webdevqa.jp.net

libreoffice特別な>テキストと数字のみを貼り付ける(別名、特別な値を貼り付ける)ための高速な方法は何ですか?

Excelで値をコピーして貼り付ける(Excelを使用する場合)。私がLibreOfficeを使用するとき、あなたは同じことをすることができます( ここの関連する質問 を見てください)、しかしそれはとても退屈です!

特別な貼り付けの下で他のオプションを時々使用するので、特に面倒になります。この[特殊値の貼り付け]ダイアログボックスには最後の設定が記憶されているため、過去の特殊値を正しく取得するには、現在の設定を確認し、必要なものが得られるまでオンとオフを切り替える必要があります。私は頻繁に値だけを過ぎてしまうので、指で覚えることができる一連のキーストロークが必要であり、これを実行するたびに繰り返すことができます。

libreofficeにテキストと数字だけを一貫して貼り付ける一連のキーストロークを取得するにはどうすればよいですか?これをすばやく実行できるようにしたいのでキーストロークを多くするよりも少なくする方が好きです。

4
snowguy

(この回答は、 他の回答 で提案されている組み込みコマンドを使用するよりも一般的であるため、ここに残しておきます。マクロでは、事前定義されたいくつかのオプションだけでなく、貼り付けオプションの任意の組み合わせを使用できます。オペレーション。)

マクロを定義して、それをキーの組み合わせにバインドできます。最も簡単な方法は、おそらくマクロレコーダーを使用することです。

  1. マクロ記録がオンになっていることを確認します。ツールオプションを選択し、 LibreOffice→[全般]ページで、[マクロ記録を有効にする]オプションをオンにします。

  2. マクロを記録する準備をします。セルをクリップボードにコピーします([形式を選択して貼り付け…]コマンドで提供されるオプションはクリップボードの内容によって異なるため、何かを用意する必要がありますCalcからコピーしたデータを貼り付けるためのマクロを記録する場合は、クリップボードのLibreOfficeCalcから)。

  3. コピーしたデータを貼り付ける空のセルを選択します。

  4. マクロ記録の開始:ツールマクロマクロの記録Stop Recordingボタンが付いた[RecordMacro]ツールバーが表示されます。

  5. 編集特別に貼り付け…を選択し、オプションの組み合わせを選択しますマクロに記録して[〜#〜] ok [〜#〜]を押します。

  6. 録音の停止ボタンをクリックします。マクロを保存するためのダイアログが表示されます。新しいマクロ名(例:PasteAsTextOrNumber)を入力し、左側のツリーでMy Macros/Standard/Module1を選択してから、Saveボタンを押します。 。 (モジュールにすでに存在するマクロ名を入力する場合は、古いマクロを上書きすることを確認する必要があります。マクロレコーダーだけを使用して既存のマクロに新しいアクションを追加する方法はありません。)

  7. これで、マクロをショートカットキーに割り当てることができます。 ツールカスタマイズを選択し、[キーボード]タブに切り替えます。上のリストで目的のショートカットキーの組み合わせを選択し、下のリストでマクロを見つけます。

    • カテゴリ:LibreOfficeマクロ→ユーザー→標準→モジュール1
    • 関数:マクロ名(例:PasteAsTextOrNumber

    Modifyを押して、マクロをキーの組み合わせに割り当てます。

    「ツールバー」タブを使用して、マクロのツールバーボタンを作成することもできます。

「テキスト」と「数字」のオプションのみがチェックされたときに生成されたマクロコードは次のとおりです。

sub PasteAsTextOrNumber
rem ----------------------------------------------------------------------
rem define variables
dim document   as object
dim dispatcher as object
rem ----------------------------------------------------------------------
rem get access to the document
document   = ThisComponent.CurrentController.Frame
dispatcher = createUnoService("com.Sun.star.frame.DispatchHelper")

rem ----------------------------------------------------------------------
dim args1(5) as new com.Sun.star.beans.PropertyValue
args1(0).Name = "Flags"
args1(0).Value = "SV"
args1(1).Name = "FormulaCommand"
args1(1).Value = 0
args1(2).Name = "SkipEmptyCells"
args1(2).Value = false
args1(3).Name = "Transpose"
args1(3).Value = false
args1(4).Name = "AsLink"
args1(4).Value = false
args1(5).Name = "MoveMode"
args1(5).Value = 4

dispatcher.executeDispatch(document, ".uno:InsertContents", "", 0, args1())


end sub
6
Sergey Vlasov

「カスタマイズ」ダイアログを詳しく調べたところ、マクロを使用せずに、おそらく必要なことを実行するコマンドが見つかりました。

  1. ツールカスタマイズを選択し、[キーボード]タブに切り替えます。

  2. 「ショートカットキー」リストで目的のキーの組み合わせを選択します。

  3. 「カテゴリ」リストで「編集」を選択し、「機能」リストで.uno:PasteOnlyValueを選択します。 ( このバグレポート によると、LibreOffice 4.0.0以降、このアイテムには「値のみ貼り付け」というラベルを付け、おそらくあなたの言語に翻訳する必要があります。ここではまだ3.6を使用しています。)

    「編集」カテゴリには、他にもいくつかの関連コマンドがあります。

    • .uno:PasteOnly(貼り付けのみ)
    • .uno:PasteOnlyFormula(数式のみを貼り付け)
    • .uno:PasteOnlyText(テキストのみを貼り付け)
  4. Modifyボタンを押して、キーの組み合わせに機能を割り当てます。

5
Sergey Vlasov

Ctrl + Shift + vを押すと表示される[形式を選択して貼り付け]メニューをいじっています。一部のキーがオプションを切り替えることに気づきました。しかし、ドキュメントが見つからないようです。 libra office calcのホットキーのドキュメントは次のとおりです LibreOfficeの一般的なショートカットキー サイトを検索しても何も見つかりません。

だから私はただ通り抜けて彼らが何をしているのか見てみると思います。

a =「追加」ラジオボタンを選択します。

b = N/A
c =「OK」と「キャンセル」の選択を切り替えます。
d = [日付と時刻]チェックボックスを切り替えます。
e =「なし」ラジオボタンを選択します。
f =「数式」チェックボックスを切り替えます。
g = N/A
h =ヘルプメニューを開きます。
i =「シフトしない」ラジオボタンを選択します。
j = N/A
k = [空のセルをスキップする]チェックボックスを切り替えます。
l = [リンク]チェックボックスを切り替えます。
m =「フォーマット」チェックボックスを切り替えます。
n =「数値」チェックボックスを切り替えます。
o =「オブジェクト」を選択しますが、切り替えませんか?
p =「すべて貼り付け」チェックボックスを切り替えます。
q = N/A。
r =「右」ラジオボタンを選択します。
s =「減算」ラジオボタンを選択します。
t =「転置」チェックボックスを切り替えます。
u = N/A
v =「分割」ラジオボタンを選択します。
w =「下」ラジオボタンを選択します。
x = [テキスト]チェックボックスを切り替えます。
y =「乗算」ラジオボタンを選択します。
z = N/A

句読点や数字はありません。 Shift + Letterは、小文字と同じ効果があるようです。

3
tweirick