webdevqa.jp.net

ユーザーに特定のページだけの編集を許可する

特定のユーザーが1ページだけを編集できるようにしたいのですが、それはサブページです。これはどのように可能でしょうか。私は古いRole Scoperを試しましたが、たくさんの問題とバグがあるようです。

14
naf

このようなタスクを実装するために最初にすべきことは、ユーザーがどのページを編集できるかを認識できるようにすることです。

やり方はいくつかあります。それはユーザメタ、何らかの設定値かもしれません...この答えのために、私は関数がこれが存在していると仮定します:

function wpse_user_can_edit( $user_id, $page_id ) {

   $page = get_post( $page_id );

   // let's find the topmost page in the hierarchy
   while( $page && (int) $page->parent ) {
     $page = get_post( $page->parent );
   }

   if ( ! $page ) {
     return false;
   }

   // now $page is the top page in the hierarchy
   // how to know if an user can edit it, it's up to you...

}

ユーザーがページを編集できるかどうかを判断する方法ができたので、この機能を使用してページを編集するためのユーザー機能をチェックするようにWordPressに指示する必要があります。

これは 'map_meta_cap' filterで行えます。

何かのようなもの:

add_filter( 'map_meta_cap', function ( $caps, $cap, $user_id, $args ) {

    $to_filter = [ 'edit_post', 'delete_post', 'edit_page', 'delete_page' ];

    // If the capability being filtered isn't of our interest, just return current value
    if ( ! in_array( $cap, $to_filter, true ) ) {
        return $caps;
    }

    // First item in $args array should be page ID
    if ( ! $args || empty( $args[0] ) || ! wpse_user_can_edit( $user_id, $args[0] ) ) {
        // User is not allowed, let's tell that to WP
        return [ 'do_not_allow' ];
    }

    // Every user is allowed to exist.
    // Return this array, the check for capability will be true
    return [ 'exist' ];

}, 10, 4 );

この時点で、ユーザを1つ以上のページに connect する方法だけが必要です。

ユースケースによって異なる解決策があるかもしれません。

柔軟な解決策は、 "root"ページのドロップダウン( wp_dropdown_pages を参照)を編集ユーザー管理画面に追加し、選択したページをユーザーメタとして保存することです。

'edit_user_profile' を利用してページドロップダウンフィールドを追加し、 'edit_user_profile_update' を使用して選択した値をユーザーメタとして保存できます。

私はこのウェブサイトでそれを詳細にどのようにするかについての十分なガイダンスがあると確信しています。

ページがユーザーメタとして保存されている場合、上記のwpse_user_can_edit()関数は、ページIDがユーザーメタ値の一部であるかどうかを確認することで終了できます。

ページを編集する機能を削除すると、WordPressが残りを行います。バックエンドとフロントエンドから編集リンクを削除し、直接アクセスを防止します。

12
gmazzap

グローバル変数を回避するためにPHPクラスを使用したとしても、この機能を実装するには少量のコードが必要です。また、ダッシュボードでユーザーの禁止ページを非表示にしたくありませんでした。すでにサイトにあるコンテンツを追加した場合はどうなりますか?

$user_edit_limit = new NS_User_Edit_Limit(
    15,       // User ID we want to limit
    [2, 17]   // Array of parent page IDs user is allowed to edit
                 (also accepts sub-page IDs)
);

class NS_User_Edit_Limit {

    /**
     * Store the ID of the user we want to control, and the
     * posts we will let the user edit.
     */
    private $user_id = 0;
    private $allowed = array();

    public function __construct( $user_id, $allowed ) {

        // Save the ID of the user we want to limit.
        $this->user_id = $user_id;

        // Expand the list of allowed pages to include sub pages
        $all_pages = new WP_Query( array(
            'post_type' => 'page',
            'posts_per_page' => -1,
        ) );            
        foreach ( $allowed as $page ) {
            $this->allowed[] = $page;
            $sub_pages = get_page_children( $page, $all_pages );
            foreach ( $sub_pages as $sub_page ) {
                $this->allowed[] = $sub_page->ID;
            }
        }

        // For the prohibited user...
        // Remove the edit link from the front-end as needed
        add_filter( 'get_edit_post_link', array( $this, 'remove_edit_link' ), 10, 3 );
        add_action( 'admin_bar_menu', array( $this, 'remove_wp_admin_edit_link' ), 10, 1 );
        // Remove the edit link from wp-admin as needed
        add_action( 'page_row_actions', array( $this, 'remove_page_list_edit_link' ), 10, 2 );
    }

    /**
     * Helper functions that check if the current user is the one
     * we want to limit, and check if a specific post is in our
     * list of posts that we allow the user to edit.
     */
    private function is_user_limited() {
        $current_user = wp_get_current_user();
        return ( $current_user->ID == $this->user_id );
    }
    private function is_page_allowed( $post_id ) {
        return in_array( $post_id, $this->allowed );
    }

    /**
     * Removes the edit link from the front-end as needed.
     */
    public function remove_edit_link( $link, $post_id, $test ) {
        /**
         * If...
         * - The limited user is logged in
         * - The page the edit link is being created for is not in the allowed list
         * ...return an empty $link. This also causes edit_post_link() to show nothing.
         *
         * Otherwise, return link as normal.
         */
        if ( $this->is_user_limited() && !$this->is_page_allowed( $post_id ) ) {
            return '';
        }
        return $link;
    }

    /**
     * Removes the edit link from WP Admin Bar
     */
    public function remove_wp_admin_edit_link( $wp_admin_bar ) {
        /**
         *  If:
         *  - We're on a single page
         *  - The limited user is logged in
         *  - The page is not in the allowed list
         *  ...Remove the edit link from the WP Admin Bar
         */
        if ( 
            is_page() &&
            $this->is_user_limited() &&
            !$this->is_page_allowed( get_post()->ID )
        ) {
            $wp_admin_bar->remove_node( 'edit' );
        }
    }

    /**
     * Removes the edit link from WP Admin's edit.php
     */
    public function remove_page_list_edit_link( $actions, $post ) {
        /**
         * If:
         * -The limited user is logged in
         * -The page is not in the allowed list
         * ...Remove the "Edit", "Quick Edit", and "Trash" quick links.
         */
        if ( 
            $this->is_user_limited() &&
            !$this->is_page_allowed( $post->ID )
        ) {
            unset( $actions['edit'] );
            unset( $actions['inline hide-if-no-js']);
            unset( $actions['trash'] );
        }
        return $actions;
    }
}

上記のコードが行うことは、必要に応じて次のものが機能したり表示されたりするのを防ぐことです。

  1. get_edit_post_link
  2. ページに表示されるWP管理バーのEdit Pageリンク
  3. Quick EditのPagesの下に表示されるEdit/wp-admin/edit.php?post_type=page、およびTrashのクイックリンク

これは私のローカルのWordPress 4.7インストールで動作しました。サイト上のページは頻繁には変更されないと仮定すると、ページとそのサブページのIDをハードコードし、WP_Queryメソッド内の__constructを削除することをお勧めします。これはデータベース呼び出しを大幅に節約します。

7
ricotheque

プラグインを避けたい場合は、functions.phpファイルまたはカスタムプラグインに含まれる以下のコードのバリエーションが考えられます。

このコードには2つの別々の部分があります、あなたはそれらのうちの1つを使用する必要があるだけですが、どれが要件の複雑さに依存します。

パート1では、単一のユーザーを指定し、それらを特定の投稿に制限します。

パート2では、ユーザーと投稿IDのマップを作成したり、複数の投稿を許可したりできます。

以下のコードはページ専用ですが、それを投稿またはカスタム投稿タイプに変更したい場合は、$screen->id == 'page'の文字列を別のものに変更する必要があります。

Wp-admin ここ 周辺のスクリーンIDへの参照を見つけることができます。

function my_pre_get_posts( $query ){

    $screen = get_current_screen();
    $current_user = wp_get_current_user();

    /**
     * Specify a single user and restrict to a single page
     */
    $restricted_user_id = 10; //User ID of the restricted user
    $allowed_post_id = 1234; //Post ID of the allowed post

    $current_post_id = isset( $_GET['post'] ) ? (int)$_GET['post'] : false ;

    //Only affecting a specific user
    if( $current_user->ID !== $restricted_user_id ){
        return;
    }

    //Only Affecting EDIT page.
    if( ! $current_post_id ){
        return;
    }

    if( $screen->id == 'page' && $current_post_id !== $allowed_post_id ){
        wp_redirect( admin_url( ) );
        exit;
    }

    /**
     * Specify a map of user_id => $allowed_posts
     */
    $restrictions_map = [
        10 => [ 123 ], //Allow user ID to edit Page ID 123
        11 => [ 152, 186 ] //Allow user ID to edit Page ID 123 and 186
    ];

    if( array_key_exists( $current_user->ID, $restrictions_map ) ){

        $allowed_posts = $restrictions_map[$current_user->ID];

        if( $screen->id == 'page' && ! in_array( $current_user->ID, $allowed_posts ) ){
            wp_redirect( admin_url( ) );
            exit;
        }

    }

}
add_action( 'pre_get_posts', 'my_pre_get_posts' );
5
Ben Casey