm config get save

ソース: https://blog.pusher.com/what-you-need-know-npm-5/ /

6
rajesh kumar

Npm 5以降、--save-prodより-P(または--save)を使用する方が有利ですが、 npm install に記載されているように、同じことを実行します。これまでのところ、--saveは提供されていても動作します。

5
themefield

npm install package_x --save

与えられたパッケージ(package_x)はpackage.jsonの依存関係の中に保存されます。 

npm install <> --save-dev

それからそれは "devDependencies"の中に保存されるでしょう。

5
Nizam Deen

Package.jsonに依存関係を追加するより簡単な(そしてもっと素晴らしい)方法は、npm installコマンドに--saveまたは--save-devのどちらかを付けてフラグを立てることです。その依存関係を使用してください。

2
Rubin bhandari

npm i(パッケージ名)--save  

簡単に言うと、上記のコマンドを使用すると、package.jsonファイルにパッケージ名を書き込む必要がなくなります。本番環境に移動するとき、または別の時間にセットアップするときに、必要なバージョンと名前および依存関係を自動的に追加します。

npm help install  

コマンドllの上で、より多くのオプションを見つけて、pic に正しいdef.shownを見つけます。 enter image description here

1
Nitin Tyagi

npm install --saveまたはnpm install --save-devで、プロジェクトにパッケージをインストールするときに、この2つの間で1つのオプションを選択します。 

npm install --savepacakage.jsonファイルのdependencyフィールドとdev-dependencyの他のエントリにエントリを追加することは、上記の回答から明らかです。

それでgitでコードをチェックインしたり、誰かにコードを渡したりする時はいつもそれが非常に大きいのでnode-modulesなしでそれをチェックするのでpacakge.jsonファイルにインストールモジュールのエントリーが必要なのはなぜでしょうか。これを避けるために共通の場所で利用可能です。

それで他の人がどのようにそのプロジェクトのために特に必要なすべてのモジュールを手に入れることができるでしょう。その答えはそのプロジェクトを実行または開発するために必要なすべてのパッケージのエントリを持つfrom the package.jsonファイルです。

それでcode we simply need to run the npm installコマンドを得た後それはpackage.jsonファイルを読み、必要な必要なパッケージをインストールします。

0
Sunny Goel