webdevqa.jp.net

Notepad ++でコードスニペットを管理する

Notepad ++でデータベースとコードのハイライトをバックアップしてコードスニペットを管理する方法はありますか?

39
MohamedKadri

コードスニペットを管理するための優れたプラグインがあります。

SnippetPlus
。NET 3.5が必要!Notepad ++のコードスニペットとサラウンドプラグイン。スニペット名を書き、それを実際のコードに置き換えるか、テキストを選択して、IF、TryCatch、Table、Divなどの何かで囲みます。スニペット名を覚えていない場合は、ヒントが表示されます。 、古いバージョンがインストールされていても。再インストールして、最新バージョンを使用していることを確認してください。
Author: Rajesh Kumar
ホームページ:http://sourceforge.net/projects/snippetplus/

Notepad ++ Plugin Managerからインストールし、ツールバーの黒いmのような記号をクリックしてドックをアクティブにできます。次に、バンドルされたスニペットのいずれかを選択し、ダブルクリックしてエディターに貼り付けます。

たとえば、Visual Basicファイルがあり、if-elseif-else構造を含むtry/catchブロックを含める必要がある場合、画像に示されている次の手順に従う必要があります。

SnippetPlus example

  1. 新しいコードスニペットを配置する場所にカーソルを置き、ツールバーからドックをアクティブにします。これにより、黄色でマークされたドッキングダイアログが開きます。
  2. ドックのSnippetsセクションでオプションifelseifをダブルクリックします。これにより、青でマークされたコードブロックが挿入されます。
  3. Try/catchブロック内に配置するすべてのコードを選択し、ドックのSurroundWithセクションでオプションTryCatchをダブルクリックします。これにより、選択したコードがすべての赤でマークされたコードブロック。

既存のスニペットを変更する場合、またはスニペットを含める場合は、GUIエディターを使用します。
GUI Editor

変更/削除するスニペットをクリックします。右側に表示されます。アクティブなセクション(SnippetsまたはSurroundWithのいずれか)は、濃い赤の背景で強調表示されます。

GUI Editor

カスタムスニペットも追加できます。適切な言語を選択し、新しいスニペットを所属させるセクションからスニペットをクリックします(SnippetsまたはSurroundWith)。作成する新しいスニペットの名前(例(sample)):ボタンModify新規追加
Add new snippet

キーボードショートカットを使用してドキュメントにスニペットを挿入することもできます Ctrl+Shift+ENTER

  1. スニペット名を直接記述してからキーボードショートカットを押すか、または
  2. キーボードショートカットを押してポップアップを起動し、再度キーボードショートカットを押してスニペット名をスニペットコンテンツに置き換えることができます。

insert snippet by keyboard shortcut

注:

  • このプラグインは、再起動の間スニペット(カスタムのものを含む)を保持します。
  • 重要な注意:スニペットを追加/変更/削除した場合、Notepad ++の再起動後にのみ変更が適用されます(セクションのリストの内容を含むスニペットおよびSurroundWith)。不完全なスニペットを複製したり追加したりしないように注意してください。
  • 作業中の言語にコードの強調表示を適用するには、従来どおりにメニューlanguageから選択します。
    code highlight
  • に示されているコードスニペット Ctrl+Shift+ENTER メニューは、ドキュメントに現在適用されている言語の強調表示に依存します。グローバルに表示される唯一のコードスニペットは、カテゴリ[〜#〜] general [〜#〜]に属するものです。

この情報がお役に立てば幸いです。

22

この回答は、np ++コードスニペットの管理方法に関するものではありませんが、プラグインがうまく機能しないように見えるので、これは良い代替案かもしれません。非常に柔軟なシステム全体の解決策は、 [〜#〜] ahk [〜#〜] を使用することです。その後、ホットキーとテキスト拡張をカスタマイズすることで、スニペットのような機能に加えて、さらに多くのものを取得できます。

たとえば、次のようなワンライナーAHKスクリプト:*:123::123456789は、現在のエディター(np ++またはVSなど)に関係なく、「123」と入力して「123456789」に自動的に展開します。これを特定のアプリケーションに制限するには、次のような行を追加します#IfWinActive, ahk_exe devenv.exeここに完全な例 )。

プレーンテキストのAHKの詳細


コードスニペットを管理するシンプルなAHKスクリプト


CodeSnippetデータベースを管理する簡単なソリューションを作成しました。もう少し作業が必要です。

それがすること

Ctrl + Alt + Sを押すと表示されるコードスニペットリストを提供します。スニペットをダブルクリックすると、アプリケーションに貼り付けられます。スニペットは単なるファイルのリストであり、ファイルの内容はスニペットにコードを提供します。

セットアップ方法

1.)MyDocumentsディレクトリの下に「CodeSnippets」という名前のフォルダーが必要です。このフォルダーにコードスニペットファイルを作成します。

2.) [〜#〜] ahk [〜#〜] を使用して、次のスクリプトを実行します。 「設定して忘れる」には、Windowsの起動時にスクリプトを実行します。 Windowsの任意のアプリケーションから、Ctrl + Alt + Sを押してスニペットを選択します。

#NoEnv

HotKey, ^!s, ShowList
return

ShowList:
Gui, Add, ListView, r20 w300 gMyListView, Name
Loop, %A_MyDocuments%\CodeSnippets\*.*
    LV_Add("", A_LoopFileName)

Gui, Show
return

MyListView:
if A_GuiEvent = DoubleClick
{
    LV_GetText(RowText, A_EventInfo)
    FileRead, Snippet, %A_MyDocuments%\CodeSnippets\%RowText%
    Clipboard := Snippet
    Gui, Destroy
    Send ^v
}
return

GuiClose:
Gui, Destroy
return
1
u8it

FingerTextもあります。 NPPの新しいプラグイン管理からインストールして正常に実行されました。試してみるなら、おそらくプラグイン| FingerText |デフォルトのスニペットパッケージをインストールして、デフォルトのスニペットセットを取得します。 2012年ビンテージですが、まだ機能します。デフォルトでは、TextMateである<TAB>キーを介してスニペットを展開します。 $[![(key)DATE:yyyy/MM/dd]!]が挿入日付スニペットの現在の日付を表すような拡張マクロがあります。挿入する場合ハイパーリンクは、テキスト部分を強調表示するため、入力を開始するとテキストのプレースホルダーを置き換えます。その後、<TAB>を押すとURLプレースホルダーが強調表示されます。これは、エメットの動作方法を連想させるものでもあります。もちろん、新しいスニペットを追加して編集することができます。

おそらく最大の見落としは、スニペットをカテゴリに分割しないことです。スニペット用の長いリストを1つだけ取得できます。ただし、スニペットはファイル拡張子を認識しています。オートコンプリート機能がないようです。ドキュメントは、{NPP}\plugins\FingerTextディレクトリの「README.rdoc」にあります。

明らかにwin32プロジェクトであるため、.NET 3.5は必要ありません。開発者は、アルファ段階であることを示しています。しかし、それは合理的に安定しているように見え、アルファ段階の私見よりも成熟しているようです。これはオープンソースであり、GitHubの「 erinata/FingerText:Notepad ++のタブトリガースニペットプラグイン 」から入手できます。私の推測では、x64バージョンが必要な場合は、自分でコンパイルする必要があります。しかし、Visual Studioプロジェクトがあります。

0
CodeLurker